和魂凡才
FC2ブログ
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKのオーディオドラマで佐々木譲さん原作の「武揚伝」が放送されます!


青春アドベンチャー「武揚伝」(全15回)
 【NHK FM】
  2018年10月8日(月)~10月12日(金) 午後9時15分~午後9時30分(1-5回)
  2018年10月15日(月)~10月19日(金) 午後9時15分~午後9時30分(6-10回)
  2018年10月22日(月)~10月26日(金) 午後9時15分~午後9時30分(11-15回)

 【出演者】
  成河 北村有起哉 亀田佳明 谷田歩
  丸山厚人 豊田茂 西尾友樹 酒向芳
  今泉舞 大山真志 林田航平 大滝寛
  清水明彦 中村彰男 久留飛雄己
  石橋徹郎 赤塚篤紀 尾﨑宇内
  松本惣己 木下祐子(語り)

NHKのサイトはこちら

楽しみですね!
やっぱり釜さんブーム来てます?
榎本さん役の成河さんは名前はよく拝見するんですが、実際に観たのはグランドホテルくらいかな~?
あと、映画「美女と野獣」の吹き替えでルミエールの声をされてたんですね。
でも、あの文庫本4冊…決定版は3冊の長編小説を1回15分×15回でできるのかなぁ?

ところで、NHKのオーディオドラマって今回初めて知ったのですが、他の作品も面白そうです。キャストもいい。
「暁のハルモニア」なんて、ミュージカルでやって欲しい面々だし、「旅猫リポート」なんて有川浩さん原作でキャラメルボックスの俳優さんだらけです。

それにしても、オーディオドラマっていうと、思い出すのはやはりこれですよね。











スポンサーサイト

【2018/08/10 01:52】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
劇団四季の創設者で演出家の浅利慶太さんがお亡くなりになりました。
劇団創立以来、ほとんどの作品の演出を手がけられていました。

私が初めて四季を知ったのはキャッツ大阪初演の時。
通学途中、JR(この時まだ国鉄?)跡地にテントのような建物が出来て、その時は「あそこでミュージカルやってるんだってー」ぐらいの感じだったんですが。
そのあと3年後に「オペラ座の怪人」で四季のミュージカルにのめり込んで行くんですけど。
当時は専用劇場を持っていなかったので、2~3か月ごとに次々新しい演目を上演してくれるのがとても楽しみで、毎作品通ったものです。

海外の作品を上演するにはロイヤリティが高く、ロングランしなければ採算が取れないというのは分かるのですが、各地に専用劇場作ってロングランしだしてから、ちょっと変わってきた気がします。
劇場を増やして常に稼働させるには俳優やスタッフを大勢抱えなければならないわけで、好きだった俳優さんが次々と退団されて、知らない名前の俳優さんばかりになって、結果四季のミュージカルから足が遠のきました。
そして自然と足は元四季の俳優さんが出演している東宝ミュージカルへと向くようになりました。

ともあれ、日本にミュージカルという文化を根付かせた功績はとても大きいと思います。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


【2018/07/22 16:31】 | 洋魂凡才
トラックバック(0) |
本当に毎日暑い日が続きますね。
地震、豪雨の後は猛暑。
全国的にどこもかしこも厳しい夏です。
特に被災者の方々はいかばかりかと…。

先日、うちのダンナも軽い熱中症になりました。
地震の影響で通っていた近所のスポーツジムがいまだ閉鎖中。系列のジムが使えるというので炎天下に自転車で片道5キロを往復して、ジムで運動して、帰宅して少ししたらめまいがして吐いたそうです。
私が帰宅したら、水分もあまり摂らず、「寒い」と言ってエアコンもつけずに寝ているので、慌てて経口補水液を買いに行きました。
こういうの、ちゃんと常備してないとダメですね。
幸い、経口補水液飲んで休んだら翌朝には回復したようですが。

さて、7月は怒涛の4週連続チケット争奪戦月間。
今日はその3週目、「ナイツ・テイル」

ハガキ抽選枠が当選していれば、午前中にチケットが届くはず。
今までEndless SHOCKのハガキ抽選がけっこうな割合で当たっていたので、今回も大丈夫かと思っていたのですが、
私も友人も共に落選~。
私がチラシをあげて応募方法を教えた会社の同僚は当選したというのに…。

落選した時に備えて、10時からプレイガイドにも電話しましたが、全然繋がらない!
2時間経ってもう無理!と諦めかけたのですが、リアルタイム検索してると、まだ残ってるとの情報があったので、かけ続けてようやく13時に平日のA席ですが取れました。ホッp(*^-^*)q

下半期の観劇予定です。
 7月 「銀河鉄道999」

 9月 「恋に落ちたシェイクスピア」
     「シティ・オブ・エンジェルズ」

 10月 「ナイツ・テイル」
     「Out of Order」加藤健一事務所
     「ジャージー・ボーイズ」

 12月 「TOP HAT」

来週も2つチケットを取らねばなりませんっ。出先から頑張る!


【2018/07/21 23:35】 | 洋魂凡才
トラックバック(0) |
書こう書こうと思っているうちに、日がたってしまい、ギリギリに駆け込みです。

榎本さんに関する講演会があるようです.。

江戸連の7月講
 「子孫が語る榎本武揚」
 
   日 時:7月21日(土) 午後3時15分~5時
   場 所:セシオン杉並(03-3317-6611)
        東京都杉並区梅里1-22-32
        地下鉄丸ノ内線東高円寺駅下車。青梅街道を荻窪方向へ徒歩10分

   講 師:榎本隆一郎氏
        榎本武揚の玄孫。榎本家に伝わる武揚に関する諸々のエピソードを
        語っていただきます。
   会 費:会員1,000円、非会員1,500円
   懇親会:華屋与兵衛 高円寺店(和食) 一人4,000円(飲み放題付き)

申し込み方法とかはよくわからないので、HPからお問い合わせ下さいね。
ギリギリなので、もう終わってるかも…(無責任で申し訳ないです・汗)

  

【2018/07/20 01:57】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
ダンナが「お前が好きそうな番組やってる」と教えてくれました。

NHKの「今夜も生でさだまさし~北の国から2018夏・函館~五稜郭タワーから生放送!」

すでに始まっていたので途中から見たのですが、おぉ!まさに五稜郭タワーのアトリウム!
そうそう、この少し横に土方さん像があるのよ~なんて見てたら、さださんが「夢の吹く頃」を歌ってくれました。
「夢の吹く頃」は30年前の年末時代劇「五稜郭」のテーマソングです。

「土方歳三役が渡哲也さんで、かっこよくてね」と語るさださん。
さださんは実は「土方歳三に思いを寄せて」この曲を作ったそうなのですが、制作側の人から「主役じゃないから」とばっさりと言われたとか。
そうです~、「五稜郭」は榎本さんが主役の唯一のドラマなのですよー‼

五稜郭つながりで…

      「星のとりで」 2巻

       


明日発売です。


【2018/06/24 22:16】 | 映像・舞台
トラックバック(0) |
ずっと放置していたのに、ここのところ連続で更新しているのは、1週間後の法事のために家を片付けねばならないというのに、いっこうにやる気が起きないという現実逃避から(;^_^A

今年もはや半分が終わろうとしております。
下半期も観たいお芝居がいっぱいです。
そして今日からほぼ毎週のように怒涛のチケット争奪戦です。

今日は2つの発売がありました。 
「シティ・オブ・エンジェルズ」と劇団四季の「リトルマーメイド」の会員先行予約です。

まず、上演日数も少なく、キャストが豪華で入手困難と思われた「シティ・・・」を先に取る事に。
意外に早く電話が繋がり、あっさり取れました。発券に行ったら2階席でしたけど(;^_^A

さて、「リトルマーメイド」
今まで会員先行予約の際はそんなに苦労した覚えがなかったんです。
30分以内には繋がって、席も良かったし。

それが最近四季の会の中でも「土・日公演の前列席は抽選」なんてのをやりだして、前回の「恋におちたシェイクスピア」の時は知らずに(いや、案内は確かに会報に書いてあったんだけどもさ)、「げっ、すぐ繋がったのにこんな席!?」状態だったので、今回は土日抽選申し込んだのですが、はずれまして(泣)、10時10分くらいから電話したのですが、繋がらない。
ようやくネットが繋がった時には、第3希望まで決めていたのに、全て1階席はほぼ売り切れ。しかも押さえようとした瞬間に別の人が確定して…って感じでいっこうに押さえられず、別の日に替えて友人に確認をとろうとしたけど、こちらもなかなか連絡が取れず結局タイムアウト。

「四季の事だからどうせ1年くらいロングランするよ」って事で、今回は取るの辞めました。東京で1回観てるし。
やっぱり(大阪)初演のチケットは再演のように甘くないって事ですね。

そして「ナイツ・テイル」のハガキ抽選。
どうか当たりますように(-人-)


【2018/06/23 23:15】 | 洋魂凡才
トラックバック(0) |
今年も6月20~22日、小樽の龍宮神社で例大祭が行われたそうですね。

龍宮神社は榎本さん建立の神社です。
社殿には榎本さん筆の「北海鎮護」の額が掲げられ、境内には没後100年記念事業で建立された(実際のお披露目は翌年の例大祭)榎本さんの銅像があり、北の海を見守っています。
昨年には榎本さんが作った流星刀が御子孫から奉納されましたね。

私はちょうど10年前、例大祭に合わせて「榎本武揚没後100年祭」が行われたので、その際に行きました。

今年は武揚さんの御子孫も参列されたそうです。
そして幕末観光のガイド、ヒジカタ君も。

ヒジカタ君の公式Twitterに例大祭の様子がUPされています→ヒジカタ君【公式】

龍宮神社のサイトはこちら
一般公開されていない流星刀の写真を見ることもできます。

10年前の「榎本武揚没後100年祭」の様子は、カテゴリー「榎本武揚没後100年関係」に飛び飛びに書いてますので、よろしければご覧ください。
小樽の街並みも好きです。
ぜひもう一度行ってみたいですね。

【2018/06/23 04:26】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
6月18日に大阪北部で地震が発生して5日目になりますが、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

地震発生時、私はバイクで通勤途中でした。
幸いにも信号待ちしていた時だったのですが、急に止まっているはずのバイクが傾いて突然すごい揺れ。
電線がうわーんうわーんとしなりだして、「これはでかい!」と思いました。
信号が変わったので走り出しましたが、次の信号はすでにもう点いていませんでした。

職場まであと少しだったのでそのまま出勤。
病院なので、地震の被害が大きければ忙しくなるだろうと思われました。
地震でスプリンクラーが作動したのか、入り口付近で天井から水が降ってました。
地震発生から10分足らずで、すでに「災害対策本部を立ち上げる」と話しているのが聞こえました。

職場に行くとみんな携帯で家族の安否確認をしていたので、私も家に電話をしました。
何回かかけてやっとつながりました。
ダンナは無事でしたが、いつも座っている椅子の上に、タンスの上に置いていた木の台(けっこう重い)が落ちていたそうです。
たまたま寝坊して、いつもより遅い朝食をダイニングで食べていて助かったとの事。
皿が何枚か割れて、部屋に飾っていた観葉植物がいくつか落ちて床が土まみれになっているとの事でした。
「早く帰って来れないか」と言われましたが、学校が警報が出て子供が帰宅するから、保育所に子供を預けている人もお迎えに行かないといけない、家族の安否確認が出来ないからと数人帰宅したので、無事が確認できた以上、帰るわけにも行かない。

エレベーターは止まっていましたが、停電にはなっていなかったしPCも使える。
通常業務は中断して、とりあえず災害対策本部の指示待ち。
一般外来は休診して救急に備えるって事でしたが、思ったより被害が少なくて、1時間後くらいには通常業務に戻りました。

バタバタしていたせいもあったのかも知れませんが、昼間は余震もほとんど感じず、あっという間の1日でした。
私はバイク通勤なので大丈夫でしたが、電車やモノレールで通勤している人は動いていないので、迎えに来てもらったり、歩いて帰宅したりと大変だったようです。

スーパーはほとんど閉まっていて、かろうじて開いていたコンビニとドラッグストアに行きましたが、パンや水はほとんど残っていませんでした。
帰宅すると…飾ってあったウェッジウッドのお皿が無い‼と思ったのですが、地震の際は無事で、その後倒れないようにダンナが平置きにしてくれたとの事。ホッ。
でもいくつかのお皿の残骸が…搔き集められていました。
そこまでやってくれたら袋に入れてくれればいいのに…。
鉢植えの土も搔き集めてくれてました。
袋に入れといてくれればいいのに…。
いや、集めといてくれただけでもありがたい。
それより、ダンナが無事だった事だけでもありがたい、です。

私の部屋はけっこうひどくて、本棚は倒れていなくて本も飛び出していなかったのですが、本の前に飾っていたこまごまとした置物がことごとく下に落ちて、人形が割れていました。
開陽丸のフィギュアも落ちてケースから飛び出していましたが、無事でした!

余震はほぼ感じませんし、平常の生活にもどりつつありますが、被害の大きかったところはまだガスなどのライフラインが復旧していないところもあります。
現在もモノレールは全線復旧していませんし、スーパーやお店もまだ閉まっているところがありますし、品薄状態です。
落ち着くまではもうしばらく時間がかかりそうです。

油断は禁物です。

【2018/06/22 01:37】 | 大阪
トラックバック(0) |
更新が滞っている間に、何やら某ミュージカルで榎本さんがすこぶる評判がよいようで、人気のようです。
歌い踊る榎本さん、観てみたかったなぁ。


3月に母が亡くなりました。
昨年夏頃から何度か肺炎を起こし、昨年末には入院し、今年になってからは食事もあまり摂れなくなって。
2月初めには「覚悟をしておいて下さい」と言われていました。

3月の2週目に上京する予定があり、翌週には友人の結婚式があり、どうしようかと悩んでいたのですが、一時持ち直したので、安心して旅行し、結婚式にも出席しました。
そして、それを見届けたかのように1週間後に亡くなりました。
「お母ちゃん、今年は花見に行けないかなぁ」って言ってたのですが、今年は例年より桜が咲くのが早く、満開の桜の中、母は逝きました。

働き者で、家事が得意で、趣味が多くて、好奇心が旺盛で、自慢の母でした。
私が興味を持つものに興味を持ってくれて、ミュージカルもよく見に行きましたし、日野や京都の史跡にも一緒に行ってくれました。10年前に病気になってからも一緒に旅行しました。
母はいつも私の味方でした。

一緒に暮らしていたわけではないので、日々の暮らしには特に変わりはないのです。
でもやはり週末に母が居たのと同じ施設にいる父を訪ねる時、「あぁ、母はもういないのだな」と思うし、時期的に「母の日」の文字を見ると、「今年は何も贈れないのだな」と思ってしまいます。

こんな風に書いていると、また涙が出てきたりするのですが…
一昨日、四十九日の法要が終わりました。
私も前に進まなければ、と思います。





【2018/05/06 17:51】 | つぶやき
トラックバック(0) |
「誠の群像」チケット玉砕しましたー><
発売始まって3分で劇場もぴあもローチケも終わってました。
ま、ね。3日間しか公演ないから無理かなーとは思ってましたが。


幕末本です。
って、今年は明治維新150年だとか、大河ドラマの影響で幕末・維新本は山ほど出版されそうなのですが、私興味的幕末本です。

英龍伝  単行本-2018/1/12 
1944円 佐々木 譲(著)

   

『武揚伝』を書かれた佐々木譲さんによる江川太郎左衛門英龍さんの小説。
中島三郎助さんを描いた『くろふね』と合わせて幕末三部作です。
まだ単行本化されてなかったのですね。

この3人に関しては佐々木譲さんはこんな本も出されてます。

   




維新と戦った男 大鳥圭介  文庫 – 2018/1/27
810円 伊東 潤 (著)

   

大鳥さん本です。
2015年に出版された『死んでたまるか』の文庫化ですね。
この本も前から気になっていたのですが、『ラ・ミッション』同様文庫になるのを待ってました。


先日部屋の片づけをしてまして…
まぁ、買ったまま読んでいない積読本の多い事。
熱しやすく冷めやすい性質なので、興味を持つとのめり込んで本なんかも次から次に買い込んでしまいます。
最初に新選組に興味を持ったので、関連本をたくさん買い、小説などはけっこうたくさん読んだのですが、途中で興味が榎本さん、箱館組に移ってしまったので、新選組関係の本が積読状態に…。
しかもこの5年のブランクの間、ほとんど本を読んでいないという…。

で、こうやって新刊の事を書いてますが、私が読むのは当分先になると思います。
先だって書いた榎本さん本でさえ、まだ買ってないし。

そうそう、門井慶喜さんが『銀河鉄道の父』で直木賞を受賞されましたね。
拙ブログ的には門井さんといえば『かまさん』ですが、実は私、単行本が出版されたときは「久々の榎本さん小説だー!」とすぐに買ったのですが、読み始めて数ページでなんとなく違和感を感じて放置しておりました。
その間に文庫化されてしまい(汗)、ようやく最近読み始めたところです。また読み終えたら感想を書きたいと思います。

そして『風光る』も新刊が出るようです。
20年も連載されていて、もう41巻目です。
この漫画は新選組にハマる前から読んでいて、最初は新刊が出るのを楽しみにしていたのですが、途中から展開が遅いのと主人公がウザくて(この作品が好きな人、ごめんなさいねー。石投げないでねー。)、ついつい遠のいてしまってました。
前々巻から榎本さんが登場したので、また読み始めました。(でも途中読んでません)
作者絶対榎本さん好きよね。

今まで休憩時間や電車の中で本を読んでいたのが、スマホを持ちだしてからというもの、ついついそちらを触ってしまいます。
先日の健康診断で、視力でD判定になりました。
本当に、目が大丈夫なうちに本をたくさん読みたいと思います。







【2018/01/22 02:27】 | その他幕末本
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。