和魂凡才 2009年07月
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩御飯はすきやきでしたー。

001.jpg


なんだか、ちょっと嬉しい♪



スポンサーサイト

【2009/07/31 01:53】 | つぶやき
トラックバック(0) |

美味しそうです♪
はな。
きっとフツーの肉とさほど変わらないとは
思いつつも、
この名前の牧場牛だとたいへんスペシャル♪に感じます(笑)。


はうっ!
高松飛鳥
何ですか、この牧場!

なんてナイスな…きっとろまんちな香りがしそうな名前。

いいなぁ~
Koto
今の所、うちの近所では見かけないです…
売っていたら、ちょっと高くても買うんですがv-17


>はな。様
香音里
実は買う時には全然気がつかず、ラップをはずす時に気が付きました。
とたんになんだか、付加価値がついた気が…。
お味の方はいたってフツーでした♪

牧場経営
エノカマ
榎本さんだったら、普通に牧場経営できてもおかしくないですからね。
副業に炭鉱持ってたりするかも(笑)

>高松飛鳥様
香音里
ろまんちさんとは関係ないと知りつつも、なんだかちょっと嬉しいです。
「北辰社牧場」よりも「ろまんち」な香りがします。

>Koto様
香音里
私が買ったのは某○ルフールでした。
でも、きっと他にもたくさん出荷されていると思います。
実は夕方も遅くに買いに行ったので、赤札だったのですがっ(汗)

>enokama様
香音里
実際に「北辰社牧場」を経営してましたしね。
最盛期には牛が4、50頭もいたそうなので、十分やっていけますね。

>副業に炭鉱持ってたりするかも(笑)
あり得そうです(笑)



コメントを閉じる▲
現在、「横浜開港150周年記念テーマイベント 開国博Y150」の黒船体験ツアーで横浜に係留中の「観光丸」が神戸にもやってきます!

「観光丸」は1855年にオランダ国王ウィレム3世から徳川幕府に献上された蒸気船です。
旧名スームビング号。
長崎海軍伝習所で練習艦として使われました。
榎本さんも勝さんも矢田堀さんも、み~んなお世話になりました♪

現在の「観光丸」は普段はハウステンボスで就航してます。もちろん復元船ですが、国立アムステルダム海事博物館所蔵の設計図面と模型を基に、オランダのハウスデン市にあるフェロルメ造船所に発注され、当時の姿になるべく近いかたちで復元・建造されているそうです。

今回ちと残念ながら、「幕府海軍の練習艦として使われた」ではなく、長崎県が主催で「来年の大河ドラマの主役・龍馬のゆかりの地に幕末の船が寄港する」というイベントで各港に寄港するようです。

寄港地は8月13日(木) 神戸
         16日(日) 広島
         18日(火) 松山
         22日(土) 福岡


船内ツアーをはじめ、長崎学の講座、龍馬関係のミニ展示ほかのイベントが催されます。参加体験はすべて無料。

神戸にも来る!と喜んだ次の瞬間、「平日やん…」とがっくり。
世間はお盆休みの真っ最中ですが、ウチの職場はお盆休みないんです~。
前の週に休暇とるから、続けては無理だし…ってことで諦めマス(T T)

興味のある方はどうぞ → こちら


【2009/07/26 13:44】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |

観光丸!!
Koto
私も、函館旅行明けの第3期に、乗船体験しに行く予定ですv-232
その後、9日には、自分達の幕末イベントで開陽に乗り込む予定で…v-229
8月第2週は、榎本艦隊尽くしになるでしょうv-10

函館旅行ですが、初日は飛行機の関係で、夕方着なのですv-233
夕方だと博物館の類はみんな閉まっちゃってるかと思いますので、鷲の木に行こうかと…
迷わない様、函館ガイドブックも買いましたv-87
現地に友達でも居れば良いんですけどね;;

と。
人様のブログで私事を展開させてしまい、失礼しましたv-12

良いですねェ~
香音里
榎本艦隊尽くし、良いですね~。
ぜひ、楽しんで来てくださいね♪

夕方に函館についてから、鷲の木に行かれるのですか?
ちょっと距離があるみたいなので、気をつけてくださいね。
私もいろいろと考えているのですが、行きたい所が多すぎて困っています。v-292


やっぱり・・・・。
高松飛鳥
観光は、函館までは来ないのですね・・・(涙)
見たいのに・・・

今箱館には「日本丸」が着ていますが、たまには黒い帆船も見たいです・・・(ロシアの帆船も船体黒いけど・・)
もしくはオランダの帆船・・・(更に無理!!)


おそらく・・・
香音里
龍馬は蝦夷地の開拓を目指していたけれど結局行けなかったし、
何より、観光丸が横浜から長崎に帰るルートに入っていないからでしょうね。
(この4港もけっこうこじつけな感じが…)



コメントを閉じる▲
先日の連休最終日、寝る前に頭痛がひどかったので、頭痛薬を飲んで寝ました。
寝る前に飲まないと、朝起きた瞬間から前日の続きで痛いので。寝ている間に治そうと思ったのです。

翌朝目が覚めると、めまいがして起き上がれませんでした。
どうやら、薬と冷房のせいのよう。
頭痛薬は解熱作用もあります。
もともと低体温の私。解熱剤飲んでクーラーかけて寝たら、そりゃ低体温症になるわな…。
何とか起きて、動いて食事しても体温は35.7度。
ふらふらしてましたが、3連休の翌日に休むわけにはいきません。
何とか出勤して、ようやく昼すぎに少し元気になりました。

先日トムラウシで遭難した方々の死因はみな凍死だったそうです。
夏でも急激な気温の低下などで体温が下がり、動けなくなったのでしょう。
今回の事で、体温が下がると動けなくなるという事を身をもって知りました。
朝起きたら体が冷たくなって動かなくなっていたなんて事がないように、空調や薬を服用するにも気をつけなければと思いました。


前のエントリで「JIN」のキャストを書いたせいで、かつて拙ブログではなかったほどの大量のアクセスがあり、驚いています。
演じる俳優さんのファンもたくさんいらっしゃるでしょうが、原作のファンもかなり楽しみにしている様子。
さて、先日書いた「人形の首を手の平に載せて微笑む女」Mちゃん。
彼女も職場で「JIN」を回し読みしている一人なのですが、「専門用語、難しいから飛ばして読んでる」とのこと。
「あぁ、医療用語は難しいもんね」と言うと、
「ううん、飛ばしてるのは歴史の専門用語」…って、そっちかい!!

歴史はチンプンカンプンなんだって。
龍馬とか西郷さんとか有名な人物は知ってるけど(勝海舟は知らなかった…)、何をした人かは知らないし、「歴史上の事件とか、一切知らない」らしい。
う~ん、しかし「JIN」から歴史の部分を取っちゃったら、面白さ半減すると思うんですけど(^^;


話は変わりますが、昨日は歯医者さんの最終日でした!
今度こそ本当に終わりであって欲しいです(^^)
麻酔注射の最中に携帯が鳴りました。マナーモードにしてなかった私が悪いのですが、先生が「どうぞ」と仰るので電話にでたところ、勤め先のリーダーでした。
「有給休暇の届け出してくれてたよね?見当たらないんだけど」と。
出しましたとも!1か月前に出さなきゃ、グチグチ言われるんだから。それできっちり1か月前に提出したのに。
結局7月分のところに混じってたそうなんですが、提出してからすでに2週間経ってるってのに放置されてるんじゃ、1か月前に出させる意味あるのか!?

まぁ、無事有給休暇もとれそうなので、8月にちょっと旅してきます。
これから計画を立てないといけないので…ちょっと更新滞るかも、です。

それと、紹介が遅くなりましたが、新たにリンクさせていただきました!

「エノカマの旅の途中」
 エノカマ様のブログです。
 幕末だけにとどまらず、歴史関係の記事と旅行記がたくさん読めます。
 特に中岡慎太郎にはお詳しいです。
 なによりお名前がステキ♪

「イラストでもふもふ♪日記」様 
 五稜郭で榎本さんに一目ボレしたというKoto様のブログです。
 美麗なイラストが見られますよ~。
 もう、榎本さんカッコよすぎ❤
 本のレビューも楽しみなんです。

ぜひ、行ってみてくださいね。
 
 


【2009/07/23 00:05】 | つぶやき
トラックバック(0) |

NoTitle
ゆらり
香音里、こんにちは。(^-^)
歯医者さん、無事終了、おめでとうございます。

実は私も頭痛がひどくて(今日も仕事をサボってます)、夜寝る前に鎮痛剤を飲むことが多いんです。
もちろん冷房も。
そしたら、おととい、一日中ふらふらして、あれっ、私、どうしちゃったんだろう?と不安に思っていたんですが、これで謎がとけました!!
体温と血圧が下がっていたんですね、きっと。
きょうから体温め作戦を実行せねば。

健康のことばかり書いてしまいましたが、夏の旅行と「JIN」、楽しみですね♪♪
香音里さんも体に気をつけて、快適で楽しいバケーションをお過ごしください。v-104




NoTitle
まやこ
香音里さん、こんばんは。

低体温は免疫力の低下をまねいて、万病の元になるそうです。
正常な範囲の体温にするには入浴が一番だそうです。
夏はシャワーで済ませがちですが、湯船につかるのが体のためには良いそうです。

話は変わりますが、8月に旅行される予定なのですね。
わたしは懐が寒いので、青春18きっぷを使って、磐田に行こうと目論んでいます。
でも、仕事の関係で実行に移せるかどうかわかりません。

丁寧なご紹介を、ありがとうございました♪
Koto
関連書籍の購入を迷った時は、必ず香音里さんのレビューを参考にさせて頂いておりますv-216
こちらは、気ままなイラストとしょーもないダベリばかりで、お恥ずかしい限りですがv-12
ご紹介に恥じない様、これからも力いっぱい更新して行きますねv-234

体調が優れない様ですが、お体ご自愛下さいませ。
私は8月2日から、函館遠征に向かいますv-233
まだ計画が終わっていませんが、気持ちよく出発出来る様、色々片付けている最中ですv-229

香音里さんの旅行記、楽しみにしてますね~v-232

>ゆらりさん
香音里
こんばんは。
やっと歯医者終わりました~。本当に長かったです(--;

ゆらりさんも頭痛持ちなんですね。
私も片頭痛持ちなので、頭痛薬を飲むのが日常茶飯事になっているのですが、
薬に頼らないように「頭痛になりにくい体質」に変えて行かなければなりません。
昨日、数日ぶりにクーラーをつけずに寝たら、朝までぐっすり眠れました。
(いつも明け方寒くなって目が覚めるんです)
今年は例年よりも暑さが少しマシなような気がするので、
できるだけ冷房をつけないようにがんばろうと思います。

夏の旅行はまた一人旅です。
みんなから、「やっぱりね」と言われてます(笑)
暑い日が続きますが、ゆらりさんもどうぞお体にお気をつけて、
お仕事も遊びも頑張ってくださいね。


>まやこ様
香音里
昔っから低体温で、職場でもみんなが暑がっている中、一人「寒い」と言って長袖着てます。
そのくせ、熱いお湯に長くつかれなくって、すぐ湯船から出るか、ぬる~いお湯にしかつかれません(汗)
ちょっと我慢しないといけませんね。

まやこさんは磐田に行かれるかも知れないんですか。
赤松記念館、私もぜひ行ってみたいです~。
私は新しい榎本像に会いに行くつもりです。
でも同じく懐が寂しいので、小樽には泊まらずに、また車中泊で函館に行こうと思っています。



>Koto様
香音里
紹介が遅くなって、申し訳ありませんでした。
拙ブログは最近、本のレビューはおろか、幕末関係の記事さえまともに書いていない
雑談ブログになっております(汗)

Kotoさんは2日から函館に行かれるんですね。
私は6日に出発して、小樽経由で7日に函館に着く予定なので、入れ違いになりますね。
どちらを回られるんですか?
私もKotoさんの旅行レポ、楽しみにしてます♪


コメントを閉じる▲
某2ちゃんねるなど、ネットでぼちぼち話題に上がってきていますが、本来は明日(もう今日ですね)発売のスーパージャンプの「早売り」で、「JN 仁」の配役が発表されたそうです。
村上もとか先生のHPでも見る事ができます。

10月スタートでTBS系21時枠だそうです。

「まだ配役見たくない、もうちょっと想像して楽しみたいわ 」という方、ご注意ください。(いるのか?)
    
       ↓

       ↓

       ↓
 

 南方仁・・・・・・・・・・・・・・・・大沢たかお
 野風・友永未来(二役)・・・・中谷美紀
 橘咲・・・・・・・・・・・・・・・・・・綾瀬はるか
 坂本龍馬・・・・・・・・・・・・・・ 内野聖陽
 勝海舟・・・・・・・・・・・・・・・・ 小日向文世
 佐分利祐輔・・・・・・・・・・・・ 桐谷健太
 橘栄・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 麻生祐未
 橘恭太郎・・・・・・・・・・・・・・・小出恵介
 山田純庵・・・・・・・・・・・・・・・田口浩正
 緒方洪庵・・・・・・・・・・・・・・・武田鉄矢
 妙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 戸田菜穂
 鈴屋彦三郎・・・・・・・・・・・・・六平直政



大沢たかおさんかぁ。ちょっと頼りない感じ優しそうですね。
野風さんはぴったりかも。あ、ちなみに二役の「友永未来」なる人物はこの名前では原作に出て来ませんが、仁先生の現代での婚約者の役だそうです。
咲さんは実はもう少し理知的な人のイメージだったんですが、綾瀬さんなら可愛いからOKです。
栄さんが夏木マリさんでなかったのは残念。
山田純庵先生が徳井優さんでなかったのも残念(笑)

龍馬、勝先生はなかなか面白いキャスティングだと思いますが…
緒方洪庵先生!…あれ、こんなところにも武田鉄矢さんが登場~。
いや、髪型(金八)は似てるかも知れませんが(笑)、勝さん以上に洪庵先生ってイメージじゃないよ~。
この時期って、「龍馬伝」もすでに撮影に入ってますよね。
「龍馬伝」の勝さんの出番は少し後になると思いますが、なんか、ややこしいですね。

キャストもなかなか良さそうだし、楽しみです。




【2009/07/22 00:01】 | 映像・舞台
トラックバック(0) |

NoTitle
まやこ
香音里さん、こんばんは。
わたしも昨日のうちに、「JIN」の配役を知りました。
内野さんが、しかも坂本龍馬役で出演なのには驚きました。
来年の大河の方に比べると、相当濃そうな龍馬になりそうです(笑)
武田鉄矢は…勝海舟より緒方先生役の方がまだ年相応ではないかと思います。
それはさておいても、ドラマ「JIN」が楽しみなのには変わりありません。

NoTitle
香音里
まやこさん、こんばんは。

配役を知った時、まやこさん、喜んでるだろうなーと思ってました(笑)
どちらかというと、大沢さんよりも仁先生が似合いそうな気がするんですけど。
栄さんは残念でしたね(笑)
勝さんは、大河よりも期待できそうです♪

1クールだとどこまでやるのでしょうね?
あまり登場人物が多すぎると、幕末に興味がない人がついて来れなさそうですし、原作が完結していないので、ラストがどうなるかがちょっと心配です。



コメントを閉じる▲
昨日、アクセスカウンターが2万を超えました。
すべて、こんな拙いブログにも関わらず、訪れて下さる皆様のおかげです。ありがとうございます。
この先も、恐らくこんな調子でぬる~く更新して行くと思いますが、どうぞ今後もよろしくお願いいたします。

さて、もうそろそろ来るか?という虫の知らせでしょうか、久々にHPを覗いたら今週号でした。
夜遅くに、TSUTAYAに走って買いに行ってきました。

週刊「名将の決断」No.21
meisyou.jpg

やっぱり敗者側でしたー。(だって、勝ってないもんね)
また後で追記します。
取り急ぎ、ご紹介です。


【7/20追記】
・内容については詳しく書きませんが、箱館戦争について起承転結にわけて説明されていています。
特に目新しい事は書かれていません。
・「海律全書」の写真がカラーで載ってます!
表紙が擦り切れていて、けっこう使い込まれた感があります。
オランダ留学時代から、何度も読んでは書き込みをして、大事にしていたんだろうなぁと想像できます。
・多津さんについて書かれたページが2ページあります。

別にどーでもいいことなんですが…この雑誌に使われている榎本さんのイラスト、どうやら例のパーマ写真をもとにしてるようなのですが、なぜこのイラスト?一番「らしくない」写真なのにね。
もうひとつ、どーでもいい事なんですが、なんで榎本さんのページの次が福澤諭吉さんなんでしょか。
因縁?

さて、この「名将の決断」ですが、全50冊で今後幕末関係は島津久光(敗者)、篤姫(勝者)、大村益次郎(勝者)、高杉晋作(勝者)、河井継之助(敗者)、岩倉具視(勝者)、久坂玄端(敗者)、阿部正弘(敗者)、中岡慎太郎(勝者)、近藤勇(敗者)が登場する予定です。


追記を閉じる▲

【2009/07/17 02:46】 | 榎本さん本
トラックバック(0) |


高松飛鳥
確かに敗者(涙)


香音里
仕方ないです(涙)

敗者・・・
まきこ
香音里さん、情報ありがとうございます!
土方さんが載った号も買い忘れている私ですが(汗)、
これも忘れるところでした。
なんか、「敗者」と色分けされているコンセプトに
抵抗を感じるというか・・・。


香音里
まきこさん、こんばんは。
追記すると書きながら、放置してました(汗)
こういう分冊百科的な雑誌も出尽くしている感じがあるので、何か他と違う特徴を出すために「勝者」とか「敗者」に色分けして書かれているのだとは思いますが、簡単に「勝者」「敗者」で割り切れないものもありますよね。

新選組や土方さんはまだ池田屋事件や松前攻略があるから「勝者」になることもありますが、それ以外の旧幕軍は鳥羽・伏見の戦以降は残念ながらことごとく敗者扱いですからね…。


D門氏
エノカマ
こんばんは!
今回は多津さんの記事が目新しかったですね。
気になるのは監修のD門氏の文章なんですが
なんかいつも「それは違う」って感じがするのは
僕だけですかね・・・

「小説 榎本武揚」も考証の間違いが多いし(北垣さん・・・)
坂本・中岡の比較論もトンデモ論です・・・

今後の予定の(敗者)島津久光、(勝者)中岡慎太郎
これはよくわかりませんね(笑)

実は…
香音里
エノカマさん、こんばんは。
実は私もD門さんの文、「なんか違うよなぁ…」と思って記事中に書こうかなとも思ったのですが、大御所に素人の私が偉そうに書くのもどうかと思い、やめました(笑)

文中に何度も「理想」という言葉が出てきますが、あの状況下で「理想郷づくりとか、薩長を主体とする明治政府とは一味ちがう国づくりとかを行おうとしていたのでは」と思えることがすごい。
確かに将来を考えて蝦夷地の開拓なんかも考えていたでしょうが、少なくとも氏が書かれるより、もっと差し迫った現実に目を向けていたと思われるのですが…。目の前の敵とか、軍事力とか、資金とか。

D門氏が書かれた歴史上の人物の評伝(?)、小説(?)の多さには脱帽しますが、あれだけの数の人物伝を書こうとしたら、どれだけ史料を読まねばならないのでしょうね?


コメントを閉じる▲
すっかり雑談ブログと化しています(^^;

上川隆也さんがキャラメルボックスを退団されましたね。
テレビや映画での活躍が多くなってからも、2,3年に1本くらいの割合で劇団公演にも出演されていたのですが、とうとう退団されました。
この退団に関しては、キャラメルボックスの公式サイトにプロデューサーの加藤さんが書かれた文と、上川さんからのメッセージが書かれています。
私が「近藤さんと土方さんのテーマソング」と勝手に思っている中島みゆきさんの「二艘の舟」の歌詞を引用して書かれているメッセージを読むと、上川さんと劇団の信頼関係が感じられます。
退団した俳優の悪口を劇団の広報誌に書く某劇団とはえらい違いです。

上川さんは土方さんを演じた俳優さんとしても知られていますが(…と無理やり幕末系のブログということをアピールしてみる)、劇団公演で悪役を演じていた上川さんのカッコ良さでファンになった私としましては退団はとても残念ですが、上川さんの今後の新たな飛躍を期待して、笑って送り出したいと思います。(って、関係者でもなんでもないけど)
でも、劇団には今後も客演されるとの事で、早速来年のクリスマス公演の客演が決まっています。
楽しみに待つこととしましょう。(さて、チケットは取れるのか?)

さて、上川さんといえば「赤鼻のセンセイ」始まりましたね(もう2回目終わりましたけど)。
大泉洋さんが病院の院内学級の先生を演じていて、上川さんはそこの院長先生です。

何度か書いていますが、私の勤め先は医療機器の商社です。実はこの「赤鼻のセンセイ」にも美術協力しています。上川さん演じる院長先生は、一応白衣は着ているものの、手術シーンがあるわけでも診察シーンがあるわけでもなく、優秀なお兄さんが帰国するまでの「場つなぎ」的院長なので、ほとんど医療機器とは無縁なようですが、ちょっとでも関係していると思うと、なんだか嬉しいです♪

以後、さらに雑談です…。
医療機器と言っても、頭の中に入れる数ミリのネジからレントゲン台などの大きなものまで、いろいろあります。先日、赤ちゃんの沐浴練習用の人形が入荷してきました。この人形、生後数週間目の赤ちゃんの身長と体重と同じ大きさでけっこう重たく、首、手足が動きます。輸入品なので入庫前に検品をするのですが、箱から人形を取り出した瞬間…ごろん


ひぇーっ、首がとれましたーーー!!

∑( ̄Д ̄;)




私、実はこういうのダメなんですー。
新選組が好きでドラマや漫画などは見ますが、首を斬るとか、腕がスパッと切り落とされる場面がすっごく苦手で、血が泡立っちゃう |||||( ̄ロ ̄;)|||||||
人形でもいやーーー!!

スプラッター映画好きの同僚Mちゃんは、その落ちた首を手の平に載せて、「ほら、生首」と微笑んでおりました。
もちろん、そんなに簡単に取れるものではないんですよ。でも何度はめ直しても首を動かすとすぐ取れるので、返品決定です。

そして、その後は頭蓋骨の模型。こっれがまた研究室とか病院で使うものなんで、リアルなんだな(^^;
頭頂部が外れるようになってマス。「織田信長はこれで酒飲んだんだよね~」とか言いつつ検品してると、またMちゃんがやって来て、「頭蓋骨の盃の作り方知ってるよ」って…なんでそんなモン知ってんの?


JIN(仁) 第15巻 (ジャンプコミックスデラックス)
村上 もとか
集英社
おすすめ度の平均: 3.0
3 野風との永遠の別れ


「JIN 仁」の15巻が発売されました。
野風さんは結婚してフランスへ旅立ちます。
そして仁先生は三隅俊斉の罠にはまり、再び牢獄へ入る事になるのですが…。
歴史上の出来事に関わらないでおこうとする仁先生ですが、龍馬の暗殺だけは平静でいられないと思い始めました。龍馬の暗殺に仁先生がどう関わってくるのか、今後が楽しみです。

職場で「おススメの本ない?」と聞かれました。そう言われても、私が持ってる本と言えば男性が絶対読まないようなエッセイとか、あとは幕末本だけ。なので仕事柄「JIN」を貸したところ、数人がはまってしまい、今何人かの間を回し読みされています。
「ドラマ化する時、医療機器はどうするんだろうね?現代のは使えないし…」って、興味はそこ?
普通、キャスティングとかに興味持つと思うんですけど…。

ってことで、密かに職場で「幕末推進運動」実施中です♪





追記を閉じる▲

【2009/07/16 23:59】 | つぶやき
トラックバック(0) |


リョウ
 突然すみません、 僕は土佐っ子のリョウといいます・・、 実は、 今度、 病院で・・、 お笑いライブをやらせて頂くことになったんですけど・・、 決め台詞に使えう龍馬さんぽい台詞がどうしても分からなくて・・、 このままの、 ”平成維新ぜよ!!”のままでも、 意味とか合っていれば・・、 使い方おかしくなければ、 このまま使ってみたいんですけど・・、 もし、 他にいいのがあれば教えて下さい、 よろしくお願いします・・、 あと、 このままで良い時も一言だけ・・、 僕のブログの方に・・(涙) blogs.yahoo.co.jp/yoakezamurai20

『 お~お~、 今日も世の中、 天下泰平じゃ・・、 やけんど、 黒船がおらんきゆうて安心したらいかん・・、 今のうちに、 小さな事からコツコツと・・、 この坂本亭龍馬が言わせて貰うぜよ!!!!!    


 よさこい♪ よさこい♪


 「 僕がいる限り、 お前達の好き勝手にはさせないぞ!!! 」 って、 おっしゃる・・、 戦隊ヒーロー達殿よ!!!

 一番のびのびやっているのは・・、 次から次と襲い掛かって来る怪人達かよ???   いやいや、 違うぜよ・・、 一番のびのびやってるのは・・、 敵を待たせてまで変身ポーズを決めてしまうあなた達ぜよっ!!!!!    

 そもそもじゃ、 変身した姿が個性的過ぎぜよ!!!   ピーコさんのファッションチェックで赤点どころかドクロマーク貰っても知らんぜよぉ~、 平成維新じゃ~!!   


 おまんら!!!   平成日本の夜明けぜよ!!     おおきに!!! 』



香音里
土佐弁、よく知らないんです。
ごめんなさいm(__)m


コメントを閉じる▲
京都に行ってきました。
史跡めぐりではなく観劇なんですが。
「京都に」というより「京都駅に」と言った方が正しいです(笑)

週末に祇園祭をひかえて、京都駅の改札のところには提灯が飾られてあったり、ポスターやチラシもところどころに貼られ、地下街を歩いていても「コンチキチン」の録音テープ(今時、テープじゃないか・汗)が流れていました。

京都駅の売店で新選組グッズをゲット!

京都限定の「近藤勇キティ」です。

kity 014


京都の新選組キティ、沖田総司キティ、函館の土方歳三キティに続いて、局長の登場です。
黒のだんだら羽織に黄色い着物で腕組み、腰には刀。トレードマークのリボンには「誠」の文字。
ちなみに背中はこうなってます。

kity 2

写真ではちょっと判りにくいですが、ツネさんが刺繍してくれたどくろの絵です。

035.jpg

3人(?)並べてみました。
左から近藤さん、総司、土方さんです。土方さんだけ、なぜか小さい。
会津には容保さんキティもあるそうですね。
もうそろそろエノカマキティができてもおかしくないはず…。
どうですか、函館さんor小樽さん?

こちらは先日伏見に行った時に買った新選組ストラップです。

fushimi1

京都劇場限定の「Beauty&the Beast」ストラップ、劇場内の手塚治虫グッズの売店でピノコの「アッチョンブリケ」ストラップも思わず買いそうになってしまったのですが、我慢、我慢。
携帯は1台しかないのに、ストラップに散財している場合ではございません(^^;

それにしても、新選組グッズはたくさんありますね。
リラックマに目玉親父、ピンクパンサーにコナンまであさぎ色のだんだらを着ていましたよ(笑)

【2009/07/13 00:02】 | グッズ
トラックバック(0) |


勇春
近藤さんキティーも沖田さんも土方さんも可愛いですね。
へぇー會津公もあるんですか。
何か欲しくなりました。

こんばんはm(__)m
Koto
榎本キティが発売されないかどうか。
8月に函館に行くので、見て来ますね(`・ω・´)+


高松飛鳥
釜さんキティ・・・作って欲しい。
出来たら速攻ゲットですね!!

というか、キティちゃんにヒゲが生えるんでしょうか?

これは誰にたのめば出来るんでしょうか?


>勇春さま
香音里
総司キティはちゃんと月代も剃ってるんですよ(笑)
土方さんキティの刀が朱鞘だったり、けっこう芸が細かいです。
私はキティラーではないのですが、旅行に行くとけっこうご当地キティが気になったりします。
もし会津に行くことがあったら、容保さんキティ(会津鶴ヶ城キティというそうです)はぜひ、ゲットしたいですね。

>Koto様
香音里
8月に函館に行かれるのですか!?
私ももしかしたら、8月に行くかも…です。
何か五稜郭で榎本さんグッズが増えていたらいいですねぇ。(ホント、少なすぎです)

>高松飛鳥さま
香音里
そういえば、キューピーにヒゲはあっても、キティにヒゲ(猫のヒゲ以外)は見た事がありませんっ。
あぁっ!もしかしてエノカマキティがない理由はそれでしょうか!?

ご当地キティを作っている会社に要望をだせば、商品化を考慮してくれるのかも知れません。
HPを見たら、けっこうマニアックなのもあるので商品化されてもおかしくないとは思うのですが、なにせ五稜郭には土方さんという超人気者がいるので、難しいでしょうね。総裁なのにィ~。
ペリー(浦賀)だってあるというのに…。

コメントを閉じる▲
お芝居の話です。

宝塚・花組の「ミー&マイガール」を観て来ました。
私、観劇歴が長い割には宝塚の舞台って数えるほどしか見ていないのです。
それは別に個人的な好みとかではなく…単に「宝塚大劇場が遠いから」というものぐさな理由から(^^;
だから、梅芸でも上演されるようになったので、面白そうな演目があれば行ってみたいとは思っていたのですが、「ミーマイ」は「人気公演だし、日程も短いから絶対取れない」と思っていたら、「シラノ」を観にいった時に劇場のロビーでチケットを売っていて、なんと土・日もまだ席があるというではありませんか。

で、3階席だけどチケットを取って行ってきました!
いや~、面白かったです♪
3階席でも十分見えたし(あ、でも1幕最初の2階で歌うシーンは頭切れてました)
初見のはずなんですが、懐かしい気がしたのは気のせい…ではなく、20年前に、なぜか舞台を観ていないのに買ったCDを聴き倒していたから(笑)歌詞もほとんど変わっていなかったのではないでしょうか?

主人公のビルは実は亡きヘアフォード伯爵の落し胤とわかり、遺言により、ヘアフォード家にふさわしい人物と認められれば世継ぎとして財産と爵位を継承されることになります。しかしビルは下町育ちで教養も品もない。遺言の執行人である叔母の侯爵夫人の教育がはじまる・・・というストーリーです。

まず、単純明快なストーリーがいいですね。シンデレラストーリーの王道で、なんとなくラストは最初から見えているんだけど、だからこそ娯楽作品として単純に楽しめます。
そして、ミュージカルナンバーの楽しさ。タイトルナンバーの「ミー&マイガール」をはじめ、「太陽が帽子をかぶってる」などなど、楽しい曲がたくさん。特に1幕終わりの「ランべス・ウォーク」は客席もみんな手拍子でノリノリです。
ミュージカルは観客が終演後に、思わず口ずさみながら劇場を後にするようなナンバーがあれば良いなんて言われたりしますが、「美女と野獣」の「ビー・アワー・ゲスト」とか、「クレオジー・フォー・ユー」の「I Got Rhythm」、そしてこの「ランベス・ウォーク」なんかはまさにそれですね。

真飛聖さんの演じるビルは、無教養で品がない役なのですが、愛嬌があって憎めず、品がないというよりはやんちゃな男の子という感じ。
ちょうど今名古屋で東宝版の「ミー&マイガール」が上演中で、最初はこちらを観に行こうと思っていたのですが(金欠で断念…)、意外と宝塚版がこのミュージカルにはあってるような気がしました。
って言っても、ぜひ東宝版も機会があれば観て比べてみたいです。

ところで。
不況の余波は確実に演劇界にも押し寄せているようで…。
まぁ、こういう高価なチケット代の娯楽が、不況の際は真っ先に切られてしまうところでしょうね。
最近、どの舞台を観に行っても空席が目立ちます。
東京はどうなのかは解りませんが、大阪は劇場数の減少とともに、確実に公演数も公演回数も減っています。かつての1カ月公演が10日間、1週間公演が週末の3日間とか…。それなのに、客席が満席にならないのです。

先日テレビでやっていましたが、劇場側もお客さんを呼ぶために、バックステージツアーをしたり、終演後にトークショーをしたりといろいろ趣向を凝らしているようです。
新規のお客さんは見込めないから、今来てくれているお客さんにもう一度来てもらうために、とにかくお客さんを喜ばせて、「また来たい」と思わせるんだそうです。
劇場でも観に来ているお客さんに向けて、「リピーターチケット」として、もう一度来てもらうよう値段を少し下げて劇場のロビーで終演後や休憩時間にチケットを売っています。

芝居を観始めた頃はバブル期でもあり、選り好みせずに手当たり次第に芝居を観ましたが、今は金銭面も時間的にもそう行ってられない身分。そうなると再演ものは避けて、新しい作品を数多くみたいと思うのが普通なのでしょうが…
なぜでしょう、最近の私は「安定」を望むんです。新しい作品、新しい役者さん、新しい劇団よりも、昔から観ている劇団、何度も再演している好きなミュージカルを選んでしまいます。
その劇団のお芝居、その役者さんの芝居をを観ると、必ず満足できる。「判っている楽しさ」に浸りたい。ん?劇場側の思惑にまんまとはまっている気が…。

ってことでこの夏は四季の「美女と野獣」、キャラメルボックスの「風を継ぐ者」を観に行きます。どちらも何度も観た作品です。何度観ても面白いものは面白いんですから、それでいいんです。


追記を閉じる▲

【2009/07/08 02:34】 | 洋魂凡才
トラックバック(0) |
実は私、引っ込み思案なもので(え?)、リンクさせていただきたいなぁと思ってもなかなか言い出せない性質なのですが、今回勇気を出して、新たに2つの素敵なブログさんにリンクを張らせていただきました。

「わしですが、何か?」
 最近ブログを始められた、わしです様のフレッシュなブログです。
 現在、小樽の龍宮神社例大祭のレポを書いて下さっています。
 今後がとても楽しみです。

「箱館日記。」
 いつも拙ブログにコメントをいただいておりました。ありがとうございます。
 函館在住の管理人・高松飛鳥様の函館ならではの話題が豊富です。
 とても精力的に活動されていて、いつも感心させられます。


自分ではなかなか言い出せませんが、もしも「リンク張っていいかしら?」「張ってやってもいいよ」という方がいらっしゃいましたら(でもアダルト関係はダメ~)、とても喜びますので、どんどんどうぞ!
お待ちしております♪


【2009/07/01 02:18】 | つぶやき
トラックバック(0) |

リンクしていただきました
わしです
わしです。

「わしですが、何か?」は、余りに拙いブログで、本当に恥ずかしいんです。

この度は、あんな未熟な拙ブログにリンクしていただき、本当にありがとうございます。
となれば当然、こちらからもお願いですが、香音里さまの『和魂凡才』ブログを本文内でご紹介させていただいてよろしいでしょうか?
また、いずれは拙ブログにリンクさせていただきたいと思っていますが、今はまだいろいろ勉強中で、ページの体裁を整えようと作業中です。少しだけお時間を頂戴したいと思っています。何しろ始めたばかりで、右も左もわかりません。
よろしくお願いい申し上げます。

ところで、香音里さまはわしの正体を簡単に見抜いてしまわれましたが、そろそろ誰かが「わしというやつは、○○だ!」と暴いてくれてもいいような気がしてきました。
このままでは四代目とのやり取りが、どう書いても不自然な記述になってしまいます。

こんばんは。
香音里
わしです様、この度はありがとうございました。

こちらこそ、ミーハーなだけであまり中身の詰まっていないブログでお恥ずかしい限りですが、貴ブログで紹介していただけるなんて光栄です。本当によろしいんでしょうか…?

私もブログを始めたばかりの頃は解らない事ばかりで、カウンターを設置するのも、リンクを張るのも時間ばかりかかって、肩こりが酷くて苦労した思い出があります。
でも、少しずつアクセスが増えてくると嬉しいんですよね。
あまり無理なさらない程度にがんばってくださいね(^-^)

わし様の正体をすでにお気づきの方も、おそらくいらっしゃるとは思いますよ~。
でも、「謎めいた存在」でいるのも素敵かも知れません(笑)

NoTitle
高松飛鳥
どうも・・・・亀更新サイトの高松飛鳥です。

こんな形で紹介されるとは・・・ちょっと照れますね。
たいしたサイトじゃないのに・・・うち。

野外劇初日ですでにへろへろ・・な根性無しですが、これからもお付き合いいただけると幸いです。

>高松飛鳥さま
香音里
この度はどうもありがとうございました。
いつも私たちには体験できないようなお話を聞かせていただけるので、飛鳥さんのブログはとても楽しみにしております。

野外劇初日、お疲れ様です。今年も出演なさるのですね♪
今年は見に行けたらよいのですが…行けるかな?


お初にお邪魔致します。
Koto
榎本釜さんの関連記事を追っていて、こちらに辿りつきました。
昔、家族旅行で函館に行き、親に連れられて行った五稜郭で榎本釜さんの写真にヒトメボレ!?して以来の、エノカマFUNですv-10
(今思えば、新選組関連の華々しい展示コーナーとは対照的な端っこに、ちょっぴり飾ってあっただけというのが、逆に目を引かされたのかも…ですv-20)

よろしければリンクさせて戴きたいのですが、構いませんでしょうかv-236
当方のブログはと言えば、歴史とは全然関係無い記事も沢山アップしてますがv-12
カテゴリ分けはしておりますので、お時間ございましたら、御覧になってやって下さいませv-28

では、突然のコメント失礼致しました。
これからも楽しみにしてますね。

>Koto様
香音里
はじめまして、拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
実は、私も榎本さん関連の記事を探してネットで徘徊中、「めっちゃかっこいい榎本さんがいる!」と釘付けになったのがKoto様のブログでした。

確かに五稜郭では、総裁というのに新選組に比べて扱いが少ないですね。でもKoto様はそんな総裁にヒトメボレされたのですね~。

カピバラさんにも癒されますね~。
リンクの件、こちらこそよろしくお願いいたします。


今更ながら・・。
高松飛鳥
そう言えば、香音里さまのサイトリンクさせていただいてもよろしいでしょうか!!
遅くなってすみません・・・・

>高松飛鳥さま
香音里
うわーい!ありがとうございます。

最近サボりがちなブログですが、リンクしていただけると嬉しです。
どうそ、よろしくお願いいたします。

リンクさせていただきました
わしです
わしです。

拙ブログ『わしですが、何か?』7月10日の記事のようないきさつで、リンクを張らせていただきました。
やはり、正式にお許しを頂いてからの方がよかったのは間違いないところですが、じゃあリンクを取り消すのはどうすれば、などと調べていると、またよくわからないことになってしまいそうだったので、スミマセン……

『和魂凡才』さまは勿論ですが、リンク先でさらに世界が広がり、大変勉強になります。
また最近リンクが増えたご様子で、楽しみです。

>わしです様
香音里
相互リンクしていただき、ありがとうございました。
大歓迎です。

私もこの度、世界を広げたくてブログ上でリンクを募るという暴挙に出たのですが(笑)、
おかげで素敵なブログ様とお知り合いになれました。
そしてリンク先でまた別のブログさんを知って…
どんどんと世界が広がっていくのは本当に楽しいですね。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。