和魂凡才 2010年09月
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
お久しぶりです。
その昔「やる気はあるけど体がついて来ん」ってドリンク剤のCMがありましたが、季節の変わり目で周りで体調を崩している人が多い中、体はすこぶる元気なのにやる気が全然おこりましぇ~ん(泣)

幕末関係では芝居も行ったし、ドラマも観たし、本も読んでます。
展示会も行ったし、歴女の会(?)もやったりしたのですが、なかなかブログを更新しようという気が起こらず。
その上、好調だった阪神タイガースが9月に入って失速。
もう1試合も負けられないなんて状態が続いて気が気ではありませんっ!
ブログを書いてる場合ではないっ!
でも、今日は書かなければ!
しかも久しぶりなのに、幕末はまったく関係ない!(笑)

先にも書きましたが、阪神タイガース、すでに今日の試合前の時点で優勝するには残り試合1試合も負けられない状態でした。中日ドラゴンズが残り1試合を負けたとしても6勝1敗でいかなければならない状態。
しかも今日は甲子園球場での公式戦最終戦。矢野選手の引退セレモニーもある予定。
ぜーったいに負けられない試合です。
相手はタイガースが今年散々カモにさせてもらった横浜。
ピッチャーは阪神の一番の勝ち星稼ぎ頭の久保投手。
8回裏が終わった時点で3対1の2点差。
9回表から守護神・藤川球児投手にリリーフされ、阪神の必勝パターン。
試合の流れ次第では、今日で引退の矢野選手がマスクをかぶる事になるかもとの期待の中…!!

がっちょ~ん!

まさかの逆転ホームラン~!(大泣)


タイガースの選手もファンも、「できれば最後に矢野選手を試合に出させてあげたい」ってきっとみんな思ってた。
優勝がかかった大事な試合じゃなければ、もっと大差がついて勝っていれば、最後に花道を!ってきっとみんな思ってた。
打者としてバッターボックスに立つ機会がなくても、せめて2アウトまでとれば、最後にマスクをかぶって藤川投手の球を受けられるって、きっとみんな思ってた。
藤川投手も多分。
結果はその思いが強すぎて気負っちゃったのかなぁ、2者連続フォアボールの後、逆転3ラン(泣)

2点リードから一転、1点を追う立場になっちゃったワケで、しかもこの試合を落とすと優勝できる可能性が限りなくなくなっちゃうワケで、もう矢野選手を出場させるどころではなくなってしまったんですよね…。

ホームラン打たれた瞬間の真弓監督の顔といったら…もう呆然としてましたね。
藤川投手も泣きそうだった。
ファンとしてもその気持ちが解るだけに責める気にはならず、ただただため息をつくのみ。
はぁ~~~~。
決して打った横浜の村田選手が悪いわけではないんですが、思わず「日本一のKY!!」って思ってしまいました。
いや、ホント村田選手が悪いわけではないんですけどね~。
むしろプロなんだから甘い球が来たら打つのは当然。でも阪神ファン的にね。
しかし、詰めの甘さが阪神らしいというか…きっと中日の落合監督だったら、勝負事は勝負事って情けをかけなそうだもんね。

さて、試合結果はさておき。(本当はおいてられないんだけどさ・汗)
矢野耀大選手、20年間お疲れさまでした!
中日からトレードでタイガースに入団して以来、それまでずーっと正捕手が安定しなかったタイガースの大黒柱的存在になって、よくチームを支えてくれました。
1985年の優勝以降低迷していたタイガースが、今のように優勝を争えるチームになれたのには、矢野選手の力が大きいと思います。
2003年、2005年のリーグ優勝も矢野選手なしにはできなかったと思います。
矢野さんがマスクかぶると、なんだかすごく安心感があったんですよね。
正直、今年の試合展開の中で「あぁ、キャッチャーが矢野選手だったらなぁ」と思った事も幾度か。
ひじの手術後の経過が良くなく、城島選手の加入もあって、今年は試合に出場することはほとんどなかったんだけど、もう一度甲子園でユニフォーム姿が見られるとずっと信じてたのに…。

最後の挨拶で「またここでお会いしましょう」と言っておられたので、ゆくゆくはきっとコーチとしてまたタイガースに戻ってきてくれるものと信じています。
本当にお疲れさまでした。
そして月並みな言葉ですが、「夢と感動をありがとう!」


【2010/09/30 23:50】 | 大阪
トラックバック(0) |

(-_-;)
ゆらり
香音里さん、、、昨夜は残念でした。ううう。
結果的に矢野選手の花道を飾ってあげられなかったことも悔やまれます。
でも、でも、ほんとうにお疲れさまでした。
それにしても劇的といえば劇的すぎる結果で、こういうのも阪神にしかできない技!?
CSに期待したいところですが、残りの試合も気が抜けませんね。最後の最後までハラハラさせられそう…。

気温のアップダウンが激しいので、香音里さんも風邪などひかれませんようにv-238
(アタシはまた歯医者通いでございます…)




(ーー゛)
香音里
ゆらりさん、こんばんは。
あ~~~~~、中日の優勝決まってしまいましたね…。
昨日は本当にタイガースにとっても矢野選手にとっても残念な試合になってしまいました。
そして今日は、きのうの敗戦で何かがプッツリ切れてしまったようなふがいない試合。CSもちょっと不安になって来ました。
本当に阪神は昔から「ここぞ」という試合に弱いですからね(泣)
優勝を逃して落ち込んじゃうのも解らないではないですが、せめて2位でCSに臨めるよう、残り試合も頑張ってもらいたいです。

つい先日までの暑さがウソのように涼しくなりましたね。
うちの相方も一昨日甲子園へ行って風邪をひいてきました。
ゆらりさんもどうぞお気をつけて。

コメントを閉じる▲
武蔵野大学の平成22年度後期学習講座の一覧がHPに出ていました。

前期に引き続き、榎本隆充先生による榎本武揚書簡を読む講座があります。


「清国公使時代の榎本武揚と妻夛津の往復書簡を読む」

 開講日:平成23年1月15日(土)より全5回  5,500円

 詳細はこちらをどうぞ → 武蔵野大学平成22年度後期生涯学習講座
「文化」のNo.56の講座名をクリックすると詳細が出ます。


なーんか、毎回紹介するばっかりで全然行けないから、虚しくなってきた(TT)

【2010/09/06 02:42】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
週刊「マンガ日本史」という分冊百科の雑誌が朝日新聞から刊行されています。
歴史上の50人の人物を時系列で有名な漫画家が描いていて、私も土方さんと勝さんの号だけは買いました。
気がつくとすでに現在大正時代の尾崎行雄まで刊行されていました。

この新シリーズが週刊「新マンガ日本史」として来月12日から発売されるそうです。
創刊号は和月伸宏氏による「ヤマトタケル」。
他にも「額田王」をのだめカンタービレの二ノ宮知子さん、「篤姫」を池田理代子さんが描くそうで、それはとても楽しみなのですが、拙ブログ的に気になるのは当然「榎本さんが入ってるかどうか」ですよね!


・・・えぇ、今回も入っていませんでしたー。

新シリーズの幕末関連は吉田松陰、高杉晋作、近藤勇、白虎隊、篤姫、徳川慶喜。

白虎隊入れるのに、なんで釜さん入れないかなぁ…。

今回は読者アンケートで「好きな日本史人物」を聞いた結果だそうなんですが。

以前、佐々木譲さんが講演で「榎本武揚を好きな歴史上の人物の上位10位に入れる事が夢」とおっしゃっていたのを思い出しました。
まだまだ道のりは遠いようです~(泣)

朝日新聞出版のサイト




【2010/09/04 13:30】 | その他幕末本
トラックバック(0) |