和魂凡才 2010年08月
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
連続猛暑日が最長記録を更新。
私が住むT市でも昨日最高気温38.1℃を記録したそうです。


あほちゃう!?


旅行レポもまったくすすまないまま、1ヶ月経っちゃいました。
だって、長時間PCの前に座ってられないんですもん。
9月に入ったらまたしばらく暑いんだってさ。
予想最高気温37℃が1週間続くって…。


ほんま、あほちゃう?


そんな中で「冷たい食べ物ばっかりでは体に良くない」と、滝のような汗をかきながら「鍋」をつついている私と相方が一番あほちゃうかと思うのですが(汗)


えっと、本題。
昨日本屋で見つけてついつい買ってしまいました。

一個人 (いっこじん) 2010年 10月号 [雑誌]一個人 (いっこじん) 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/08/26)
不明

商品詳細を見る

この手の雑誌は何冊も持っているんですが、写真も多いし、前川邸や八木邸の間取りをCGで再現していたり、けっこう詳しく載っているので、たまたま先日図書カードをもらった事もあり、買ってしまいました。


こちらも偶然見つけて気になった本。買いませんでしたが。
総司の義兄・沖田林太郎さんが主役??

新徴組新徴組
(2010/08)
佐藤 賢一

商品詳細を見る

【2010/08/30 23:54】 | 新選組本
トラックバック(0) |
ちょっと正体がバレそうになって、しばらくおとなしくしていました。ヤバイヤバイ…。
いや~、ネットって誰が見てるか解りませんね。ホント、ヘタな事は書けません。
別に読まれて困る様な事は書いていないんですが、恥ずかしいじゃないですか。HNとか(笑)

さて、タイガースは私が前記事を書いた途端に4連敗(泣)
タイガースファンの同僚君は「東京ドームで巨人戦に勝った時の快感はスゴイ」と聞いて、はるばる東京ドームまで応援に行ったら巨人に3連敗。
「快感もスゴイかも知れないけど、悔しさも倍増~」と帰って来ました。
しかし!今日は球団新記録の22点ー!!
そんなに点取らなくていいから、明日に少し取っといて~~。

今日は大阪らしく(?)お好み焼き屋さんで女子会でした。
散々しゃべって、帰りにスーパーに飛び込んで買って来ました。
今年の(旧暦)榎本さんのお誕生日。恒例のお酒プレゼント。
缶が可愛いからという理由だけで選びました。キリンの「秋味」です。
まだまだ秋は来そうにないですが(汗)

DSCF0840.jpg

お誕生日おめでとうございます!



【2010/08/25 23:58】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
残暑お見舞い申し上げます。
世間一般ではお盆休みも終わりましたが、皆さまいかがお過ごしですか?
先日、長野の気温が32℃というのを聞いて「なんや、涼しいやん」と思ってしまいました…。
大阪の夏はほんまに暑いです。気温だけでいうと沖縄よりも暑い。

ところで。
その暑い大阪をさらに熱くしてるのが、阪神タイガースの快進撃だったりします!
今までブログでは書いた事がありませんが、実は大阪人のご多分にもれず阪神ファンです。
年がバレますが、1985年の日本一以前からのファンです。
当時「甲子園駅」までの定期券持ってました。って言っても通学定期ですが(笑)

サッカーよりも野球好き、中学の時は「ドカベン」を読んでソフトボール部に入部した私ですが、自営業をやっていた頃は店にテレビもないし球場に行くヒマもないので一時遠のいていました。
しかし今の職場の同じグループの人が毎週のように甲子園に通うほど大の阪神ファンで、今年は強いのでついついタイガースの話題が多くなり、私も再燃。
ちなみに左隣の男性は、日本シリーズの応援に札幌まで行き、東京ドームを回って帰ってくるほどの大の巨人ファンなのですが、大阪ではちぃーっと肩身が狭いのか、野球の話はほとんどしません。

ってことで、今夏のテレビはドラマはほとんど見ずに野球ばかり見ています。
関西には、甲子園のタイガースの試合を試合終了まで必ず放送してくれる「おっサンテレビ」という強ーい味方があるのです。
ロードの初めに連敗した時は、「おいおい今年もか?」(いわゆる「死のロード」ってヤツですね)と心配しましたが、やっぱり今年は違います。
今年は切れ目のない打線がすごい!3点差くらいで負けていても、全然負ける気がしませんもん。
この横浜3連戦は、ファンにはたまりませんでしたね~。3試合連続2ケタ得点ですよー。
明日からは巨人との3連戦。
巨人は今日負けて3位になりましたが、まだまだ油断できませんっ。
これから秋に向けてテレビにかじりつく日が続きそうです。

…っていうのは更新が滞っている言い訳には全然なりませんが(汗)
密かに「大阪」」というカテゴリーを作りました。
野球の話だけでなく、一地方都市・大阪の話をちびちびと書いて行きたいと思います。

【2010/08/20 01:24】 | 大阪
トラックバック(0) |

私も燃えてます!!
ゆらり
香音里さん、こんばんは♪
暑さに負けて、ブログは放置したままですが、私も野球だけはしっかり見てま~す。
黒虎、がんばれ!!

9月3日ごろまで酷暑が続くそうですが、香音里さんもご自愛なさってくださいね。

熱いですね!
香音里
ゆらりさん、こんばんはー。
いや~、この暑さでは本当に何もしたくなくなります。パソコンの電源入れるだけで更に暑さが増しますもん。

黒虎のダイナマイト打線、すごかったですねェ。
昨日は残念ながら負けちゃいましたが、今日も頑張れ!
暑いので玄関を網戸にして野球を見ているのですが、たまに大声で叫んでしまって「ヤバっ」と思う事もしばしばです(^^;

しばらく暑さが続きそうですね。
職場が冷房がききすぎて寒く(贅沢な悩みです)、一歩会社を出ると熱帯のような暑さなので、ちょっと鼻風邪をひいてしまいました。
ゆらりさんもどうぞお気をつけください。

コメントを閉じる▲
小ネタを少々。

先日「小樽ジャーナル」を見ていて、気になった記事。
書くの面倒くさくて(オイ)記事にしなかったんです。実はもう終わっちゃったイベントなんですがね。
こちら→ 

ここに書かれてある「榎本武揚グッズ」ってなんですかー!?

すっごく気になるんですけど。

それって売り物ですか!?

お願い、教えて小樽の人。


えっと、それはひとまず置いといて(いや、ぜひ教えてください)
ネットを徘徊していたら、「幕末の志士たち」というトランプを見つけました。

これより少し前に発売されたトランプで「幕末月旦札」というものがある事は知っていたのですが、榎本さんのカードがなかったからイマイチ食指が動かなかったんです。その後、「続・幕末月旦札」が発売されて、こちらには榎本さんカードがあるようなんですけどね。

「幕末月旦札」といえば3か月ほど前、仲良しの社員さんにロッカールームで突然「徳川慶喜って知ってる?」と聞かれて面食らったのですが、話を聞くと、その「幕末月旦札」で毎日昼休みに遊んでいると言うではありませんか!
ルールを聞くと、ポーカーのように「役」があって、何枚かのカードを組み合わせてその役を作り、その役の点数で勝ち負けを競うらしい。
その「役」っていうのが、徳川慶喜・坂本龍馬・後藤象二郎・山内容堂・明治天皇の5枚のカードで「大政奉還」がいちばん高得点で、近藤勇・土方歳三・沖田総司の「試衛館」とか近藤勇・沖田総司・吉田稔麿だと「池田屋事件」とか解りやすいのもあるのですが、けっこうマニアックなものもあったりして、幕末に詳しい人でも表を見ながらじゃないと難しいと思います。

思わず「仲間に入れて」と言いかけたのですが、もう一人の彼女とは話した事もほとんどなかったので、人見知りの激しい私にはなんとなく言えず…。

あ、話がそれました。
この「幕末の志士たち」トランプは普通のトランプなんですが、人選がけっこう好みかも。
ということで、ちょっと紹介してみました。
「幕末の志士たち」トランプ

もうひとつ小ネタ。
お茶の「綾鷹」の公式サイトで日経新聞と地方紙7紙の連合企画として「幕末周遊紀行」という企画をやってます。作家さんや特派員が幕末の人物を取り上げて文を書いているのですが、今回特派員レポで榎本さんについて書かれています。
「みんなで選ぶ幕末人気ランキング」や「幕末人物診断」などのお遊びコーナーもあります。
幕末人物診断、ちなみに私は「近藤勇」でしたー。

以上、脳みそ沸騰中の現実逃避小ネタでした♪

【2010/08/17 02:46】 | グッズ
トラックバック(1) |

お久しぶりです!
Koto
ご無沙汰してます、毎日暑いですが、お元気ですかe-348

長崎レポも楽しく拝見しつつ、こちらの記事に喰いついてしまいましたe-330
小樽の釜さんグッズも気になりつつ、トランプの写真も気になったりしてますe-2
釜さんの写真は多分スタンダートなアレだと思いますが、パーマな可能性も有り‥(汗)

『イケメン幕末史』という新書の挿絵の釜さんが、まんまとパーマだったので、油断ならない今日この頃ですe-259


ぶらんのわ〜る
こんばんは!
幕末の志士トランプ、”幕末維新ぴあ”という雑誌で見つけて、(日本の城郭トランプとか持ってる)トランプコレクターの私は気になるグッズでしたが♪
欲しいです!トランプ♪
私は札幌に住んでいるので、小樽は1時間くらいでいけるのですが・・・もう3年くらい行ってない!観光客が少なめになった今月末に行こうと思います♪何度行ってもマニアックな建築巡りしかしてませんが・・・(汗)
自分のブログで”北海道の歴史自由研究”をしていますが、北海道は歴史が浅くとも濃いです!
コチラの情報を参考にいたします♪

>Koto様
香音里
ほんっとに毎日暑いですね~。
週刊天気予報で最高気温が1週間ずーっと36℃というのを見て、ウンザリしております。
東京方面も暑いと思いますが、大阪の夏はハンパなく暑いです。

釜さんのトランプの写真は、どうやらスタンダードな箱館の写真のようですね。ヨカッタ。
時々なぜこの場面でこの写真を使うかな~と思う時がありますよね。
釜さんの写真で、箱館戦争を語る時になぜオランダで撮った写真とか、例のパーマ写真を使うのかなと思います。
写真から受けるイメージって、けっこう大きいと思うんですけど。(特に土方さんなんて、現存する写真がどちらもイケメンなので、けっこう得してると思います。)

パーマ写真、最近ちょこちょこと見かけるので、本当に油断なりませんっ。




>ぶらんのわ~る様
香音里
こんばんは。
札幌にお住まいなんですね。
小樽に気軽に行けて羨ましいです~。
札幌は2回とも小樽から函館へ移動の途中で短時間寄っただけなので、開拓村とか開拓記念館とか一度ゆっくり行ってみたいです。

幕末の志士トランプ、私も密かに欲しいと思っています♪



コメントを閉じる▲
出島の次は釜さんたち伝習生が行ったであろう、いや、絶対に遊びに行った花街・丸山へ。
最初、出島から歩いて行けるかなと思ったのですが、体力温存のため市電を使って思案橋まで。

丸山は江戸の吉原、京の島原と共に三大花街と並び称された花街でした。
昔、思案橋電亭の辺りは川があって、丸山花街へ向かうのに橋がかかっていたそうです。
「行こか戻ろうか」と橋の上で思案したので「思案橋」と名付けられたとか。
今は川も橋もなく、橋の欄干を模した碑があるだけです。(って、写真はありません)
夜になると色とりどりのネオンが輝く長崎随一の繁華街です。
2010_07262010 長崎0078


そして思案しながら橋を渡った人たちが決意して思い切ったのが、丸山の入口・二重門(大門)が見える場所にあった「思切橋」
橋の欄干の一部が残っています。
その横に立っているのは見返り柳です。
丸山で遊んだ客たちは、ここで振り返りながら芸妓との別れを惜しんだのでしょうか。
残念ながら橋がかけられたのは明治、見返り柳は昭和に植えられた4代目だそうなので、釜さんが見たものではないんですね。
2010_07262010 長崎0082

レトロな交番がありました。
この辺りに二重門があったそうです。
2010_07262010 長崎0083


丸山公園。
最近ここにも坂本龍馬像が立ちました。
本当にどこに行っても龍馬が出張っております。
2010_07262010 長崎0087 2010_07262010 長崎0084

2010_07262010 長崎0089

史跡料亭「花月」です。
ただの料亭ではありません。長崎県指定の「史跡」です。
前身は丸山随一の遊郭「引田屋花月楼」で360年の歴史を誇る老舗です。
幕末の志士たちが会合したり、外国人をもてなす社交場だったそうです。
龍馬が酔って斬りつけたという柱の傷跡が残っているそうです。(老舗の料亭にはありがちなエピソードですよね)
こんな料亭で卓袱料理を食べてみたいものですが、女一人の貧乏旅行では到底無理なので、こちらをどうぞ。

丸山公園そばにあった説明板。
江戸時代後期の丸山花街の様子が描かれています。
2010_07262010 長崎0085

花月の前を左に曲がると古い建物があります。
長崎検番です。
検番とは芸妓さんたちをとりまとめている事務所のようなところだそうです。
2階にかかっている提灯には芸妓さんの名前が書かれています。現在21名の芸妓さんがいらっしゃるとか。
2010_07262010 長崎0091


更に道をまっすぐ行くと、つきあたりに階段があり、「長崎丸山 華街跡」の碑が。
2010_07262010 長崎0094 

2010_07262010 長崎0095
階段の上にあるのは料亭青柳。
幕末、こちらの前身の杉本家には大隈重信や井上聞多も訪れたとか。
「長崎ぶらぶら節」で有名な愛八さんが住んでいたこともあったそうです。
実は私は民謡のぶらぶら節もなかにし礼さんの小説も知りません(汗)
でも、もう少し丸山をぶらぶらしてみました。(つづく)


【2010/08/15 23:02】 | おでかけ・史跡めぐり
トラックバック(0) |
今回の言い訳。
私が記事を更新できないのは、PCがくそ重たいからというわけでもなく、花火大会や観劇の誘惑に負けたからでもなく、もちろん仕事が忙しいなんて事は絶対なく、ひとえにクーラーの誘惑に負けているからです~。

10日ほど前から、我が家もついに我慢できずに寝る時にクーラーをかけて寝るようになったのですが、我が家にクーラーは寝室に1台のみ。普段はリビングとの境を開け放っているのですが、寝る時はそこを閉めてしまいます。私がブログを更新するのはもっぱら相方が寝静まってから。
う~ん、暑い!ふすまを開ければそこには天国があるというのに…!
もういいや、天国に行っちゃお!…なんて事がほぼ毎日…。
異常、いや以上言い訳終わり。
それにしてもこの暑さは異常です。

出島へ向かいました。
2010_07262010 長崎0012出島は鎖国令を敷いていた日本にとって唯一外国に向かって開かれた窓口でした。
「出島」の名の通り、昔は海に向かって出ていた扇形の人工の島でした。
明治以降、出島周辺後が埋め立てが進み、1904年(明治37年)には原形が失われ、市街地の中に埋もれてしまいました。前に見えているのは海ではなく中島川。

2010_07262010 長崎0015もらったパンフレットによると、1996年(平成8年)から短中期、長期的な出島の復元整備事業が始まり、19世紀初頭の建造物25棟の復元、将来的には扇形の島の完全復元を目指すそうです。そのためには中島川の振り替え、国道の線形変更など大規模な工事になるそうです。







長崎に行く前に、大慌てで積読本にしていたカッテンディーケの「長崎海軍伝習所の日々」を読みました。
オランダ教官たちが日本にやって来た当初、出島というこの狭い土地に押し込められる事への不満をつづっていたのですが、実際は長崎市街への出入りも許可されていたのですね。諏訪神社や稲佐山辺りまで散策したり、浦上まで遠乗りをしては、長崎の美しい風景を絶賛しています。

また、熱心な伝習生は伝習所での授業だけでは飽き足らず、出島の教官の所まで個人指導を受けに通ったそうです。



2010_07262010 長崎0016
水門
昔はここから貿易品を出し入れしました。







2010_07262010 長崎0043
カピタン部屋
オランダ商館長(カピタン)の住居兼事務所として使われた建物です。
1階では出島の歴史が学べる展示、2階ではカピタンの生活の様子を再現しています。



2010_07262010 長崎0026 
カピタン部屋の2階です。
商館員は1日2回カピタン部屋で食事をしていたそうです。







2010_07262010 長崎0068 
表門
江戸町側と出島を結ぶ出島への入口です。
現在は繋がってないので、ここからは入れません。







2010_07262010 長崎0062
出島内は史跡ゾーンと交流ゾーンに分かれていて、交流ゾーンには明治期の建物があります。

旧出島神学校
この建物は、確か15年前に来た時にも見た覚えがあります。







2010_07262010 長崎0053 
ミニ出島
15年前に「出島」を観光した時にはこのミニ出島しかなくて「これだけ!?」と非常にがっかりした覚えがあります(笑)






2010_07262010 長崎0060旧出島神学校内では海フェスタとタイアップして「龍馬と海と出島」展を開催中。
海軍伝習所跡は目と鼻の先というのに、どーーーしても「龍馬」なのね(涙)
とはいうものの、パネル展示がメインではありましたが、しっかり海軍伝習所についても展示されていましたよ。

HPには「すべて回れば2時間くらい」と書かれていたので、だいたい2時間を予定していたのですが、展示もじっくり見ようと思えば、2時間では足りないくらいでした。




【2010/08/08 23:45】 | おでかけ・史跡めぐり
トラックバック(0) |

出島♪
はな。
レポ楽しく拝見してます☆

やはり出島にも龍馬の手が回って
おりましたがっっ。
(アイツめは出島に縁もゆかりもないのに)

ところで。
2007年に出島に行ったおりには、
「2010年に出島復元完成予定」と
書かれていたのですが・・・・・・完成してません
よねっっっ??(笑)
いつに延期になったとか、
どこかに新たな期限の表示をごらんになりましたでしょうか~~??


実は私も…
香音里
「果たして完成しているのか、いないのか?」と思いながら訪れました(笑)

パンフにはすでに「2010年完成予定」とは書かれていませんし、「復元整備事業が進められています」と現在進行形で書かれてあります。
建造物は全部で25棟復元予定らしいのですが、現在明治時代の建物を入れても18棟しかありません。
実際に工事用の柵で囲まれているところもありました。(でもその場所以外は、これ以上建物が建つスペースはあまり無いようなのですが)
ということで、まだ完成はしていないようですが、完成予定がいつになるのかは残念ながら解りません。

最終的には四方を水で囲む予定だそうなので、完全に復元が完成するには、かなりの時間がかかると思われます。
どうやら、計画が思うように進んでいないような…。


やすゆき
初めまして、やすゆきです。一つ疑問なんですけど、

<函館には釜さんを称える物は残念ながら存在しません。ただ、パレードなどには登場し、町名にもその名が残されています。(榎本町、梁川町)>

とありますが榎本って町名はまだしも梁川ってのは釜さんとどういう関係があるのでしょうか?


香音里
やすゆきさん、はじめまして。

榎本釜さんの雅号は「梁川(りょうせん)」といいます。函館の梁川(やながわ)町はそれを訓読みしてつけられたものと思われます。
小樽にも釜さんゆかりの地で「梁川(やながわ)通り」という通りがあります。
他の地方の「梁川町」の由来は解りませんが、この函館と小樽の地名は榎本釜さんの号から付けられたと思われます。

ちなみに「梁川」という号は、釜さんが江戸下谷御徒町の柳川横町生まれなので、町の名に因んで最初「柳川(りゅうせん)」と付けたのですが、柳川だとドジョウの「柳川鍋」に通じるので、少しもじって「梁川」にしたという説があります。



ぶらんのわ〜る
こんばんは!始めまして♪
ドラマ「五稜郭」を観て以来の榎本さんファンの私ですが、当時は資料がなさすぎて謎の人のままでした・・・
が、北海道に移住し、今年久しぶりに五稜郭&(念願の)開陽丸を訪れてから再加熱!!
こちらのブログに頭が下がります!ファンの鏡です!!
札幌のお隣、江別市という街に榎本さんをたたえる公園があるのはご存じですか?小さすぎて見過ごしそうな公園ですが、榎本さんファンなら必見です♪
あと、北海道旧道庁に開拓使時代の榎本さんが黒田さんと共演してる絵があります!
近くに住んでいながら小樽の事は知らなかったので、近いうちにレポートに行こうと思います♪
長崎・・・また行きたいです・・・


香音里
ぶらんのわ~るさん、はじめまして。
拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

ドラマ「五稜郭」は私も榎本さんにはまったきっかけの一つです。
江別の榎本公園はまだ行った事がありませんが、いつか行ってみたいと思っています。なぜかここの榎本像の写真がマイPCの壁紙になっております~(行った事ないのにィ?)
赤れんが庁舎の絵は一昨年札幌に行った時に見ましたよ~!

北海道にお住まいなのですね。
小樽にまだ行かれていないのなら、ぜひ行ってみてください。函館の何倍も榎本さんが愛されていますから(笑)

かなり偏ったブログですが、よろしければまた遊びに来て下さいね。


コメントを閉じる▲
講演会の情報です。

幕末史研究会 第179回例会

 日 時:8月28日(土)午後6時半~8時半
 会 場:武蔵野商工会館4階(吉祥寺駅中央口徒歩5分)
 講 師:榎本隆充氏 えのもとたかみつ(榎本武揚曾孫)
 テーマ:「子孫が語る榎本武揚」

 講演内容:
 激動の幕末、近代化を目指す明治期に幕臣榎本武揚が日本の将来を
 如何に考え、行動したかを武揚の人間性を交え、お話し致します。



申し込み等詳細はこちらをご覧ください → 幕末史研究会

【2010/08/04 01:45】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |

御無沙汰しておりました
わし、です。
二週間遅れですが、おかえりなさいませ。
前回分まで、旅のレポートを楽しく拝読しておりました。

たはは、先を越されちゃいました……。

貴ブログのまるパクリじゃないか?と思われるかもしれませんが、
拙ブログ10-08-07に関連記事を書かせて頂きました。

お久しぶりです。
香音里
…といっても、ブログはいつも拝読しております。
帰って来てからもう2週間も経つというのに、なかなかレポが書けずにいます(汗)

「暑いから~」と言い訳ばかりしておりますが、その割には他人様のブログやなんかにはしっかりおじゃましております(笑)
特に武揚さん関係はこまめにチェックしてますので、それで早いだけです。
詳細の方はわし、です様のブログに頼りっぱなしです。
今後も貴重な情報やお話、楽しみにしていますね。


コメントを閉じる▲
ずいぶんと日にちが経ってしまいました。
毎度の事ですが、写真を取り込むのにハードディスクの容量がいっぱいで苦労しています。
せっせと古い写真を移しているのですが、なにせ作業しようにもPCが動きません(汗)
もう言い訳ばっか~~~(泣)

さて、今回の旅行も4日とも快晴すぎるほど快晴でした。
榎本さんを訪ねる旅の一番初め、一昨年の函館こそ雨は降りましたが、それ以降一度も雨に遭っていません。
これも龍宮神社の龍神さまのご利益でしょうか。

8時50分に長崎空港に到着。そこからバスで40分ほどで長崎市内へ。
中心地に入るとバス停にはこまめに停まってくれるので、県庁前で降車。県庁向かいのホテルに荷物を預け、出発。

現在の長崎県庁が建っているところには、150年ほど前には長崎奉行所西役所、そしてそこに作られた長崎海軍伝習所がありました。

2010_07262010 長崎0006長崎海軍伝習所は1855年(安政2年)に幕府がオランダから軍人士官を教授として招き、海軍士官の養成を目的に作られた教育機関でした。幕臣のみならず、諸藩からも有志を募り、航海技術、造船技術だけでなく、のちには医学や化学の伝習も行われ、多くのすぐれた人材を輩出しました。

榎本釜次郎青年も、この海軍伝習所で最初は員外聴講生として、後には第二期の伝習生として学びました。
他には、勝麟太郎、矢田堀景蔵、小野友五郎、中島三郎助、沢太郎左衛門、薩摩藩の五代才助(友厚)、佐賀藩の佐野常民らもここで学んでいます。

ところで。
写真とはカメラの性能ではなく、センスだと言う事がつくづく解りました(汗)

2010_07262010 長崎0003 2010_07262010 長崎0004

2010_07262010 長崎0001


2010_07262010 長崎0008


こういった碑やパネルが設置されているんですがね…
それだけ撮ってもどうしようもないやん!
辺りがどんな風なのか、全然判りませんっ! 
せっかく県庁を見下ろせる場所に宿をとったっていうのに、その眺めくらい撮れって言うの!
なーんか、こんな写真ばっかりで、帰宅してボー然としました(汗)
自分の写真のセンスのなさにがっかりです。

近くにはこんな碑もありました。

2010_07262010 長崎0009   2010_07262010 長崎0010

この辺りは昔は海で波止場だったんですね。上の伝習所の絵の階段あたり?
案内板によると、天正少年使節がローマへ向けて出航したのも、この波止場からだそうです。
今ではすっかり埋め立てられて、かなり内陸になっています。
若い釜さん達が夢を抱いて学び、青春時代を過ごした所だと思うと、函館や晩年のゆかりの地とはまた違った感慨に耽ってしまいますね。

【2010/08/03 23:59】 | おでかけ・史跡めぐり
トラックバック(0) |

お気持ちわかりますっっ
はな。
>それだけ撮ってもどうしようもないやん!
>辺りがどんな風なのか、全然判りませんっ! 
数年前、わたくしも香音里さんと
まったく同じ気持ちでこの場所に佇みましたですよ~~~~(笑)
でもなんだかヤケになって、脳内妄想CGを発揮して
「ここあたりはまだ門か」とか
「石垣は」とかちょっとヤバイ人になって県庁周辺をうろつきました。

・・・・・・西役所は壮麗な建物だったようなので、
残されていたら国宝だったかもしれません(涙)。
もったいないことですっっ。




香音里
はな。さん、いつもあたたかいコメントありがとうございます。
西役所は絵が残っているので、想像することができますよね。思えば、場所が確定されていて、碑や案内板が建てられているだけマシなのかも知れません。(だからといって、写真センスの無さはどーにもならないのですがっ)

ところで、現在の県庁舎、老朽化で建て替えの話が出ているようなのですが、跡地の利用方法を募集したところ、「長崎海軍伝習所の復元を」とか、「出島と連動して史跡博物館として観光の一端に」とか提案ている人がけっこういて(長崎県のHPより)、なんだか嬉しくなりました♪

コメントを閉じる▲