和魂凡才 2007年06月
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前、「開陽丸子孫の会」が発足した時、「今後ホームページなども作る予定」という記事を読んだのですが、発見しました。
 
 こちらです→ http://www.1867kaiyo1868.sakura.ne.jp/

…といっても、まだ準備中のようですが、早速お気に入りに入れておきました。
実はこのブログのURLにも同じ”kaiyo1868”が入ってるんです~。なんとなく嬉しい♪

話は変わりますが、私はよく榎本さんの名前で検索をかけるのですが、ここ数日映画「憑神」が公開されたおかげで、たくさんの方がブログなどに榎本さんの名前を書かれていて、これもまた嬉し。
けっこうお客さん少ないみたいで、近所の映画館に来週のレディースデーに行こうと思っていたら、早くも上演の回数が減らされるみたいで、急遽7月1日に行ってこようかなと思っています。1日も1,000円だもん(^^ )ルン♪ (あくまで安い日にしか行かないヤツ…)


【追記】
「開陽丸子孫の会」のウェブページのURLが少し間違っておりましたので、訂正してお詫び申し上げますm(__)m
スポンサーサイト

【2007/06/29 01:51】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
nhy073.jpg
「日本の100人」今週号は榎本武揚です。

全部で33ページと薄い雑誌ではありますが、榎本さんの魅力満載(?)の1冊です。
榎本さんの誕生から亡くなるまでの年表をもとに、幼少時から蝦夷地視察、海軍伝習所時代、オランダ留学時代、箱館戦争、明治以降メキシコ殖民に至るまで、有名なエピソードはほとんど載っています。
箱館戦争の榎本さんしか知らない人は、明治以降の活躍も書かれているので、ぜひ読んで欲しいです。
ヒューマンエピソードの「武揚・たつ夫妻のラブレター合戦」や江戸っ子気質の記事が、榎本さんの人となりを感じさせて面白かったです。長男・武憲クンとのツーショット写真は初めて見ました。利発そうなお坊ちゃまですこと(笑)

男気があって、人情に厚くて涙もろく、語学や化学の才能、国際感覚の持ち主で、忠義に篤く、しかも愛妻家!本当に「男前」な人だと思います。
箱館戦争で降伏し、後に明治政府に出仕したために「裏切り者」「変節漢」と思う人が多々いるのを非常に残念に思います。降伏しなければ旧幕軍は全滅して多大な犠牲を出していたでしょう。皆の命を預かる総裁ゆえの苦渋の決断だったと思います。新政府に出仕して出世してからも、旧幕臣のために学校を作ったり、慰霊碑を建てたり、職をあっせんしたり、家に連れ帰って面倒を見たりと榎本さんの世話になった旧幕臣も多いはず。それはすべて榎本さんが新政府で出世したからこそできた事。助命に奔走してくれた福沢諭吉ですが、彼の書いた「瘦我慢の説」が、今の世間の榎本さんに対する評価を多分に左右していることを考えると、1万円札を見るとフクザツな気持ちになり、早く手元から手放したくなります(大嘘)
あぁ、いかんいかん。ついついいつも福沢諭吉批判になってしまいます(笑)

榎本さんの生涯やエピソード(多少、良い話ばかりの気がしないでもないですが)がうまくまとめられていますので、榎本さん好きも、そうでない人もぜひ読んでみてください。きっと榎本さんがもっと好きになるはずです。

【2007/06/20 03:17】 | 榎本さん本
トラックバック(0) |
大沼の七飯町で、榎本武揚氏ご子孫の榎本隆充氏の講演会があるそうです。

七飯町町制施行50周年の記念講演
「武揚の夢と足跡~榎本武揚のみた蝦夷地とシベリア~」

 日時:平成19年6月24日(日)午後2時~
 会場:七飯町文化センター スターホール

 詳しくはこちら

毎度の事ながら、どなたか行かれるようでしたらレポをお待ちしておりますm(__)m



七飯といえばガルトネル事件、榎本さんゆかりの土地ですね(^^;







箱館売ります―幕末ガルトネル事件異聞




富樫 倫太郎
実業之日本社 (2004/05)
売り上げランキング: 28444






ガルトネル事件を題材にした小説です。箱館戦争の裏面史といった感じ。土方さんが大活躍です。


【2007/06/19 00:48】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |

週刊「日本の100人」の6月19日発売の第73号に、ついに榎本さんが登場です!

各項の見出しを見ると、「己の一分を貫き通した 最後の幕臣の73年」、「口は悪いが情けは厚い江戸っ子気質の痛快漢」、「箱館より忠義を込めて 海の男の壮大なる戦略」、「海、空、大地に満ちる華麗なる挑戦者の光輝」となんだか、すごくかっこいい!



人物相関図は黒田清隆、赤松則良、カッティンディーケ、勝海舟だって。あぁ、大鳥さんも入れて欲しかったなぁ。

新人物往来社から上・下2巻で「箱館戦争銘々伝」も刊行されるそうだし、楽しみです♪






【2007/06/11 02:18】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。