和魂凡才 10月発売の気になる本
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
ただ今本棚が満杯状態。積読本山積みで新刊が購入できませんので、自分用の覚書です。


10月発売の幕末関係の本

勝海舟私に帰せず 上 (1) (幻冬舎文庫 つ 2-15)
津本 陽
幻冬舎 (2007/10)
売り上げランキング: 115550

2003年に発売された作品の文庫化。上下2巻です。
当時古本屋で格安で下巻だけ見つけて買ったまま放置していたら、時が流れて文庫化されてしまった…。


幕末インテリジェンス―江戸留守居役日記を読む (新潮文庫 し 59-1)
白石 良夫
新潮社 (2007/09/28)
売り上げランキング: 153340

『当代一流の漢学者、依田学海は、譜代佐倉藩の江戸留守居役に抜擢された。江戸留守居役とは、幕府や他藩の動向を調査する情報機関なのだが、実態は、飲食で濫費するだけの堕落した集団だった。剛直の人、学海には屈辱と忍従の日々。やがて、薩長の動きが表面化し、あろうことか、幕府は突然、大政奉還してしまった! 藩の運命を担って、学海は一路、京都を目指す。』(新潮文庫の紹介文より)

依田学海さんといえば、あの人ですよ。鳥羽・伏見の戦いはどうだったかと尋ねられ、土方さんが「武器は銃砲でなければ駄目だ。我々は剣と槍で戦ったが、一つとして用いる事はなかった」と答えた人ですよ。



単行本の時から面白そうだなぁ、と思っていたのですが…。主人公は小栗さんの若党・裕三郎。福沢諭吉や土方さんも登場します。


消えずの行灯―本所七不思議捕物帖
誉田 龍一
双葉社 (2007/10)
売り上げランキング: 78661

主人公の友人として、榎本釜次郎と今井信郎が登場。一緒に事件の謎を追うみたいです。

そろそろ来年の大河ドラマ「天璋院篤姫」関連の本が、本屋さんの店頭に並び出す頃ですね。もう、大変っす…。




【2007/10/21 00:01】 | その他幕末本
トラックバック(0) |


松緑
10月20日、大阪におりました。いささか変わった、ある意味不純な取っ掛かりではありますが、改めて榎本さんの功績を考え直した次第でございます。大阪で大暴れ中のヒゲの無い榎本さんを観ながら、こっそりと手を合わせてました。劇中の榎本さんは地団駄踏んだり投げキスしたりウィンクしたりしていますが、粋で江戸っ子で洋行帰りの釜さんならやりそうだ!とも思ってしまいました。奥の深い人ですよね。
帰りの新幹線で読もうと買った本が文久三年の~なのですが読みきれませんでした(笑)


香音里
松緑さん、こんばんはー。
取っ掛かりなんて、そんなものですよ。かく言う私も幕末にはまった取っ掛かりはキャラメルボックスのお芝居でしたから(笑)
投げキスしたりウィンクしたりする榎本さん…想像しただけでクラクラします。どうしましょ、一発で落ちてしまいそうですよ私。

『文久元年の~』面白そうですね。全部読まれたら、感想など教えていただけたら嬉しいです♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
10月20日、大阪におりました。いささか変わった、ある意味不純な取っ掛かりではありますが、改めて榎本さんの功績を考え直した次第でございます。大阪で大暴れ中のヒゲの無い榎本さんを観ながら、こっそりと手を合わせてました。劇中の榎本さんは地団駄踏んだり投げキスしたりウィンクしたりしていますが、粋で江戸っ子で洋行帰りの釜さんならやりそうだ!とも思ってしまいました。奥の深い人ですよね。
帰りの新幹線で読もうと買った本が文久三年の~なのですが読みきれませんでした(笑)
2007/10/21(Sun) 20:46 | URL  | 松緑 #kLFuwRt.[ 編集]
松緑さん、こんばんはー。
取っ掛かりなんて、そんなものですよ。かく言う私も幕末にはまった取っ掛かりはキャラメルボックスのお芝居でしたから(笑)
投げキスしたりウィンクしたりする榎本さん…想像しただけでクラクラします。どうしましょ、一発で落ちてしまいそうですよ私。

『文久元年の~』面白そうですね。全部読まれたら、感想など教えていただけたら嬉しいです♪
2007/10/22(Mon) 00:47 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック