和魂凡才 2006年09月
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
アクセス解析からたどり着きました。
「北海道においでよ」というブログさんからの情報です。

小樽に「あやかり武揚(ぶよう)さん」という像があるそうです。
イヤン、可愛いvv

函館では箱館戦争時、税を徴収したりしたため、「ブヨ」と呼ばれて嫌われていた榎本さんですが、明治の北海道開拓使時代、小樽市の発展に貢献したとして、小樽市民からは慕われているようです。

小樽にもし行く事があったら、ぜひとも頭をなでて、榎本さんのような頭の持ち主になってみたいものです。

【2006/09/11 00:01】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
榎本武揚と東京農大
posted with amazlet on 06.09.01
松田 藤四郎
東京農大出版会 (2001/07/15)
売り上げランキング: 1,172,049

東京農業大学の理事長である著者が、その創始者である榎本武揚と東京農大の関わりとについて書いた本。

榎本さんは明治24年、旧幕臣の子弟の教育のために私立育英黌(のち私立東京農学校)を設立。これが現在の東京農業大学の前身で、ちなみに初代校長は伊庭八郎の実弟伊庭想太郎氏。

現在東京農大は網走市にオホーツクキャンパスを設立し、農業の発展のために寄与しているという事です。榎本武揚の目指した「実学主義」を受け継ぎ、卒業生は北海道に定着する人が多いそうです。「ろまんち」榎本武揚が夢見た北海道開拓の夢を、100年以上たった今、受け継いでいる人がいるんだなぁと思うと、とても感慨深いものがあります。



【2006/09/07 23:24】 | 榎本さん本
トラックバック(0) |