和魂凡才 2008年02月
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
週刊 日本の100人番外編、 松平容保さんの号を買って来ました。

nhy109_20080227005849.jpg

 小学館の「週刊 戦乱の日本史」の方も今週号は新選組だったのですが、書店で中身を見たところ、別に買わなくてもいいかな…と。容保さんについては守護職であった期間以外って、意外と知らないんですよね。
この「日本の100人」シリーズ、30ページほどのページ数の割には、年表や写真や絵図がたくさん載っていて、その人物のエピソードとか記事も充実していてお買い得。

天皇、将軍家からの信頼が篤いだけでなく、家臣達からも慕われていた容保さん。それだけに、戦場で戦っている家臣達を置き去りにして慶喜さんに強制連行されて江戸に帰ってきた時は、「公に対する義」と「臣下に対する義」の板挟みで、さぞ苦悩されたことでしょうね。
他にも容保さんの誠実さが偲ばれるエピソードがたくさん載っていました。

う~ん、小栗さんのは買わなかったけど、小栗さんのも買っちゃおうかな…。




【2008/02/27 23:31】 | その他幕末本
トラックバック(0) |
榎本武揚没後100年事業の「帆船あこがれ計画」の寄港地、石巻でのイベントです。
情報は「石巻千石船の会」様のサイトより

石巻には7月16日入港、20日出港の予定ですが、それに合わせて

 ・榎本隆充氏(榎本武揚御子孫)、橋本進氏(元日本丸船長)の講演会、
 ・開陽丸乗り組みで石巻で亡くなった中井初次郎の墓前供養際
 ・歓迎式典

  などが計画されているそうです。

さあ!あとは東京です。東京もがんばれ!






【2008/02/23 01:31】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |

帆船あこがれ事業実行委員会
榎本武揚没後百周年記念事業
橋本進先生の講演内容は、地元小学生の郷土史副読本にもなっている細谷十太夫と麦叢録を執筆した小杉雅之進のかかわりがテーマになると伺っています。


香音里
情報ありがとうございます。
細谷十太夫さんについては不勉強なので、小杉雅之進との関わりというのがピンと来ませんが、面白そうな題材ですね。
今後もよろしくお願いいたします。


コメントを閉じる▲
ちょっと更新さぼってます。
なんとなく先週から体調がアレなもんで。不摂生がたたって低体温症で貧血っぽいです。まぁ、単なるネタがない時の言い訳ですが。
鉄分のサプリメントを飲み始めました。そんな事より栄養とって早く寝ろよって感じですね。

2009年の大河ドラマ「天地人」の主役が発表されましたね。直江兼続役に妻夫木聡さん。
ひそかに榎本さん主役で大河ドラマやる時にはぜひ青年釜次郎役で、と思っていたのになぁ…。映画「憑神」を拝見したところでは、まだまだ時代劇になれていない感があったので、ぜひ頑張っていただきたいものです。


こんなキティちゃんがあるんですね。→ 
そりゃ、赤穂浪士は四十七士だけどさ。浅野内匠頭入れたら48人だろうけどさ…

そんなに要りますか?

果たして、48個揃えた人っているんだろうか…。

新選組も近藤さん、土方さん、総司に扮したキティちゃんはいますけどね…

ぜひ、エノカマキティを作ってください!

だいたい、函館版のご当地土方歳三キティがあるのに、どうして釜さんのキティはないのでしょう?
キティちゃんにヒゲは付けられないってか?たこ焼きやナスビにだってなってるキティちゃんがヒゲくらい付けられないわけがない!IKKOさんにだってなってるんだ、カマ…いや釜さんになれないわけがない!函館がダメなら小樽でどうですか?いえ、実は密かに小樽の記念祭での釜さんグッズ、期待してマス。
いっそのこと忠臣蔵のように蝦夷共和国シリーズでそろえてもらえませんか。買う人はかなり限られてると思いますが(笑)


…キティちゃんで熱くなってるヒマがあったら他にするべき事があるだろう、とふと我に返ったので終わります。


【2008/02/21 19:56】 | つぶやき
トラックバック(0) |


まやこ
香音里さん、こんばんは。
体調はいかがですか?
わたしはこの前の3連休に熱を出して寝込んで以来、バイオリズムが下がっているようで、いまいちテンションが低いです(苦笑)
その割には図書館で借りてきた「陽が開くとき」を一気読みしてますが…

それにしても「忠臣蔵キティ」はすごいですね~
キティは何にでも変身?できるんですから、エノカマキティもありですよね。
それとも、エノカマキューピーとか…(笑)


香音里
まやこさん、こんばんは。
まやこさんも体調を崩されたんでしたよね。私も連休明けにウィルス性胃炎に罹って、その後まだ引きずっている感じです。今週末今年初めての観劇に行くので、体温もテンションも上げなければと思っています。

蝦夷共和国シリーズのキティが出れば間違いなく揃えてしまいそうです。
ちなみに私は新選組と総司のキティを持っています。小樽のグッズに期待しましょう♪




はな。
香音里さん、体調はいかがですか?
早く暖かな春が来てほしいものですっっ

それにしても、エノカマキティっっ。
あったらいいですよねっ。
新選組キティは持っていますが、
五稜郭ズのキティもほしいです☆


香音里
はな。さん、ありがとうございます。
体温は低いけど心は熱いし、貧血でも血の気は多いです(笑)

五稜郭での土方さん人気に比べて、榎本さんはあまりにも冷遇されているようですので、
ぜひエノカマキティを作って欲しいものです。
五稜郭のご当地カトちゃんは土方さんというよりヒゲがあるので
榎本さんっぽいんですけどねぇ…(というよりむしろ荒井さん)

コメントを閉じる▲
以前、鹿児島テレビで「南州翁異聞~おいどんは丸腰・平和使節で韓国へ行く」という征韓論をめぐる西郷と大久保のドラマが放映される話を書きました。今日久しぶりに「配役宝典」を見ていて黒田の名前を発見し、ふと「他局でも放映されるのだろうか」と調べたところ、フジテレビで2月19日2:25~3:40(18日深夜)に放映されます。
「放映される前にわかって良かった」と思ったのも束の間、( ̄□ ̄;)ガーン
私の住んでいる地域の関西テレビでは、10日にすでに放送が終わっていました…。
何か最近、こんなの多くない?先日のテレビ大阪の幕末番組も気づいてスイッチ入れた途端終わってたし…。

薩摩はあまりよく知らないんですが、西郷(輝彦)さんの西郷どんと榎本武揚…じゃない榎木孝明さんの大久保さぁと黒田が見たかったんです…。ちなみに黒田役はカゴシマジロー(カマジローじゃないよ)さんという方らしいです。う~ん、素晴しいネーミングだ(^^;

くどいようですが、常にアンテナを張っておかなければいけないという事ですね。まぁ、堂々と宣伝されている「篤姫」ですら、出遅れて何話もため込んでいる私には所詮無理なのかも知れません(;´Д`A ```



 

【2008/02/15 01:18】 | 映像・舞台
トラックバック(0) |
今日はバレンタインデーです。えぇ、菓子屋の策略に乗せられて義理チョコ・友チョコをばらまきましたとも!
土方さんの写真の横と、榎本さんは写真がないので開陽丸の模型の横にもお供えしました。

こっそりおじゃましている新選組屯所さんで「バレンタインメーカー」なるものを紹介されていました。今までも脳内メーカーなどをやってみましたが、面白そうなので今回もやってみました。


香音里から榎本武揚へのチョコ

B1DDCB#1843;F8BCA1#1018;_convert_20080214194433

いえ、あの…榎本さんの頭についていけるかどうかわかりませんが、一生懸命勉強します(汗)


香音里から榎本釜次郎へのチョコ

B1DDCB#1843;F8BCA1#1018;_convert_20080214194642

ぜひ、開陽丸で!!
でも箱館で降ろしてくださーい。江差には行きたくないですぅ~。


これって、名前の後ろに「さん」をつけると変わるんですよ~。

香音里から榎本武揚さんへのチョコ

B1DDCBDCC9F0CD#548;B5A4F3_convert_20080214200947

も、もしかして、私が蝦夷行きを進めたのか!?


最後に愛妻・多津さんから榎本さんへのチョコ

tatsu2.gif


ないものねだり…っていうか、新婚早々家に帰って来ないわ、蝦夷に行っちゃうわ、牢獄に入っちゃうわ、ロシアに行っちゃうわ…忙しい旦那さまをもった多津さん、きっとこう思っただろうな…。






【2008/02/14 20:34】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |

お久しぶりです。
土方副長
先日、函館旅行から帰ってきました。
松前は冬期はどこも閉館ばかりで外観を眺めるだけでしたが、
江差はゆっくりと観光出来ました。

これ、凄いですね!!
高松飛鳥
何か、物凄く的ついたコメント!!
釜さんを良くあらわしてますね。

一旗・・・・一緒にあげたいです。

>土方副長さん
香音里
こんばんは、お帰りなさいませ。
函館旅行のレポ、拝見いたしました♪
閉館の箇所が多かったのは残念でしたが、充実したご旅行だったようで良かったですね。
冬の北海道は旅費も安く、食べ物も美味しいので魅力があるのですが、雪の事を考えるとどうしても二の足を踏んでしまいます…。
第2弾、第3段のレポも期待していますね!


>高松飛鳥さん
香音里
そうでしょ、そうでしょ!
特に「あなたと航海に行きたい」なんて、釜さんにとっては究極の告白のような気がするんですけど!

ちなみに本名でやったら
 →榎本釜次郎へのチョコ  「フレーフレー パシリ!」
 →榎本武揚へのチョコ 「哀情 90%」

でした。いったい、何様~!?

コメントを閉じる▲
enomoto1_convert_20080208203047.jpg

帆船「あこがれ」計画に続いて、没後100年記念事業のニュースが飛び込んできました。

この度「榎本武揚没後100年記念事業 小樽実行委員会」のPRポスターとチラシが完成。
小樽ジャーナルに大きくアップされています。ポスターには講演会や交流会の日程も載っています。
こちら→ 小樽ジャーナル

5月には100年記念誌を2000部発行。今後記念モニュメントの建立も計画されているとか。市内商店街などにチラシを置いて、その横に募金箱を置き市民の協賛を募るとの事。
小樽、熱いです!





【2008/02/09 00:00】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |


はな。
小樽情報ありがとうございます!
おお!!!なんてカッコイイ、ポスターでしょうか♪

小樽に感謝!!!
・・・・こーなると、江戸はこのままで大丈夫なのか、心配です(汗)。


ぜひぜひこちらのポスター、
拙ブログでも紹介させてくださいませ。




香音里
はな。さん、こんばんは♪
実行委員会の了承も得てますので、もうどんどん宣伝しちゃって下さいませ~。
いや、きっとお江戸でも素敵な計画が着々と進行中のはず…と信じてマス。


まやこ
香音里さん、おはようございます。

遅ればせながら、小樽の榎本さん情報をありがとうございます。
小樽、ものすごく気合入ってますね!
6月に小樽に行くのがますます楽しみになりました。

江戸で榎本さんのイベントが開催されるという話は耳にしてないです。
今回のイベントは小樽の町おこしを兼ねているので、小樽メインではないでしょうか。


香音里
まやこさん、こんばんは♬

榎本さんといえば、「函館」とか「小樽」といった北海道のイメージが強いんでしょうか。榎本さんが生まれ育ち、晩年も愛した江戸でもぜひ何かイベントをやって欲しいものですね。江戸の人って、榎本さん好きな人けっこういると思うんですが。
江戸東京博物館とか東京農大とか墨田区に期待できないですかねぇ…。

コメントを閉じる▲
榎本武揚没後100年事業のイベントとして、大阪市が所有する帆船「あこがれ」が、当時の「開陽丸」の航跡をたどりながら、江戸(東京)から榎本武揚ゆかりの土地・小樽まで航海します。
そのスケジュールが発表になりましたので、紹介させていただきます。

7月13日(日) 東京港出港
   |
7月16日(水) 石巻港着

7月20日(日) 石巻出港
   |
7月21日(月・祝) 宮古港着

7月24日(木) 宮古出港
   |
7月26日(土) 函館港着

8月1日(金) 函館出港
   |
8月2日(土) 江差港着

8月5日(火) 江差出港
   |
8月7日(木) 小樽港着

各寄港地では船内の一般公開や1日航海などを実施して市民との交流を図るとの事。また寄港地によっては榎本武揚没後100年にちなんだイベントが催されるらしいです。

詳細や申込はこちらをどうぞ→帆船「あこがれ」航海スケジュール

ところで、この帆船「あこがれ」が造られた住友重機械工業株式会社追浜造船所浦賀工場の前身は「浦賀船渠株式会社」です。
浦賀は中島三郎助らが、日本で初めての洋式軍艦・鳳凰丸を建造した地。浦賀船渠株式会社は、明治24年(1891)中島三郎助の23回忌にあたり、箱館戦争の同志であった荒井郁之助が浦賀に造船所を造ることを提唱し、それに榎本武揚が賛同して地元の有力者に働きかけ、明治30年(1897)に創設された会社です。
ドックは平成15年に閉鎖されて普段は公開されていませんが、「中島三郎助まつり」や「咸臨丸フェスティバル」の際には一部公開されるそうです。

榎本さんや荒井さんが造ったドックで建造された船が、開陽丸の航跡をたどって蝦夷地まで行く…不思議な「縁」を感じます。

さて、私は残念ながら航海には参加できませんが、大阪南港での一般公開はぜひ行ってみたいと思います。




追記を閉じる▲

【2008/02/08 01:15】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(1) |


まやこ
香音里さん、こんばんは。

「あこがれ」の航海スケジュールが確定されたのですね!
東京では7月12日にイベントがあると聞いています。
わたしも航海に参加するのは無理ですが、東京湾からの出航はぜひ見てみたいです。

それから…浦賀には2度行きましたが、普通の日に行ったのでドックの中には入ったことがありません。
「中島三郎助まつり」が先月の26日にあったんですが、都内の史跡巡りの方を優先したので、浦賀には行きませんでした。
咸臨丸フェスは今年は行くつもりです!


高松飛鳥
日程がうちにもメールで届きました…

あれ…?こんな早くに発表して良いんでしょうか?

まだ決まってないことが多いのに…。

>まやこさん
香音里
まやこさん、こんばんは。
「あこがれ」のサイトで8日に正式にプレスリリースされました!
出港地は「東京」になっているんですよね…。大阪から慶喜さん乗っけて江戸に帰って来たのは「ナシ」ということですね(笑)

浦賀のドックもいつか機会があれば見てみたいです。



>高松飛鳥さん
香音里
高松さん、こんばんは。
イベントの詳細はまだ決まっていないとの事でしたが、日程の方は発表してもOKのようです。(セイル大阪の方からご連絡いただきました)
函館でのイベントも楽しみですね。(すみません、無責任に楽しんじゃって(^^)



ままこっち
香音里さん
ようーーやくリリースされたので、拙宅でも記事UPいたしました★
東京港の出航は見送りたいところですねー。
情報提供ありがとうございました!記事TBさせてください。


>ままこっちさん
香音里
記事を紹介して下さって、ありがとうございます。
大阪市所有の船なのに、大阪出港になっていないのがちょっと残念ですが(笑)、榎本艦隊の航跡を辿るという事ですので仕方ないです…。
東京港でのイベントってなんでしょうね。行けないけど楽しみです。

ところで、10日くらいにメールフォームからメールを送らせていただいたのですが、ちゃんと届いてましたでしょうか…?


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
2月8日は「郵便マークの日」だそうです。郵便の日ではなく、「郵便マークの日」。

wikipediaによると、

明治20年(1887年)2月8日に当時の逓信省が「今より (T) 字形を以って本省全般の徽章とす」と告示。その後2月14日に「〒」に変更し、2月19日の官報で「実は「〒」の誤りだった」ということで変更されたそうです。

「T」マークは漢字の「丁」(てい)を図案化したという説、「逓信」をローマ字で表した「Teishin」の頭文字だという説があり、Tが〒に変更になった経緯についてもいろいろな説があるそうです。

①「T」を第一案とし、「テイシンショウ」の片仮名の「テ」を図案化した「〒」を第二案として提出したところ、第二案の「〒」が採用された。しかし、告示の時「T」と誤ってしまったために、これを訂正した、という説。

②「T」にすることで最初から決まっていたものの、後日調べてみると「T」は国際郵便の取扱いでは、郵便料金不足の印として万国共通に使用されていた。そのため、これによく似たマークは適当ではないということで、「〒」に訂正した、という説。また、この訂正では、「テイシンショウ」の片仮名の「テ」からの説と、単純に「T」の上に一本足して「〒」とした、という説。

どちらが有力かということはないのですが、一般には後者のほうが多く語られているそうです。
そして、「Tの上に棒を一本加える」というアイディアは、初代逓信大臣だった榎本武揚が出したとも言われているそうです。

その後、「〒」は郵便局のシンボルマークとして親しまれてきたわけですが、意外な、しかも身近なところにも榎本さんの名前が!



【2008/02/07 22:56】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
昨年7月に移転以来、拙ブログにご来訪いただいた方を数える「けいすけカウンター」が5000を超えました。お越しいただいた皆様、ありがとうございます。
今後も細々と続けて行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

え~っと、特にネタもないので雑談でも(^^;
相次いで有名人が県庁所在地の市長と知事になったところの、一見幕末に関係ありそうで、全く関係ない話とか…。

まず、今週の「世界遺産」ですが…見るの忘れましたil||li _| ̄|○ il||l
何というか…大阪人の血が悪いんです。
番組の始まる1時間前までちゃんと覚えていたんですよ。その時点でチャンネルをあわせときゃ良かったんですが、大阪人の血が…ついつい「大阪ほんわかテレビ」を見ちゃったんですよね。で、その続きでミュージックラバーで平原綾香の歌を聴いて、気がついた時には「世界遺産」終わってました…。


長州ファイブ 1 (B’s LOG Comics)
ユキムラ 五十嵐 匠
エンターブレイン (2008/02/01)

さてさて、2月1日に「長州ファイブ」のコミックが発売されたので、本屋に探しに行ったのですが、「○○ファイブ」と聞いてつい思い出すのは「圭修ファイブ」もしくは「阪急ファイブ」(HEPファイブでないところで年がばれますね・汗)
大阪以外の方、ついて来れてますでしょうか?ちなみに「圭修ファイブ」はその昔、タレントの清水圭と和泉修がコンビで司会をしていた5時台の大阪のローカルバラエティ番組で、阪急ファイブは阪急系列のショッピングビル。今は屋上に観覧車のあるHEP FIVEになっています。で、肝心の「長州ファイブ」は見つかりませんでした。ネットで買うか…。

ついでなんですが、その昔、新御堂沿いの緑地公園~江坂間に「長州ファイブ」というラーメン屋がありました。そのラーメン屋が存在した頃、まだ幕末初心者だったので単に「変な名前~」と思っていたのですが、きっと長州ファンか山口県出身の方のお店だったんでしょうね。

ところで、某新知事。「府の数ある施設で、2つの府立図書館以外必要ない」という旨の発言をしたとか。ずいぶんと思い切った事を仰ったものです。思い切った行政改革は必要だとは思いますが、赤字の施設=不要というのはいかがなものでしょう…。
私としては、北摂に府立の図書館を作っていただきたいところです。私が在住している市の図書館には読みたい本が全く置いていないので、たまに大阪市立中央図書館に行きます。

今、その大阪市立中央図書館で3月30日まで
「篤姫とその周辺 ~大河ドラマ“篤姫”にちなんで~」展
を開催中です。
興味をそそる本がたくさん展示されています。先週一度行ってみたのですが、借りたかった本がほとんど貸し出し中だったので、会期中にもう一度行ってみるつもりです。

まったくのローカルな話題ですみません。今回の話のすべてが解った方、コメントお待ちしております。




【2008/02/05 23:57】 | つぶやき
トラックバック(0) |

阪急ファイブ(笑)
高松飛鳥
すみません…実は私も反応しました(笑)

あの知事はある意味脅威ですね!図書館どころか、必要なものも赤字だから…と無くなりそうで…。
帆船は大阪市のもので府は関係ないのですが…知事が茶々いれてややこしくならないよう、祈るばかりです。

あれ無くなったら、二度と大阪に帰りたくないです!!(マジで…)

ありがとうございます~!
香音里
わーい、高松さん!さすが元大阪府民でいらっしゃる。
今回、こんなローカルネタでどれだけの人が解るだろうと思っていたのですが(笑)

>あの知事はある意味脅威ですね!
確かに5兆円の赤字と聞くと、思いきった政策をしなければとても解消できないというのは解るのですが、かなり強行に推し進められるようで、府議会や府民がついていけるかどうか心配です。御堂筋パレードにもお金出さないって仰いましたし。過激発言を連発するのでSPがついたとか。

帆船は大阪市の所有ですが、市の方も財政難で予算を削減するとの記事を以前見た覚えがあります。無くなることはないと思いますが、運営はけっこう厳しいのではないでしょうか…。

とにかく新知事には、発言をすぐに撤回しないように熟慮してから行動していただきたいです。




コメントを閉じる▲
歴史読本 2008年 03月号 [雑誌]歴史読本 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/01/24)
不明

商品詳細を見る


歴史読本の3月号は「幕末人の肖像」です。
幕末に活躍した倒幕側の志士、幕臣、佐幕派、公家、女性、外国人などたくさんの肖像古写真が載っています。最近古写真にちょっと興味があって、図書館に行ってベアトの写真集や「写真で見る幕末・明治」などの写真集を見たりしていて、特に歴史上の有名人物の写真には興味があったので、今月号は即買いでした。
パッと開いたところに榎本さんが!「これはもう運命としか言いようがない!」と思っていると、何の事はない、付録「歴史読本手帳2008」がついていて、輪ゴムで止めていたからでした。ちょうどそれが榎本さんのページだっただけのこと(^^;
大名、公家の写真はあまり見た事がないのですが、薩長や幕臣、新選組の写真は見た事がある写真が多かったです。榎本さんは和装の若き釜次郎君と明治の大礼服の写真が載っていました。
そして、ここにも自毛黒熊(勝手に命名)の黒田サンの写真が…。
実は、古写真に興味をもったきっかけがこの写真。
↑の「歴史読本」の表紙の、上の4枚の肖像写真の左から2枚目が黒田で、横浜市の「写された文明開化展」のサイトで見て、あまりのインパクトの強さに、他の有名人も今までに自分が見た事がない写真がたくさんあるのでは?と思ったのです。
この時代に写真を撮ると言ったら、各家庭にカメラがあるわけでなし、当然写真館などに行って椅子に座ってポーズをとり、かしこまって写るはず。なのにこの爆裂頭は一体どうした!?写真撮る前には髪の毛とかそうよ黒田。
あと桐野利秋の髷姿を初めて見たし、山川浩(大蔵)さんはちょいと浅野忠信似のイケメンでした。堀田正睦さんの肖像画がすんごい丸顔で首がなかったのには、大村益次郎のおでこを見た時くらい笑ってしまいました。

私が他の時代よりも幕末・明治に興味を持つのは、歴史の舞台に登場する人達の写真が残っているというのも、理由の一つかも知れません。幕末以前の人物は肖像画はあってもなかなか実像と結びつきませんが、写真があると本当にその人物がいて活躍したんだという存在感が感じられますし、イメージが湧きます。
実は白状しますと、土方さんにハマったのは人格やら功績よりも先に写真からでした。観劇が趣味だった私が舞台を見て新選組に初めて興味を持った時、土方さんの写真を見ていなければ、きっと土方さんに、ひいては幕末に興味を持っていなかったと思います。つまり、私が今幕末好きになって、こうしてブログをやってたりするのは、ひとえに市村鉄之助クンのおかげだという事です。鉄ちゃん、ありがとう!(って、締めはそれかい!)



追記を閉じる▲

【2008/02/01 00:16】 | その他幕末本
トラックバック(1) |

同感です(笑)
icewine5
香音里さん、こんばんは。

興味深い特集のご紹介、ありがとうございます!
実は週末にこのエントリーを拝見して会社近くの本屋に行ったのですが、残念ながら置いていませんでした。もうちょっと大きな本屋でなんとか手に入れたいです。

>土方さんにハマったのは人格やら功績よりも先に写真からでした。
これ、すご~くよく分かります^^;
あの写真がなければ、これほど土方さん人気は高まっていなかったと個人的には思います。
現代の男性と比べても、やっぱりハンサムですもんね・・・
やっぱり人は見た目は大事ですよね(笑)

函館、小樽のイベントのご紹介もありがとうございます。
6月、万難を排して行きたいです~~!!!

こんばんは♪
香音里
icewine5さん、こんばんは。

初めて土方さんの写真を見た時、「えっ?これ本当に江戸時代の写真なの?」と思ったものでした。幕末…というより江戸時代=ちょん髷と着物ってイメージが強くって。今考えると本当に無知でした(^^;

ちなみにこの本、例の土方さんの写真と龍馬、高杉の写真を解読する-という特集も載っています。
たくさんの写真が載っていましたが、当時の写真としては、やはり土方さんの写真は顔とか顔とか顔とか 髪形とか洋装の着こなしとか、ピカイチだと思います。無意識(?)のうちに見せ方を知っていたとしか思えません(笑)

早いもので、今年ももう1か月終わってしまいました(汗)
私もぼちぼち北海道行きの計画を立てなければ…と思っています。



>鍵付き拍手コメント様
香音里
コメントありがとうございました。
黒田の髷姿の写真が見てみたいですね。
この爆裂頭の写真が写されたのは明治4年とのことなので、おそらく丸坊主にした後のようです。
先日、小栗旬クンが「一度丸坊主にしてから、天然パーマになった」と話していたのを聞きました。もしかしたら黒田も丸坊主後髪質が変わっていたりして…。

購入しました!
icewine5
香音里さん、こんばんは。

昨日ようやく歴史読本を購入しました。
本当に楽しい本ですね~!ページをめくりつつニヤニヤしています(笑)
黒田さんのヘアスタイルも斬新すぎて(笑)何と言っていいのか分かりません・・・

香音里さんもおっしゃるようにやっぱり土方さんはぴか一ですよね。
他の幕末人たちの写真と比較してみたんですが、やっぱり土方さん以上のルックスの人は見当たりませんでした←しつこいですね、私^^;

後ほどTBさせていただきますね。

入れ違いですね(笑)
香音里
icewine5さん、こんばんは。
たった今、icewine5さんのところにおじゃましてました。

勝さんや桂小五郎も男前だとは思うんですが、やはり土方さんには敵いません。本当に「よくぞこの写真を残してくれた!」という感じです。
黒田の写真はちょっとヤバい感じですね。確かにお酒飲んだら暴れだしそうな気が…。

こちらからもTBさせていただきますね♪


コメントを閉じる▲