和魂凡才 その他幕末
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
すべてを放置して、最近小ネタばかり書いております。
姫路の紅葉の写真もすっかり時季を逃してしまいました…。ま、いいか。

今日テレビをつけながら家事をしていたら、ふいにある名前が耳に入ってきて反応してしまいました。

「何!?大鳥圭介?」

サンテレビで上郡町の紹介をしていたのでした。
関西地区の方はご存知でしょうが、サンテレビは兵庫県の放送局で、タイガースの試合はほぼ全試合、試合終了まで放送してくれるという殊勝な放送局であります。いや、もはやタイガースの試合を放映するために存在すると言っても過言ではないかも(言い過ぎ^^;)

その「週刊ひょうご夢情報」という番組内で上郡、智頭急行の偉人を訪ねるということで赤松円心と共に大鳥圭介が紹介され、大鳥圭介像や大鳥圭介塾での様子が映っていました。
そこでの情報です。

平成22年2月21日(日)に「大鳥圭介生誕の地への道を歩く」ハイキングがあるそうです。
詳細はこちら → 

番組の再放送は12月21日(月) 18:30~19:00です。



【2009/12/20 23:45】 | その他幕末
トラックバック(0) |
夕刊を読みながら、相方が「お前の好きそうな記事が載ってるで」と教えてくれました。
今日の朝日新聞の夕刊の1面、「ニッポン人・脈・記」というシリーズものです。
「お殿様はいま①」というタイトルで、旧会津藩主・松平容保さんのご子孫の13代ご当主・松平保定(もりさだ)さんと、そのご子息・保久(もりひさ)さんの事が書かれていました。

まだ記憶に新しいかと思いますが、昨年のTBSの歴史クイズ番組で、「会津若松城が開城した理由」を「糞尿が城内に溜まって不衛生だったため」と番組を面白おかしくするために、事実をねじ曲げた事件がありました。
その後TBSには抗議が殺到し、会津若松市長からも抗議文が送りつけられ、TBSはテレビで謝罪放送を流しました。
当時、容保さんのひ孫にあたる保久さんは成り行きを見守っておられたそうなのですが、謝罪放送の翌日、市長あてにこんなメールを送ったそうです。

松平家の一員としても非常に不快に思っておりました。市長はじめ市民の皆様も同じ思いを持ち、実際に行動を起こして頂いた事に深く感動し、うれしく思っております…」


市長はこのメールを市役所のホームページで公開したそうです。
抗議の先頭に立った会津若松商工会議所会頭・宮森氏の談です。

「振り上げた拳を、あのメールでようやく下ろすことができた。我々の先祖は、松平家とずっと一緒に生きて来た。今でも精神的なシンボル」



また、13代ご当主・保定さんは定年退職後、人柄を見込まれて「靖国神社の宮司に」と強く要請された事があったそうです。
靖国神社は戊辰戦争での新政府軍側の戦没者を慰霊したのが始まり。
「薩長がまつられ、賊軍とされた会津の戦死者がまつられていないのに、会津人としてお受けするわけにはまいりません」と断ったそうです。

幕末から140年経つ現在でも、会津若松では市民にとっては松平家は心の拠り所、また「殿」も市民を思う気持ちが脈々と受け継がれているのですね。
幕末~維新の混乱の時代を朝敵という汚名を着せられ、辛苦を共にした藩主とその家臣ならではの結びつきが今も心の底に在るのかも知れません。
そして、この13代ご当主・保定さん、お名前も容保さんと定敬さん、足して2で割ったようなお名前ですし、なんとなくお年を召されてからの「殿」にお顔の雰囲気が似ているのですよ~。

このシリーズ、何回かの連載のようです。あすの夕刊も楽しみにしておきます。

【2009/09/16 00:54】 | その他幕末
トラックバック(1) |
各地で榎本さんの没後100年のイベントが予定されていますが、大鳥さんの出身地・兵庫県の赤穂郡上郡町では2011年6月の大鳥圭介没後100年に向けて、大鳥さんの功績や魅力広く町内外に周知するため、講演やパネルディスカッションなどのフォーラムを開催するそうです。

 『大鳥圭介公を語るフォーラム』
  
●日時 平成20年3月30日(日)13:00~16:00

●場所 上郡町立上郡中学校体育館

●スケジュール
   13:00 開演(開場12:30)
   13:10~講演「<敗軍の将>大鳥圭介は、不死鳥のようによみがえった」
          講師 高崎哲郎氏(作家、土木史研究家)
   14:35~パネルディスカッション テーマ「大鳥圭介公の魅力と功績」 
   16:00~現地視察 大鳥圭介公の生誕地を訪ねて(希望者のみ)          
 
詳しくは上郡町役場までお問い合わせください。

大鳥さんの出身地でも大鳥さんの没後100年に向けてイベントなどが企画されるんだから、榎本さんの出身地・お江戸東京でもきっとなにかイベントがあるはず…だよね!?




【2008/03/10 23:00】 | その他幕末
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


No title
香音里
>鍵付きコメント様

拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
お名前はよく存じ上げておりますし、時たまブログも拝見しておりました。

ご指摘ありがとうございました。
投稿がうまくいかずに文章をいじっているうちに、文字がひとつ抜け落ちておりました(汗)

私の文章力が拙いせいですが、「でも」というのは鍵付きコメント様と同じで、出身地だからこそ東京でイベントを行って欲しいという思いを込めているんです。小樽や函館で記念行事が発表されているのに、出身地の東京は何をやってるんだ、と。(まぁ、東京で記念行事があったからといって、行けるかどうかはわからないんですが)

数年前に比べて、大鳥さんの知名度はかなり上がって来たと思います。某ドラマや小説などの影響もあろうかと思いますが、ファンの方や研究される方増えましたよね。でも大鳥さんにしろ、榎本さんにしろ、素晴らしい数々の功績を残しているにも拘らず、戊辰戦争の活躍しか知らない人はまだまだ多いと思います。
人物ゆかりの地の地元の方やファンの方が、行政と手を組んでその人物の功績を世に知らしめるというのは、とても素晴らしいことだと思います。フォーラムがご盛況であられますよう、心よりお祈り申し上げます。








お久しぶりです☆
瑞貴
大鳥さんの没後100年に向けて、着々と普及計画が進んでいるんですね~。
釜さんの次は大鳥さん、と楽しみな事が続いて嬉しいです♪
釜さんのイベントin江戸も、きっとありますよっ☆


あと高崎哲郎さんといえば、4月2日に「評伝 大鳥圭介」という大鳥さんの伝記本を出されるらしいですよ。(鹿島出版会より)

ご無沙汰してます
香音里
瑞貴さん、こんばんは。お久しぶりです。

蝦夷チーム好きとしましては、新選組や土方さんだけでなく、いろいろな人にスポットが当たって、周知されていくのは嬉しいですね!
そういえば、今年は近藤さんと総司の没後140年、土方さんの140回忌でもあるんですよね。

大鳥さんの評伝、とても楽しみですが、「大鳥圭介伝」も完読できていない私、読めるのは当分先になりそうです(汗)


No title
入潮
誠に申し訳ございません。面識ある知人と人違いをしてコメントをしてしまいました…。
ブログの雰囲気が似ていまして、早とちりをしてしまいました。蒼白になりました。しかも管理人のみ通知にして余計に雰囲気を壊してしまい、本当に失礼を致しました。こうしたことを申し出るのも却って余計に無礼かとも思ったのですが。初めての方に対してそっけない失礼な書き方になってしまい、お心を害されたと思い、恥を忍んで申し出る次第です。本当に申し訳ございませんでした。前コメントはどうかご放念下さいますと幸いです。

改めまして、はじめまして。真摯なコメント返しをいただきまして、忝く思います。
小説やドラマは必ずしも好ましいといえるものばかりではなく、地元の方も残念に思っている話はお伺いします。ですので、公に見直しできる機会を地元で催そうとする関係者の方々の努力と行動は、素晴らしいものと思います。

榎本さんの没後100周年記念を地元で、という気持ちは同感です。個人でも100周年を祝う気持ちがあればできることはあると思います。たとえばですが、縁のある向島百花園などでご友人がたでお茶会を催すなど、楽しいのではないかと思います。また、そうした個人の気持ちが行政に伝わることもあるかもしれません。

No title
香音里
入潮様
こんばんは、ご丁寧にありがとうございます。
私の方こそ、せっかくお越しいただいたのに何とも愛想のないコメントで恥ずかしいばかりです。

実は入潮さんのブログとサイトは以前から時々拝見していて、膨大な量の史料を研究されていて知識の深い方だと知っていましたので、浅学な私はコメントをいただいただけでかなり緊張してしまったのでした。

その後の情報で、東京でも帆船あこがれの東京出港式に関連するイベントと、規模は解りませんが他にも榎本さん関係の催しがあるらしいことが解りました。都合がつけばそれに合わせて上京し、縁の
地を巡る事ができれば、と思います。

何分不勉強ですので、今後もいろいろとご教授いただければ幸いです。





コメントを閉じる▲
更新が滞っていた間の幕末小ネタなどなど。

あちこちのブログさんでも話題になっていますが、「新選組!!土方歳三最期の一日」が12月13・20日の2日にわたって再放送されます。
新選組ファンの方で、このドラマを見て榎本さんに興味を持って下さった方もたくさんいると思うのですが…。かくいう私も、このドラマが放送される直前までは「本命は土方さんよ♥榎本さんはほんの浮気♪」などと思っていたのですが、ドラマを見て感情移入していたのは気が付くと榎本さんでしたー。そしてついにはブログを立ち上げることに…。

週刊「日本の100人」は現在96号まで発売されていますが、100号(100人)までいった後は「番外編」として20人分が発売されるようです。その中で幕末関係は小栗忠順、松平容保、緒方洪庵の名前が入っていました。あぁ…「その歴」の洪庵先生の回、朝から知っていたのに、気がついた時には半分くらい終わってました…。

先日、京都劇場での芝居のついでに、伊勢丹の中の美術館「えき」KYOTOで安彦良和原画展」を見て来ました。安彦さんといえばガンダムのキャラクターデザインが有名で、現在は「機動戦士ガンダム ORIGIN」などの漫画を描く漫画家さんでもいらっしゃいますが、「王道の狗」という明治の北海道開拓使時代の漫画を描いてらっしゃいます。勝海舟や福沢諭吉、陸奥宗光、田中正造などの実在した人物が出てくるそうです。売店でパラパラめくったところでは大鳥さんの名前が出てきてました。田中正造…ってことは足尾銅山鉱毒事件ですよね。榎本さんは登場するのか?気になります。

本屋で歴史読本をパラパラと見ていたら、「横浜都市発展記念館 平成19年度企画展示
  写された文明開化―横浜・東京・街・人々― 」の記事が載っていて、黒田清隆の写真が掲載されていました。黒田の写真といえば、ほとんどが勲章をつけたひげの写真、または榎本さん助命のために頭を剃った写真くらいしか見た事がなかったのですが、この写真、あまりのインパクトにネットで探したところ、この「写された文明開化」展の記事と写真が載っていました。それがこちらです→

まやこさんのブログで教えていただいた「榎本さんの切手」ですが、「日仏友好協会」のサイトに記念切手の写真が載っていました。こちらです→
発売は2008年3月。

う…、気がつけば、ほとんど本は「立ち読み」で終わらせてるじゃないですか(苦笑)そんな私が久々に買った新刊はなぜか黒田本。「青雲の果てー武人黒田清隆の戦い」です。まだ、つまみ読みしかしていませんが、かなり井黒先生の影響を受けていそうです…。




【2007/11/30 02:06】 | その他幕末
トラックバック(0) |


まやこ
香音里さん、こんばんは。

日仏友好協会の榎本さん切手の画像がアップされたんですね。
早速、拙ブログでも紹介させていただきました!

ところでザンギリ頭の黒田さん、インパクトありすぎです。
こんなに爆発してしまう髪質では、髷を結っていた時は、さぞかし苦労したでしょうね…
他の写真で見られる黒田さんの髪がかなり短いのに納得です。


はな。
香音里さん、おはようございます☆

横浜都市発展記念館の展示を教えてくださってありがとうございます!
ぜひ拙ブログでも紹介させてくださいませ。

それにしても、黒田さんの爆裂頭はすごいですねっっ。翌年の明治5年ごろ、榎本さんたちの助命嘆願で頭を剃って…むしろすっきりしたのでは?なんて思ってしまいました(笑)。




香音里
まやこさん、こんにちは。
榎本さんの切手の写真は、海軍中将の軍服?「日本の100人」のお坊ちゃまとのツーショット写真と同じ頃に写されたのではないでしょうか。(ひげとか髪型の具合が…)

黒田サン、明治4年といえば、渡米したり開拓長官になったりで、公的にかなり忙しかった時期だと思うのですが、まさかこんな頭で公務をこなしていたのでしょうか。毎日セットするの大変だったでしょうね(笑)


香音里
はな。さん、こんにちは。
ブログで記事を紹介していただき、ありがとうございました♪

私も黒田の写真を見た瞬間、「これって、もう少しのばせば地毛で黒熊OK?」とか思ってしまいました(笑)丸坊主にした時はさぞすっきりしたでしょうね~。

コメントを閉じる▲
復帰しました。
お休み中にもかかわらず、拙ブログにお越しいただいた方々、ありがとうございました。今後もぬる~く更新して行きますので、よろしくお願いいたしますm(__)m

さて、今日11月15日は何の日でしょう?

旧暦の11月15日は、坂本龍馬の誕生日(天保6年)でもあり、命日(慶応3年)でもあります。

各地で色々な催しが行われている事と思います。
Yahoo!のサイトでも「没後140年、幕末の英雄坂本龍馬を追う!」という特集をやっていて、龍馬と関わった人たちや、龍馬に関する土地の紹介、
龍馬クイズなどが掲載されています。私は龍馬にはあまり興味がないので、クイズは15問中11問正解でした。
先日「幕末検定」という本を買いましたが、何やら世間は検定ばやりですね。「龍馬100問」という本も発売されましたし、Yahoo!インターネット検定の「みんなの検定」には「通」の方が作られたいろいろな検定が…。やはり新選組関係は多いですね。

また、龍馬の出てくる動画ということで、期間限定で「幕末機関説いろはにほへと」の第1話~第5話まで無料で視聴できます。(でも私が見たいのは16話以降なの~)第6話以降も有料で視聴できるようですし、DVDセットの特別価格販売などもやっているようです。Gyaoで放映中に見逃された方はこの機会にどうぞ!













【2007/11/15 02:48】 | その他幕末
トラックバック(0) |