和魂凡才 2008年04月
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

榎本武揚没後100周年を記念して、東京でシンポジウムが開催される話は聞いていたのですが、
幕末史研究会さんのブログに詳細が発表されていました。

 

 シンポジウム「今、なぜ榎本武揚か」
 パネリスト  加藤寛(千葉商科大学名誉学長、慶応義塾大学名誉教授)
         小倉和夫(国際交流基金理事長)
         M・ウィリアム・スティール(国際基督教大学教養学部長)
         佐藤優(起訴休職外務事務官・作家)
         
 司   会  高成田享(「朝日新聞」元論説委員・石巻支局長)
 日   時  2008年7月11日(金)
         午後6時開場 午後6時30分開会(約2時間)
 会   場  日本プレスセンタービル10階 ABCホール
         東京都千代田区内幸町2-2-1
 入 場 料  1500円(予定)
         *事前予約(定員300名)自由席
 申込・問合  藤原書店 162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町523
          電話03-5272-0301 ファクス03-5272-0450
          info@fujiwara-syoten.co.jp
 主   催  榎本武揚没後百周年事業東京実行委員会 藤原書店



先日発売された「近代日本の万能人 榎本武揚 1836-1908」の刊行記念でもあるようです。
毎度他力本願ですが、行かれる方、レポお待ちしておりますm(__)m

【5/24 追記】
当初パネリストとしてお名前が挙がっていた高橋雄造さん(元東京農工大教授)は、ご都合で出席されなくなったそうです。
信天翁337様、情報ありがとうございました。



スポンサーサイト

【2008/04/29 12:15】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |

ついに…!
高松飛鳥
ついに東京でもですか!
私はこちらでいっぱいいっぱいで、なかなか新情報をゲット出来ません…
切ない…

函館でのイベント発表はいつになるやら(涙)


香音里
高松さん、こんにちは。
函館で地震があったようですが、大丈夫でしたか!?
五稜郭で桜が満開という記事を見ました。こちらとはほぼ1か月違うのですね。

ついに東京もイベントが発表されましたね!
函館の博物館の展示についての記事をちょうど書こうと思っていたのですが、函館のイベントで発表されているのは、まだこれくらいでしょうか…。
でも、待つ分だけ内容が濃いかも。期待しています!

管理人のみ閲覧できます
-



信天翁337
高橋雄造(元東京農工大教授)先生はご都合が悪くなり、欠席されるそうです。

>信天翁337様
香音里
情報、ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
北海道新聞の記事より

榎本さんゆかりの小樽・龍宮神社で、没後100年祭に合わせて新しいしめ縄作りが行われたそうです。

 記事はこちら → 北海道新聞

6月の記念法要の時には、この立派なしめ縄が拝めるのですねvv



【2008/04/28 23:59】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |
「近代日本の万能人 榎本武揚」ポチっとしましたが、一緒に5月発売の本を買ったので、届くまで少し時間がかかりそうです。
藤原書店のサイトの4月の新刊のところに、詳しい目次が載っています。

花粉症で困っています(TT)
私はどうやらヒノキの花粉の方にアレルギーがあるようで、毎年この季節になると鼻から喉に来て咳が止まらなくなり、耳に来ます。気候的に一番過ごしやすい季節ではありますが、うー、早く過ぎて欲しいです。。。

GWに突入しましたね。
前半は飛び石なので特に何も予定はないのですが、3日から始まる後半は3日にミュージカル2本をハシゴ、4、5日は実家に引っ越しの手伝いに行く予定です。実際の引っ越しは5月中旬なのですが、両親も高齢なので、引っ越し後もしばらくは手伝いに行かねばなりません。
その後は法事があったりで、6月の旅行まであっという間に過ぎてしまいそうな気がします。

先日、旅行の予定をたてようと会社の休憩時間にガイドブックを見ていたところ、同僚の女性に見られていて、「北海道に行くの?いつ?」と尋ねられたので、「6月に…」と言ったところ…
御親切に6月の飛行機のチケット代や空席状況を調べ、プリントアウトして持ってきてくれました。更に札幌近辺のホテルの空きまで調べてくれて…。なぜか異常に興味を持って心配してくれて、事あるごとに「もうチケット取った?」とか「ANAで○○円だったわよ」とか言ってくれるんです。「私がツアー組んであげよっか?」と言ってましたが、まさか本気…?
確か、「もう予約しました」って言ったと思ったんだけどな。
まぁ、ありがたい話なんですが、困るのは大きな声でその話をしてくれる事。
有給休暇を取る時の理由に「旅行」と書けないので、「法事」にしようと思っていたのに、バレバレじゃないですか(^^;
いえ、確かに榎本さんの没後100年の記念法要に出るのだったら「法事」なんですが。


サイドバーに「榎本さんの相棒といえば?」というアンケートを貼ってから、7か月が経ちましたが、この度初めて土方さんがトップになりましたv(´∀`●)

なんというか…とても意外でした。

私の中では榎本さんの相棒=土方さんっていうのは、この5人の中で一番考えられない人選だったからです。
榎本さんと土方さんは他の4人と違って箱館戦争という短い期間しか接点がないし、やはり毛色が違います。お互い認めていたかも知れませんが、「相棒」という感じではないなーと思っていたのです。
だから、このアンケートを作る際、選択肢を5人にしようと思って、タロさん、大鳥さん、沢さん、黒田は決めていたのですが、あと1人誰にしようと考えた末、やっぱり有名だし、ドラマの影響もあるかと思って最後の1人を土方さんにしました。
序盤はタロさん、大鳥さん、黒田が優勢で土方さんは一番票が少なかったので、「やっぱりなー」と思っていたのですが、ここにきてどんどん票を伸ばし、大鳥さんを抜いてトップになりました。今日また大鳥さんと並びましたが、今後の成り行きを見守っていきたいと思います(笑)

昨日、録画でいっぱいになったハードディスクを整理しようと見ていたら、ずいぶん前に録画して放置していたニッポン旅x旅ショーの函館の回があったので今更ですが見ました。ほぼ1年前に録画したものです。放置するにもほどがある(汗)
五稜郭タワーに行っていましたが、やはり「五稜郭といえば土方歳三ですよね~。」って言ってました。五稜郭といえば総裁の榎本さんのはずなのにィ~。(土方さんもすごく好きですけどね)
「榎本武揚と共に蝦夷共和国を樹立」って写ってた写真、タロさんだったし。
しかも「共和国は2週間の短命に終わる」ってΣ(゚Д゚*) いつからいつまでの2週間だよ!?
さらにびっくりしたのは、函館出身のタカ&トシが「こんな歴史があったって知りませんでしたね」って言っていた事。意外と地元の人って知らなかったりするのでしょうか…。「トシ」のくせに(違)

まぁ、こんな感じでだらだらと過ごしています。


【2008/04/27 08:05】 | つぶやき
トラックバック(0) |
本日発売です!

近代日本の万能人 榎本武揚近代日本の万能人 榎本武揚
(2008/04/23)
榎本 隆充

商品詳細を見る




写真はまだどこにもアップされていませんね。
ええ、ポチっといきますとも。

で、大鳥さんの評伝本ですが…
古本屋さんの方でポチっとしてしまいました。

話は変わりますが、キャンセル待ちしていた小樽旅行の航空券が取れそうです。
ちょっと無謀な旅に挑戦してしまうかも…です。


【追記】
写真アップされました!
7月11日(金)の東京でのシンポジウムのチラシ(?)の写真なんかも載ってたりします。
え、でもまだ予約受付中だったりする…?







【2008/04/23 00:38】 | 榎本さん本
トラックバック(0) |


まやこ
香音里さん、こんばんは。
榎本さんの伝記、ポチされましたか?
お読みになったら、ぜひ感想を聞かせてくださいね。

Amazonにシンポジウムのちらし?が載るとはちょっと吃驚です。(藤原書店のサイトにもシンポジウムの案内が載っていないのに…)
わたしはもちろん行くつもりです。


香音里
まやこさん、こんばんは。

他にも買いたい本があったので、これからポチっとするところです。
藤原書店のサイトもようやく更新されて、詳細が載っていますね。早く読みたくなってきました(^^)

シンポジウムのチラシ?の件は、私もAmazonでこういうのは初めて見ました。
行かれたら、またお話聞かせて下さいねっ。


コメントを閉じる▲
先日、4月発売の榎本さんの評伝本をご紹介いたしましたが、タイトルは

「近代日本の万能人 榎本武揚」

が正しいようです。
訂正してお詫びいたします。以前の記事の方も訂正いたしました。
bk-1でも訂正されています。
e-hon他でも予約が始まりました。
発売されたらポチっとしたいと思います。



【2008/04/19 22:15】 | 榎本さん本
トラックバック(0) |
FC2ブログでもやっとニコニコ動画が簡単に投稿できるツールができました。
これができたら、ぜひ紹介したいお気に入り動画があったのです。

「榎本でしょでしょ?」



再生をクリックすると音が出ますのでご注意ください。
もと歌は「涼宮ハルヒの憂鬱」の主題歌「冒険でしょでしょ?」です。
もと歌知らなくてもすごくよくできた作品だと思いますが、もと歌を知っていたらより面白いですvv







【2008/04/18 02:30】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
先日、「4月発売のめっちゃ気になる本」を紹介しましたが、他にも気になる本があります。


侍たちの異郷の夢侍たちの異郷の夢
(2008/04/22)
三好徹

商品詳細を見る

副題に「長崎幕末物語」とあるように、幕末の長崎海軍伝習所が舞台の小説のようです。



samurai.jpg
サムライたちのメキシコ―漫画メキシコ榎本殖民史
(2008/04)
上野 久、木ノ花 さくや 他

商品詳細を見る


日本で初めての中南米への殖民、「榎本殖民団」としてメキシコへ渡った明治の青年たちと、その後の殖民地を舞台に、力強く生き抜いた日本人の軌跡を描いた漫画。

榎本殖民団とはつまり、榎本武揚が推進したメキシコ移民団のことです。
人口増加の解決策として、日本殖民協会を設立し、明治30年に初めてメキシコに移民団を送るのですが、資金不足や事前の調査不足などですぐに崩壊します。
その後、残った移民たちは苦労を重ね、艱難を乗り越えて「日墨共働会社」を設立し、開拓事業を展開して行きました。
事業としては失敗でしたが、こちらも「サムライたちの異郷の夢」だったのでしょうね。

京都の国際マンガミュージアムが発行したオリジナル漫画だそうです。
関連記事はこちら → 京都新聞









【2008/04/17 23:59】 | 榎本さん本
トラックバック(0) |
早いもので、4月も半ば。6月の榎本さん没後100年小樽記念事業まであと2か月ちょっととなりました。
姑は最近とても元気になり、来週末に別の病院に転院することになりました。介添えなども今よりは楽になりそうです。
今の状態なら大丈夫だろうという事で…小樽、行きます!

さて、どう予定を組もうかと思っていたところ、小樽実行委員会様のサイトで、遠方から来る人のために「お奨めツアー」を紹介して下さっているので、ぜひ参考にさせていただきたいと思います。
こちら → 榎本武揚没後100年記念事業小樽実行委員会サイト

龍宮神社の記念法要はどなたでも参加OKという事になったようです。

榎本さんが学会に紹介したと言われている「手宮洞窟」も見てみたいし、旧ウォール街や旧日本郵船の歴史的建造物も見てみたいし、ガラス工芸品やスイーツのショッピングだってしたい!
ただいま計画を練っています。
こんなところどう?とか、ここのお寿司屋さんが安くて美味しいよとか、いろいろと情報お待ちしております。(他力本願です~・汗)


********* ブログ拍手コメントお礼 **********

4/12 2:30頃拍手コメントいただいたK様

ありがとうございます。小樽へ行けそうです。
K様も小樽へいらっしゃるのでしょうか?
私もぜひ榎本さんファンの皆さんとお会いしたいと思っています。
記念法要とか交流会でお会いできるかも…です。







【2008/04/12 23:24】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |

こんばんは。(^ー^)
ゆらり
香音里さん、お久しぶりです。
もしかしたら、こちらでは初コメントかもしれません。
お姑さんの具合も落ち着き、小樽に行けることになって良かったですね♪♪
私も若いころに行ったきりですが、小樽は北海道の中でも大好きな街です。
数々の記念事業とともに観光&グルメも満喫してきてくださいね♡


香音里
ゆらりさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。本宅をすっかり留守にしているもので(汗)
小樽も函館も10年前にツアーで駆け足で行ったので、もう一度ゆっくり行ってみたいと思っていました。家族が健康でいてくれることを願うのみでございます~。
ゆらりさんも、腰の具合が良くなられたようでよかったです。
再開されたブログも楽しみにしています(^^)


コメントを閉じる▲
4月10日の小樽ジャーナルより

榎本武揚像建立に協力を!没後100年事業実行委 
 榎本武揚没後100年記念事業小樽実行委員会(三山雅弘実行委員長)は、榎本が建立した龍宮神社境内に記念像を建てるため、市内から全国へ「榎本武揚像建立ご奉賛のお願い」に回っている。

 没後100年記念事業の一環で、小樽発展に尽力した榎本武揚の功績を称えるため記念像建立を計画した。記念像建立と6月21日(土)の記念祭とで、奉賛目標額は1,500万円。

 同実行委員会では、現在500万円集まっているが、像建立予定の9月26日(榎本武揚の命日)頃にはなんとか集めたいと、多くの人の協力を求めている。記念像のポーズはまだ未定だとしているが、龍宮神社の社殿脇に「榎本武揚像建立ご奉賛のお願い」と、像のイメージを添えた看板を立ててPRしている。



本当に微々たる金額ではございますが(汗)、私も先日募金させていただきました。
ポーズはまだ未定との事ですが、立像ですよね…。
既存の榎本像は晩年のお姿が多いようですので、もう少しお若い頃がいいかなぁ、と個人的には思います。
イメージを添えた看板の写真はこちら → 小樽ジャーナル

奉賛の募金は「榎本武揚没後100年記念事業小樽実行委員会」までお尋ねください。


【2008/04/11 00:00】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |

大鳥さんの評伝本が発売されましたね。
もう、ホントにAmaz●nは写真のアップが遅いです~。
ってことでbk-1でご紹介。

ootori1.jpg   「評伝 大鳥圭介 威ありて、猛からず」
    高崎 哲郎著
    税込価格 : \2,625 (本体 : \2,500)
    出版 : 鹿島出版会
    サイズ : 20cm / 296p
     ISBN : 978-4-306-09389-8
    発行年月 : 2008.4



ところで、めっちゃ気になる本は大鳥さんの評伝ではありません。
(大鳥さん、ごめんなさい)

bk-1で予約が始まりました。

no_img.gif    「近代日本の万能人 榎本武揚1836-1908」   
    榎本隆充編
    高成田享編
    税込価格 : \3,360 (本体 : \3,200)
    出版 : 藤原書店
    ISBN : 978-4-89434-623-9
    発行年月 : 2008.4



でも、ブックサービスの方では「近代日本の万能人 榎本武揚」ってタイトルになってるんですよね。
どっちが正しいのでしょう?
正しいタイトルが解ったら書き直しますね。フライングですみません。

ちょっと興奮状態なもので。
これはやはり没後100年という事で発行されたんでしょうか。
大鳥さんに続いて評伝が発行となるとチーム箱館好きには嬉しいですが、
懐はかなり寒い状態になりそうです…。

<訂正 4/19>
タイトルは「近代日本の万能人 榎本武揚」が正しいようですので、訂正させていただきました。
すでにbk-1の方でも訂正されています。
やっぱりフライングでしたね(汗)












            


【2008/04/10 01:48】 | 榎本さん本
トラックバック(0) |


はな。
榎本さんの本も今月でしたかっっ♪
・・・・とはいえ、わたしもお財布が嬉しい悲鳴気味です(笑)。
大鳥さんの本だけ紹介済なので、榎本さんの本も
紹介しなくては!
箱館五稜郭ズ、風雲急を告げております(笑)。


香音里
箱館五稜郭ズ、土方さん、大鳥さん、榎本さんと来て、次は松平タロさんあたりどうでしょうかー!?
榎本さんの伝記は隆充さん編集になってますので、ご子孫ならではの未出のエピソードとか写真とか期待しています!
今年は本当に榎本さん祭りの年ですね♪



まやこ
香音里さん、こんにちは。
武揚さん、大鳥さんの新たな評伝が刊行されるんですね!

チーム箱館のメンバーを含めて、幕末人を取り上げた本は"史実を元にしたフィクション"の多さに比べると史実を忠実に書いた本が少ないと思うので、このような評伝が刊行されるのはうれしいです。
わたしにとってはどちらも購入するにはちと高いので(汗)、いつも使っている図書館にリクエストしてみようと思っています。

話は変わりますが、土方さんファンになって間もない頃、彼の「伝記」や「評伝」を探しました。
彼の生涯を取り上げた本はあっても、「伝記」や「評伝」と呼べる本が全然ないのに驚いた覚えがあります。


香音里
まやこさん、こんにちは。

確かに評伝本は小説などに比べたら高いですね。私も榎本さんのは手元に置きたいので購入するつもりですが、大鳥さんの本はちょっと迷っています(^^;

土方さんは若くして亡くなったし、新選組の活動期間も短かったので土方さんの生涯=新選組史みたいなところもありますよね。
私は土方さんファンになってすぐの頃、「土方歳三のすべて」という本を読んで、「どこがすべてやねん!」とつっ込んだ覚えがあります(笑)

コメントを閉じる▲
TBSのクイズ番組の解答の件で会津若松市が抗議文を送った事について、更新をさぼっている最中も気になっていたのですが…。
TBSから会津若松市に、謝罪放送をするとの連絡があったそうです。
8日午後0時53分ごろの全国ネットで番組の間に、アナウンサーが謝罪文を読み上げるとか。

私自身はこの番組を実際に見ていなかったので、どんな放送の仕方だったか解らないのですが、以前この手の番組で、会津藩が降参したのも、白虎隊の悲劇もすべて土方さんが会津を離れたからのような描き方をされて憤慨した覚えがあります。
今回の件の「鶴ケ城の開城は糞尿が溜って不衛生だったから」というのも確かに史料として残っているそうなのですが、番組を面白おかしくするために、それが開城の理由のすべてのように編集したことに問題があります。
そりゃ、会津の人(会津の人じゃなくても)怒りますよ。
こういう歴史のクイズ番組なんて、必ず時代考証する人がいると思うのですが、OKだったのでしょうか。

しかし、どうしてこの時間帯に謝罪放送をするんでしょうね?
実際にその番組を放送していた時間帯に謝罪しないと意味ないと思うんですが。

最近こんな安っぽいクイズ番組、バラエティ番組が氾濫しています。
出演者もだいたい同じ顔ぶれ。おバカを売り物にしたり、派手なリアクションができる軽い芸人ばかり。
真面目な歴史番組とか作ろうと思ったら、お金がかかるんでしょうか。
バラエティ番組のにぎやかしのタレントのギャラよりも?
番組改編のこのシーズンの特別番組にもうんざりしています。
どうか視聴率を取ることばかりを考えないで、もっと真摯な番組作りをお願いいたします。


【2008/04/07 23:14】 | つぶやき
トラックバック(0) |
今日は久しぶりにお出かけです。

大阪南港のオズ岸壁で帆船「あこがれ」の内部を一般公開していたので、それを見にいってきました。

「あこがれ」はこの夏、榎本武揚没後100年記念事業に招聘されて、開陽丸の航跡をたどり、江戸(東京)から石巻、宮古、函館、江差に寄港し、榎本さんゆかりの地小樽まで航行します。

akogare1.jpg

まずは腹ごしらえ、と先にお弁当を食べるために前を通り過ぎようとすると、スタッフの方が
「見て行ってや~」と言うので、
「後でまた来るわ」と言うと愛想で言ってると思ったのか、
「そう言わんと先に見てから行ってや」と言うので、
「今日はこれ見に来てんやん」と言うと
「ありがとう~!!」って。
あぁ、「あこがれ」って大阪の船なんや~とつくづく思った瞬間でした(笑)


残念ながら、今日は帆が張られていませんでした。
本当は船内はもう少し広いのでしょうが、船内は見学できる箇所が決まっていたので狭く感じましたが、とてもきれいに掃除されていました。
キャビンは狭い船室に2段ベッドが6つ。かなり狭いです。もしこんな部屋に脱走軍の兵士たちが詰め込まれたら、さぞむさ苦しかろうと思いました。いや、開陽丸なんか、乗っていた人数も多かったでしょうし、風呂にも入っていない、垢じみた男たちばかりだったでしょうから、もっとむさ苦しかったのでは…などと想像してしまいました。

「あこがれ」は乗員10名、訓練生等40名、最多でも79人定員でそんなに大きくない船です。ブリッジも食堂や調理室などもこじんまりした感じでした。
見学できない場所がけっこう多かったのでちょっと残念。

akogare3.jpg


船の中でいただいたパンフレットに、没後100年事業の航海の事や、その際のセイル・トレーニングのスケジュールも載っていましたが、「あこがれ」のHPで確認したところ、ほぼ満席でキャンセル待ちの状態のようです。
見学後、スタッフの方に大阪では100年事業に関するイベントなどは無いのか尋ねたところ、「予定は無い」との事でした。東京が出航地になっているので(榎本さんは大阪から乗船していないので)、仕方ないようです。
その時、スタッフの方に「ほら、(榎本さんが)勝海舟ほど有名じゃないでしょう…」と言われて、「うっ」と詰まってしまった自分が悲しい…。いや、私の中では勝センセの何十倍も大きな存在なんですけどね。世間的には勝センセの方が有名なんですよね…。
「でも、もしかしたら講演会とかあるかも」なんて、かすかな期待を持たせてくれるような事を仰って下さいましたが、かなり望みは薄そうです(泣)

そうそう、私が下船しようとした時、沖田と土方が乗って来ました。
って言っても「銀魂」の真選組の沖田と土方でしたが。
どうやら、この日ATCでコスプレのイベントがあったらしく、辺りは銀魂やブリーチやらセーラー服のコスプレをした人でいっぱいでした。コスプレ衣装のまま「あこがれ」の見学してる人もけっこういましたよ。

東京の出航の際には、もちろんフルセイルで出航するんでしょうね。次はぜひ帆を張った「あこがれ」を見てみたいです。


追記を閉じる▲

【2008/04/06 23:50】 | 榎本武揚没後100年関係
トラックバック(0) |


ままこっち
「あこがれ」の3本マストが、開陽に見えて仕方ないです・・・(号泣)
各寄港地でのイベントが成功することを祈っています。東京ではやらないのかな・・・




香音里
ままこっちさん、こんばんは。
まだ正式発表はされていませんが、東京でも出航式、ほかのイベントが企画されているようですよ。楽しみになってきましたねーo(^^o ) ( o^^)o
大阪でもわずかな望みが…あって欲しいです。


コメントを閉じる▲
すっかり更新をさぼっている間に、桜は満開でございます~。

ここ数週間、仕事と病院に行く以外はずっと家に引きこもっています。
せっかくの春だというのに!!
年のせいにしてはいけないんですが、この年になると連れがいないとなかなか一人で出かける元気がなくて…。好きだった観劇も最近足が遠のいています。

せっかくの久しぶりの更新ですが、愚痴です。
それも、かなり個人的にぐちってますので、嫌な方はスルーしちゃって下さい。
姑の入院している病院から歩いて行ける距離のところで、新選組の芝居が上演されるので、病院の帰りに当日券で観に行ってみようかと思っていたのですが…。
食事の介添えをして、面会時間終了の6時半に病院を出たら開演に間に合います。その後観劇に行くなんてそぶりは全く見せなかったつもりなんですが、今日の姑は異常に勘が鋭く、なぜか6時半近くになって説教が始まりました(TT)
何の話からそんな話になったのかは覚えてないのですが、
「私の若い頃は一生懸命働いていたから、行きたいところにも行けなかった」と。

説教は昔からの事なんで、気にせずに行けば良かったんですが、介護していても姑が「何をして欲しいのか」解ってあげられないもどかしさや、後ろめたさのようなものがずっとあって。
息子であるダンナにはわがままを言うのですが、やはり嫁には気を遣うらしく、何かをして欲しいらしいのですが、私にはそれが解らないのです。
「どうして欲しいの?」と聞くと「どうしたらいいと思う?」と言われるし、「○○する?」と聞くと、何か言おうとして結局言葉が出ず、「頭がこんがらがって解らない」と言われてしまいます。
最近体調の良い日はかなりお喋りするようなり、ダンナは姑が何を言いたいのかなり解るようになったらしいのですが、私には解ってあげられない。何をしてあげるべきなのか、もっと気を働かせなきゃいけないんでしょうが、コミュニケーションをとるのも下手で…。姑もそれに対して明らかにもどかしさを感じているようなのです。実の親子でも何を考えているのか解らないという昨今、所詮は他人だし、無理なのかなとも思うのですが、それでも「●●ちゃんはよく頑張ってくれる」なんてダンナに言ってくれるのを聞くと申し訳なく思ってしまうのです。

そんなこんなで、自分の無力さを感じてブルーになってしまい、なんだか観劇する気分じゃなくなって帰って来ました。

榎本さんの奥さんの多津さんは偉いなぁと、いつも思ってしまいます。
結婚したら婚家に入って舅姑に尽くすのが当たり前だった時代ではありますが、結婚して間もなく幕府が瓦解して開陽に詰めっぱなしで家に帰って来ず、その後戦争、入獄してずっといない榎本さんに代わってお母さんを看病し、看取ったのですから。
お義姉さんにも気を遣ったでしょうし、慣れない婚家でどんなに心細かったでしょう。
逆賊の家族だと白い目で見られて肩身の狭い思いをしたかも知れません。

榎本さんが獄中から多津さんに宛てた書簡の中に、お母さんが亡くなった時そばにいられなかった自分に代わって、多津さんが親孝行してくれた事に対する感謝の気持ちを綴った書簡があります。
ずっと離れて暮らして苦労をかけている妻に宛てた、感謝と身の上を案じる愛情のこもった手紙です。
自分も大変であろう獄中からこんな手紙を貰ったら、今までの苦労なんか忘れちゃいます。

多津さんは賢妻の誉れ高い女性でした。
多津さんのようには無理だと思いますが、ま、ぼちぼちと頑張って行くしかない…ですね。
姑には小樽に行く事はもちろんナイショにしています(^^;










追記を閉じる▲

【2008/04/05 23:59】 | つぶやき
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。