和魂凡才 2011年04月
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早く紹介しようと思っていたのですが、いつものごとくモタモタしている間に一般発売が始まってしまいました(汗)

舞台の紹介です。

ブロードウェイ・ミュージカル「太平洋序曲」 (原題「PACIFIC OVERTURES」)

 作詞・作曲:スティーブン・ソンドハイム
 台本:ジョン・ワイドマン
 演出:宮本亜門

 2011年6月17日(金)~7月3日(日)
 神奈川芸術劇場ホール
 S席8,500円 A席7,500円 B席(イス付立見席)4,500円

以下、あらすじ(「太平洋序曲」公式サイトより)

ときは江戸時代末期の日本。
将軍を頂点とする幕藩体制下、大名たちはおのおのの領国を支配していた。

農民は米作りに精を出し、商人たちは富を蓄える。二百年あまりに及ぶ鎖国の中、独自の文化を花開かせながら、人々は泰平の世を謳歌していた。

しかし、難破してアメリカ船に助けられ、日本に送り届けられた若者ジョン万次郎(山本太郎)の登場で、その眠りは破られる。

「アメリカの艦隊が日本に向かっています」

海外に出るという、死に値する罪。その罪の重さを知りながら祖国に戻り、迫る危機を伝えようとする万次郎。その言葉に阿部正弘(田山涼成)を初めとする老中たちは、対策を迫られることになる。
そこで起用されたのが浦賀奉行所の与力、香山弥左衛門(八嶋智人)。彼は奉行所の目付役に取り立てられ、アメリカ艦隊との交渉役を命ぜられる。

そして一八五三年(嘉永六年)、東インド艦隊司令長官ペリーが率いる黒船四隻が、浦賀に来航してきた。香山は万次郎の力を借りて、アメリカ側に開国できないことを伝える。しかし、アメリカ側は将軍に大統領の親書を渡すことを主張。六日間のうちに親書提出のセレモニーが催されなければ、浦賀を砲撃すると恫喝する。

この恫喝に、将軍を初めとする幕府は大混乱。

そんな苦境の中、香山と万次郎は奇策を弄し、神奈川の地でアメリカ側と会見。無事に鎖国を守り、アメリカ艦隊を帰国させることに成功する。

この働きによって、帝からお褒めの言葉を賜り、浦賀奉行に昇進する香山。死罪を取り消され、武士に取り立てられる万次郎。野蛮人の脅威は永遠に取り払われた、と喜ぶ一同。

しかし——。

「日本よ、我々を忘れるな」

これは終わりではなく、すべての始まりだったのだ。




江戸時代末期、黒船来航の大事件を題材にアメリカの目で見た日本という国を描いた作品です。
宮本亜門版「太平洋序曲」は2000年に初演され、2002年に再演。ニューヨーク、ワシントンでも上演され、今回は3演目になります。
好きな俳優さんが出演されている事もあって、幕末に興味を持つ前の初演時から観たいと思っていたのですが、日本公演はいつも首都圏のみ。ニューヨークまで行ってんだから、地方公演くらいやってよー!!

ってことで、今回も神奈川公演のみです(涙)
レ・ミゼと上演時期が重なってたら一人でも行ったんだけどなぁ。残念。


 ブロードウェイ・ミュージカル「太平洋序曲」公式サイト 

 神奈川芸術劇場のサイト

スポンサーサイト

【2011/04/25 00:39】 | 映像・舞台
トラックバック(0) |
お久しぶりです。
今までも放置していた事は度々ありましたが、スポンサー広告が出る1ヶ月も間が開いた事はありませんでした。
被災地では1ヶ月以上経った今もいまだ原発の被害は拡大するばかりで、復興もままならない状態です。
震災後やたら涙もろくなってずっと書く気が起らず、しかも少々体調を崩していたのでそのままダラダラと今日まで来てしまいました。
更新していない間も拙ブログを覗いて下さった方、コメントを下さったのにお返事もしていない方、本当に申し訳ありません(汗)

世間では自粛ムードが広がり、大きなイベントが中止になったり、規模を縮小したりしています。
経済を停滞させないためにも、被害のない関西ではなるべく普段通りの生活をしようと、花見もしましたし観劇にも行きました。私の周辺では、皆いたって普段通りの生活をしているように思います。
ただ、6月に友人と観劇上京をする予定だったのですが、震災のショックで1つのチケットの発売日(震災の翌日)をすっかり飛ばしていて、気がついた時にはほぼ売り切れ状態だった事と、一緒に行く予定だった友人が「そんな気分になれない」との事なので、結局中止する事に。
東京に行くつもりだったので今年は五稜郭祭に行くのを諦めて別の予定を入れたので、今夏は久しぶりに遠出をしない夏になりそうです。

さて。
実はブログを再開するべきか、このままずっと休止しようか悩みました(って今年になってから何回悩んでるんだか)
なのに、突然今日再開しようと思ったのは…。
お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、右側のサイドバーに「榎本武揚検定」なるプラグインを貼りつけています。これは「Yahoo!みんなの検定」で私が作ったもので、この検定を受けた人がいるとYahooからメールが来ます。
最近めったに受験する人がいないこの「榎本武揚検定」、2007年に作って以来3年4ヶ月ほどで受験者が250人くらいだったのに、一昨日1日でなぜか受験者が507人で(しかも合格者が66人もいる!)、1週間のランキングが86位になってるらしいっ!

えっ!? 一体何があったの!?

も、もしかして、榎本武揚ブレイクの兆し?

もし本当にそうならば(えっ?)ブログを休んでる場合ではない!
ってことで、悩んでた割にはあっさり復活~。


話は変わりますが、「JIN」の完結編が始まりましたね。
この完結編は前回よりも幕末度がぐっと上がり、歴史上の有名人もたくさん登場します。
幕末に詳しくない視聴者も楽しめるように作ってくれれば良いのですが。(ウチの相方は佐久間象山知りませんでした…)
原作を貸した同僚が「専門用語が多くて難しい」と言ったので、てっきり医学用語だと思っていたら、歴史の事件や出来事の事だったと言う事があったので、少々不安です。

原作はもちろん面白いのですが、ドラマはドラマなりの作り方があって原作とは違う面白さがあります。
特にドラマの龍馬のキャラクターは原作以上に暑苦しい(笑)キャラで大好きなんですが、ハッとする台詞が多いんですよね。

「死んで行った者たちに報いる方法はひとつ。 もういっぺん生まれて来たい。そう思える国にする事。」

この観光丸でのシーンのロケ、おそらく震災前に撮影されたと思うのですが、もうなんていうか…
じーんと来てしまいました。(いや、シャレじゃなくて)
また当分日曜の夜が楽しみになりそうです。

【2011/04/18 02:55】 | つぶやき
トラックバック(0) |

復活おめでとうございます!
はな。
香音里さん、こんにちは!

>も、もしかして、榎本武揚ブレイクの兆し?

本当ですか!!!!
それはとてつもなく嬉しいですぅぅぅぅ♪♪

なんのきっかけなのかわからなくても、
ブレイクしてくれるのはなによりめでたいです☆
(興味をもってくれるだけでも!!めでたい!!)

もともと魅力的な人物なのですから、
放置しているのがもったいないぐらいだったのですっ。

香音里さん、あまりに音沙汰のない人物を追っていると
ときどきすごーく疲れちゃうと思いますが、
(わたしも激しく同じ!!!です)
お互いコツコツ、がんばりましょう~!


こんばんは。
香音里
はな。さん、いつもありがとうございます。
復活したところで、更新できるかどうか解りませんが(おいっ)
一応続けてみます(汗)

いや~、一体何が起こったのかは結局解らないのですが、ホントに榎本さんブレイクの兆しなら嬉しいです♪
実は最初、絶対に「間違いでしたー」って訂正のメールが来ると思っていたのですが、3日経っても来ないのでもう大丈夫かと(笑)

>あまりに音沙汰のない人物を追っているとときどきすごーく疲れちゃうと思いますが
でも、そんな人物だからこそちょこっと取り上げられると嬉しさ倍増だったりするんですが(^^)

話は変わりますが、先日古本屋ではな。さんおすすめの「幕末 五人の外国奉行」ゲットしました♪
やっぱりメジャーな人物よりもそっち方向に行っちゃいそう…?


おおお!
はな。
>榎本さんブレイクの兆しなら嬉しいです♪
わたしも本当に嬉しいデスっっ!!
昨年から国会図書館内のPCから朝日や讀賣の昔の新聞を
記事ごとにデジタル検索できるようになって、
明治期の新聞で「榎本武揚」と検索するとハンパなく
たくさんの記事が出てきます。
(ホントにどーでもいいような内容のものまで・笑)
当時これだけ注目されていた時代のアイドル(爆)なのですから、
かならず現代でも人気になる素質をもっておられる!と
勝手ながら強く感じている今日このごろです☆

>「幕末 五人の外国奉行」ゲット
おおおおお!!レアものを入手されましたね!!!
実は榎本さんとはなにげに接点のある彼らです♪
(そういう内容は出てこないけど・汗)
楽しく読んでいただけたら幸いにございます~~~っ


わぁ~。
香音里
お返事遅くなってすみませんっ(><)

>ホントにどーでもいいような内容のものまで・笑
わ~、どんだけ皆に愛されてたんでしょう!?
当時「榎本武揚子」の著者さんのような榎本オタが
けっこうたくさんいたのかも知れませんね(笑)
現代の人にもその魅力が解ってもらえれば良いのですがっ。

はな。さんのブログに出会うまで実はほとんど知らなかった外国奉行さん達。
面白そうな方達ばかりのようなので、読むのが楽しみです♪

>拍手コメント様
香音里
ありがとうございます。
リンクの件承知しました。早速貼りかえております。
またレポート楽しみにしていますね。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。