和魂凡才 2008年03月
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
3月発売の気になる本です。

土方さん関係2冊

hiji1.jpg
土方歳三―洋装の”武士”として散った漢の一徹 (新・歴史群像シリーズ 13)
(2008/03)
不明

商品詳細を見る




以前、同じ学研の歴史群像シリーズで「土方歳三 熱情の士道、冷徹の剣」というムック本がありましたが、今回は新・歴史群像シリーズ。
どう違うの?
詳しい内容はこちら → 歴史群像ホームページ



hiji2.jpg
歳三の首
(2008/03)
藤井 邦夫

商品詳細を見る




「五稜郭で流れ弾によって命を落とした土方、しかし土方の首はいったいどこに消えたのか。土方の首が辿った数奇な運命とは…。 」 (出版社紹介文より)
なんだかミステリアスですね。永倉新八も登場するようです。


4月には大鳥さんの評伝、長崎海軍伝習所関係の小説が発売予定です。榎本さんの伝記も出版される予定があるそうです。
さぁ、がんばって減らそう積読本!

【2008/03/27 23:59】 | 新選組本
トラックバック(0) |
えーい、言い訳は聞き飽きた!とおっしゃる方。仰せのとおりでございます。
私も言い訳書き飽きました。

お越し下さる方にご心配をおかけして、気が付くと普段より更新回数が多いという状況でございます…陳謝。m(_ _)m

敢えて言い訳をいたしますと、確かに姑が入院した当初は医師から「手術の必要があるかも」とも言われていましたし、精神状態もひどく、これはイカンと思ったのでした。が、検査の結果手術の必要もなく。そこはやはり実の親、思いのほかダンナがせっせと病院通いをしてくれましたので、私は拍子ぬけするほどの手が空いてしまったのでした。

…ということで、復活。


まやこさんのところで知りました。
Akiさんのところでチーム箱館からのラブレター占いが紹介されていて、面白そうだったので、早速私もやってみました!
以前、私から土方さんと榎本さんに愛の手紙を書いた事はあったのですが、もらう方が恥ずかしいですよね。

香音里ちゃん

香音里ちゃんに初めて会ったのは開陽丸の船室だったね。
あの時は一目ぼれでした。
香音里ちゃんのその笑顔に本気でほれちゃったんだ。
今までで3回告白したんだよね。。。
でも、その度に振られちゃってさ・・・。タイミングが悪いんだよなぁ俺・・・。
俺が凄く忙しくて困ってる時にかけてくれる優しい一言、体調が悪くて苦しい時に心配してくれる心・・・。
あきらめようと思っても香音里ちゃんのこと本気で好きになっちゃうんだ。
榎本対馬や中島三郎助が、香音里ちゃんの事を好きだって聞いちゃって、取られなくないって思って4度目の告白。。。
さすがにしつこいって思ってるよな。。。
でもいいんだ。
俺は香音里ちゃんの事を想い続けてるよ。
香音里ちゃんにもらった、黒と赤のリバーシブル隊服がいつまでも俺の宝物。
いつか俺に振り向いてくれる時がきてくれると信じてる。

本多幸七郎



本多くんからでした♪
「黒と赤のリバーシブルの隊服」をプレゼントって…私は額兵隊か!?
できれば対馬さんじゃない方の榎本さんから好かれたいです~。

本名の下の名前でやったら、沢さんからラブレターが来ました。
やっぱり私は対馬さんから好かれているらしい(笑)
手作りのガットリング砲を家に届けてくれるんだって。こりゃ楽しみだね♪

どうしても武揚さんからのラブレターをゲットしたい私、本名フルネームでやってみました。
見事、武揚さんからラブレター、もらいましたよ!

 ●●ちゃん へ

なんで●●ちゃんは、俺の事を好きになってくれないんだろう?
なんで●●ちゃんは、松平太郎のギャグで笑ってるのだろう?
もうやめて欲しい・・・。
もっと俺と話をして欲しい、俺の事を見てほしいんだ。
確かに俺は自分勝手、●●ちゃんの事をあまり考えてないかもしれない。
でも、いつも俺は応援してるんだよ。
●●ちゃんの事を一番に考えてるんだよ。
●●ちゃんに俺は映ってる?
松平太郎、伊庭八郎ばかり見てないでもっと俺を見て欲しいんだ!

ムリだったら言って欲しい。
そうしてくれたら諦めることができるから。
じゃないと、●●ちゃんの事ばかり考えて、●●ちゃんの事ばかり見つめちゃって・・・
もっともっと好きになってしまうから。
俺が蟠龍の操縦室に行った時、●●ちゃんの事ばかり考えて何も手に付かないのを知ってる?
今度会う時は少しでも話がしたい。

お願いだ・・・
榎本武揚を好きになってください。


いや、もう ごっつ好きやから!


追記を閉じる▲

【2008/03/21 02:06】 | つぶやき
トラックバック(0) |

No title
まやこ
香音里さん、こんばんは。

「チーム箱館からのラブレター占い」やってみたんですね。
武揚さんからラブレターもらえてよかったですねv-411
わたしはHNや本名でやってみましたが、文中にすら武揚さんの名前は出てきませんでした。

ところで記事ずれですが、武揚さんの「そっくりさんコンテスト」は「ひげコンテスト」と別物なんでしょうか?
記念法要は開催時間までに小樽に行けるのやら…という感じです。
(新千歳空港から小樽まで結構距離があるんですよね)

No title
香音里
まやこさん、こんばんは。
すみません、まやこさんの所にコメント入れようと思っていたら先に頂いてしまいました(汗)
本名、旧姓のフルネーム、下の名前のローマ字、カタカナでやって榎本さんでした。榎本さん率が高くて満足です(^ー^)
でもちょっと泣きが入っている感じなので、まやこさんが土方さんから貰ったような男らしいラブレターがいいな~。

「そっくりさんコンテスト」ですが、おそらく「ひげコンテスト」と同じだと思います。榎本さんのそっくりさん=ひげって事ではないでしょうか。中学生も参加できるって事はもちろんつけひげOKなんでしょうね。

記念法要の時間、そうなんですよね~。できれば前日から小樽に行っておきたいところです。記念法要の前日20日から龍宮神社の例大祭が行われているらしいので、前日から行ってお祭りを見たり、小樽観光できたらいいなと思うんですが。
22日も講演会、懇親会が終わったらかなり遅い時間になるので、当日帰るのは難しそうです。旅行のスケジュール組み立てるの、悩みますね。


コメントを閉じる▲
すっかり榎本さん祭りの宣伝ブログのようになっている今日この頃…。

小樽実行委員会様のサイトより

榎本さん没後100年記念法要の時間が決まりました。

6月21日(土) 13:00~14:00 おたる龍宮神社

一般参加の方は予約が必要だそうです。





【2008/03/20 23:59】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |
もう、休んでなんかいられない!!

なぜなら・・・

やっぱり今年は榎本さん祭りの年だから!

またまた新しい小樽から新しいニュースですよ~

小樽ジャーナル、本日の記事からです。

「榎本武揚そっくりさんコンテスト」参加者募集!

小樽の没後記念事業のイベント、榎本さんのそっくりさんコンテストに出場される方の応募要項が
発表されました。

sokuri1_convert_20080318220438.jpg


募集人員は20名

参加資格は中学生以上の男女(女性もOK!)
       6/21(土)の維新パレードに参加できる方

締切は 第1次 4月30日(水)、
      最終が5月20日(金)(定員になり次第締め切る可能性あり)

大賞には賞金10万円、他にも各賞が出るようです。

一番そっくりなのはもちろんご子孫の榎本隆充さんでしょうが、髭自慢の方、仮装大好きな方、
ふるってご応募して下さいね~!

詳しくはこちらをどうぞ→ 小樽ジャーナル


【2008/03/18 22:09】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |

No title
高松飛鳥
おお!!
楽しそうですね!!

参加できたらいいんですが。

No title
香音里
高松さ~ん、女性もOKだそうなので、ぜひ参加して下さいな♪

榎本さんも「顔が似て無くてもいいのじゃ。根性で成り切れば道は拓ける」って言ってますし(笑)

No title
まるみ
お久しぶりです。
小樽、面白そうですね。行ってみたいですが、お金と根性が・・・。
東京でイベントがあるんだったら私も参加したいと思います。

No title
香音里
まるみさん、お久しぶりです♪
小樽は本当に熱いです。でも遠いです(泣)
私も現在行けるかどうかわからない状態です。

東京のイベントも待ち遠しいですところですが、なかなか正式に発表されませんね。
「開陽丸子孫の会」のHPをまめにチェックしたいと思います。

コメントを閉じる▲
姑の病状は思ったほど深刻でなく、安心しました。ただ現段階では、いつ退院できるかとか、今後の介護をどうするかなど、まだ先が見えない状態です。



「更新が滞ります」と書いておいて、すぐに更新するのもちょっとお恥ずかしいのですが…

「開陽丸子孫の会」のウェブページがリニューアルされています。
今後、没後100年事業の情報なんかも掲載されるようですので、ぜひ行ってみてくださいね。

 開陽丸子孫の会ウェブページ  http://www.1867kaiyo1868.sakura.ne.jp/




【2008/03/16 02:56】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |

No title
はな。
お忙しいなか、
新展開のご報告ありがとうございます!
先週サイトを覗きにいったときには、まだ準備ページのみで、
更新されていなかったのですが、これでようやく♪

とくにイベント情報……が楽しみです。
と、東京も今年、なにかやってくれないかな……
(だんだんぼやきっぽくなってきました(笑))

No title
香音里
はな。さん、こんにちは。

東京も実行委員会が発足されているので、必ず何かイベントがあると信じています。
詳細はまだわかりませんが、何か動きだしているようですよ(^^)
ただ、熱さではどうも小樽の方が上を行っているような感じが…。

地元・お江戸がんばれ!
ウェブサイトの更新が楽しみですね♪




No title
高松飛鳥
ようやくですね!!
サイトの更新も楽しみです。

実行委員会の総本部は東京なのに・・・どうしてかな?と思っていたのですが、水面下では動いていそうですね!



香音里さま、ご無理なさらずに・・ブログ頑張ってくださいね!



No title
香音里
高松飛鳥さま

ありがとうございます。
思ったよりも早く退院できるかも知れないとわかった途端、さっさと小樽行きの計画を再燃させている薄情な私です…(^^;

高松さんこそ、実行委員会に五稜郭祭の殺陣にとお忙しそうですね。
本当に高松さんの行動力は尊敬に値します。

東京のイベントの詳細も待ち遠しいですね。
早く発表されればいいのに…!


コメントを閉じる▲
家庭の事情により、しばらくの間更新が滞りがちになります。

一番心配していた事がついにというか、やはりというか・・・起きてしまいまして。

最近年のせいか、記憶障害っぽい実家の母。まだ体が丈夫なうちに親孝行でも、と本州から出た事がない母と旅行に行こうかと、密かに小樽の前に函館に行く画策をしていたのですが…
以前から足が悪かった姑が部屋で転んで体調を崩し、入院することになってしまいました。

で、ちょっと忙しくなりそうで…。

函館行き中止はもちろん、小樽行きも少~し微妙な感じ…。

なので、更新は少し停滞しますが、今年はせっかくの榎本さん祭りの年ですので、新しい情報が入れば、できるだけ紹介して行きたいと思っています。
ですので、どうぞたまに覗いてみてくださいませ~。


話は変わりますが、今日病院で若い看護婦さんが「京唄子が何をしていた人か知らない」と言うので、漫才師だったと教えると、「相方は誰だったの?」と聞いてきたので「鳳啓助」と教えてあげました。こんなところで「オオトリケイスケ」の話をするなんて!(違っ)



まだ3か月あるし…きっと大丈夫。

【2008/03/12 00:43】 | ごあいさつ
トラックバック(0) |
各地で榎本さんの没後100年のイベントが予定されていますが、大鳥さんの出身地・兵庫県の赤穂郡上郡町では2011年6月の大鳥圭介没後100年に向けて、大鳥さんの功績や魅力広く町内外に周知するため、講演やパネルディスカッションなどのフォーラムを開催するそうです。

 『大鳥圭介公を語るフォーラム』
  
●日時 平成20年3月30日(日)13:00~16:00

●場所 上郡町立上郡中学校体育館

●スケジュール
   13:00 開演(開場12:30)
   13:10~講演「<敗軍の将>大鳥圭介は、不死鳥のようによみがえった」
          講師 高崎哲郎氏(作家、土木史研究家)
   14:35~パネルディスカッション テーマ「大鳥圭介公の魅力と功績」 
   16:00~現地視察 大鳥圭介公の生誕地を訪ねて(希望者のみ)          
 
詳しくは上郡町役場までお問い合わせください。

大鳥さんの出身地でも大鳥さんの没後100年に向けてイベントなどが企画されるんだから、榎本さんの出身地・お江戸東京でもきっとなにかイベントがあるはず…だよね!?




【2008/03/10 23:00】 | その他幕末
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


No title
香音里
>鍵付きコメント様

拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
お名前はよく存じ上げておりますし、時たまブログも拝見しておりました。

ご指摘ありがとうございました。
投稿がうまくいかずに文章をいじっているうちに、文字がひとつ抜け落ちておりました(汗)

私の文章力が拙いせいですが、「でも」というのは鍵付きコメント様と同じで、出身地だからこそ東京でイベントを行って欲しいという思いを込めているんです。小樽や函館で記念行事が発表されているのに、出身地の東京は何をやってるんだ、と。(まぁ、東京で記念行事があったからといって、行けるかどうかはわからないんですが)

数年前に比べて、大鳥さんの知名度はかなり上がって来たと思います。某ドラマや小説などの影響もあろうかと思いますが、ファンの方や研究される方増えましたよね。でも大鳥さんにしろ、榎本さんにしろ、素晴らしい数々の功績を残しているにも拘らず、戊辰戦争の活躍しか知らない人はまだまだ多いと思います。
人物ゆかりの地の地元の方やファンの方が、行政と手を組んでその人物の功績を世に知らしめるというのは、とても素晴らしいことだと思います。フォーラムがご盛況であられますよう、心よりお祈り申し上げます。








お久しぶりです☆
瑞貴
大鳥さんの没後100年に向けて、着々と普及計画が進んでいるんですね~。
釜さんの次は大鳥さん、と楽しみな事が続いて嬉しいです♪
釜さんのイベントin江戸も、きっとありますよっ☆


あと高崎哲郎さんといえば、4月2日に「評伝 大鳥圭介」という大鳥さんの伝記本を出されるらしいですよ。(鹿島出版会より)

ご無沙汰してます
香音里
瑞貴さん、こんばんは。お久しぶりです。

蝦夷チーム好きとしましては、新選組や土方さんだけでなく、いろいろな人にスポットが当たって、周知されていくのは嬉しいですね!
そういえば、今年は近藤さんと総司の没後140年、土方さんの140回忌でもあるんですよね。

大鳥さんの評伝、とても楽しみですが、「大鳥圭介伝」も完読できていない私、読めるのは当分先になりそうです(汗)


No title
入潮
誠に申し訳ございません。面識ある知人と人違いをしてコメントをしてしまいました…。
ブログの雰囲気が似ていまして、早とちりをしてしまいました。蒼白になりました。しかも管理人のみ通知にして余計に雰囲気を壊してしまい、本当に失礼を致しました。こうしたことを申し出るのも却って余計に無礼かとも思ったのですが。初めての方に対してそっけない失礼な書き方になってしまい、お心を害されたと思い、恥を忍んで申し出る次第です。本当に申し訳ございませんでした。前コメントはどうかご放念下さいますと幸いです。

改めまして、はじめまして。真摯なコメント返しをいただきまして、忝く思います。
小説やドラマは必ずしも好ましいといえるものばかりではなく、地元の方も残念に思っている話はお伺いします。ですので、公に見直しできる機会を地元で催そうとする関係者の方々の努力と行動は、素晴らしいものと思います。

榎本さんの没後100周年記念を地元で、という気持ちは同感です。個人でも100周年を祝う気持ちがあればできることはあると思います。たとえばですが、縁のある向島百花園などでご友人がたでお茶会を催すなど、楽しいのではないかと思います。また、そうした個人の気持ちが行政に伝わることもあるかもしれません。

No title
香音里
入潮様
こんばんは、ご丁寧にありがとうございます。
私の方こそ、せっかくお越しいただいたのに何とも愛想のないコメントで恥ずかしいばかりです。

実は入潮さんのブログとサイトは以前から時々拝見していて、膨大な量の史料を研究されていて知識の深い方だと知っていましたので、浅学な私はコメントをいただいただけでかなり緊張してしまったのでした。

その後の情報で、東京でも帆船あこがれの東京出港式に関連するイベントと、規模は解りませんが他にも榎本さん関係の催しがあるらしいことが解りました。都合がつけばそれに合わせて上京し、縁の
地を巡る事ができれば、と思います。

何分不勉強ですので、今後もいろいろとご教授いただければ幸いです。





コメントを閉じる▲
なんかね…溜まってます。

何がって、もういろんな事が。
見なきゃいけないビデオとか、読まなきゃいけない本とか、書かなきゃいけない感想とか、
建てなきゃいけない旅行計画とか、放ったらかしの家事とか、ストレスとか…。
溜まらないのはお金だけ(^^;

やらなきゃいけない事いっぱいあるにも関わらず、なーんか脱力感。ぐだぐだしている毎日です。
どげんかせんといかん…。


また「その歴」を見逃してしまいました。(本当に見る気があるのか!?)
今回は河井継之助さんだったのに…。

「その歴」つながりで、榎本さんの漫画を紹介。

その歴

NHKその時歴史が動いた―コミック版 (幕末回天編) (ホーム社漫画文庫)
(2005/02)
NHK取材班、たかや 健二 他

商品詳細を見る


NHKで放送された「その時歴史が動いた」のコミック本です。
幕末関係は他に「幕末編」「幕末・開化編」「幕末・激動編」「新選組・龍馬編」などがあります。

「榎本武揚、箱館戦争終結の決断」というタイトルで、オランダに留学してから、国際法を学んで帰国し、箱館戦争の際もその国際法を使って諸外国の公使たちとわたり合い、戦後、明治以降の活躍までが漫画で簡潔にわかりやすく描かれています。
テレビで放送された時は、「外交立国の志いまだ死なず」というタイトルで、榎本さんの外交能力を前面に押し出していたと思うのですが、このコミックの方はそれだけでなく、ふがいない慶喜さんや幕軍に怒る熱く、べらんめぇな江戸っ子の榎本さんです。しかも男前に描かれているし。(蝶ネクタイが写真と同じ水玉だったのが密かにツボでした。こ、細かい)

この巻に収められているのは他に
 「検証 桜田門外の変」
 「大村益次郎、彰義隊撃破の時」
 「大江戸発至急便 黒船あらわる」
 「勝海舟 江戸城無血開城の実現」
 「江戸か大阪か?大久保利通の大改革」
です。

その回ごとに1人、あるいは1つの事件を取り上げているので、どうしても視点が一方的になりがちで、その人物の良いところだけしか描かれてなかったりしますが、歴史に興味を持つにはとっつきやすくて良いのではないでしょうか。


【2008/03/07 01:22】 | 榎本さん本
トラックバック(0) |

榎本武揚没後100年記念事業小樽実行委員会様のご厚意で、記念事業のポスターとチラシを数部分けていただきました。

enomoto1_20080212174401.jpg


ポスターはB3サイズ、チラシはA4サイズです。(上の写真はチラシです)
榎本さんが渋くてかっこいいです!

拙ブログをご覧の方でご希望の方がいらっしゃいましたら、無料でお送りいたしますので、サイドバーのメールフォームより、ご住所、お名前をご連絡ください。個人の情報は今回の送付以外の目的には一切使いませんので、ご安心ください。
ひと言メッセージなどを書いていただけると、嬉しいですvv

チラシはまだ数部あるのですが、ポスターは残りが少ないので、ポスターとチラシのセットは先着2名様とさせていただきます。

メールお待ちしております(^^)

【追記】
 3月3日21時半時点で、ポスターまだ1部残ってます。
 ご希望の方、メールフォーム、またはコメント欄から非公開にチェックを入れてご連絡くださ
 い。




【2008/03/01 02:30】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |