和魂凡才 地元探索その3・伊丹荒牧バラ公園
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
最近、節約して地元で遊んでいます。
伊丹市の荒牧バラ公園に行ってきました。

荒牧バラ公園 001

ここは伊丹市立のバラ園で、無料です。車で来る場合は駐車場代が500円要ります。
園内は250種類、1万本のバラが植えられていて、ちょうど今の時期は秋バラが見頃でした。
これだけのバラ園を無料で開放するってぇーと…維持費はもちろん税金から出てるのですよねぇ。いやぁ、伊丹市民のみなさん、申し訳ない(^^ゝ
下世話な事は置いておいて、どうぞ、バラの写真をお楽しみください♪

荒牧バラ公園 036  荒牧バラ公園 006

荒牧バラ公園 017  荒牧バラ公園 023

荒牧バラ公園 024  荒牧バラ公園 030

荒牧バラ公園 042  荒牧バラ公園 039

荒牧バラ公園 028  荒牧バラ公園 014

荒牧バラ公園 005  荒牧バラ公園 034    

「沖田総司 六月は真紅の薔薇」という小説がありましたね。読んだのは新選組にはまってすぐの頃なので、ずいぶん前になりますが・・・よく書かれる「明るい天真爛漫な総司」とは違って、恋や病や人を斬る事に思い悩む青年だったような覚えがあります。…って言っても実は私、総司の小説はあまり読んでなかったりします。当時は土方さん一筋だったので(^^)

「美女と野獣」にも出てくるような「真紅の薔薇」=「薔薇の中の薔薇」を探したのですが、意外にも深い紅のバラって少なかったです。一番右下のバラが一番イメージに近かったかな。
だいたいバラ園のバラってどれも大輪で、花屋さんで売っている「結婚記念日専用」みたいな小さな赤いバラはありませんでした。やっぱりあれって温室で栽培されているからなのね。
みなさんは、どれがお好き?


【2008/11/05 02:24】 | おでかけ・史跡めぐり
トラックバック(0) |

わぁ、華やか♫
ゆらり
香音里さん、こんにちは。
私は、023番の薄紫のバラに惹かれてしまいました♡
淡くて儚くて……まるで私の人生のよう!?
(そんな美しいものではない)

地元探索シリーズ、いつも楽しませてもらってます。
ペーパードライバーなので、行動範囲が狭くて。
灯台もと暮らし、地元も穴場がいっぱいあるんでしょうね♪






香音里
ゆらりさん、こんばんは。

この薄紫のバラ、きれいでしょう?
このバラだけ花びらに露が光ってたんですよ~。
…どうやら、アマチュアカメラマンさんが、写真を撮った後だったみたいです。
私は濃い紫のバラも好きです。密かにバラを贈ってくれる「紫のバラの人」、どこかにいないですかね?

大阪に生まれてかれこれン十年ですが、まだまだ行っていないところがたくさんあります。大阪の旅行ガイドブックなんか見てみると、面白いかも知れませんね(^^)





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
わぁ、華やか♫
香音里さん、こんにちは。
私は、023番の薄紫のバラに惹かれてしまいました♡
淡くて儚くて……まるで私の人生のよう!?
(そんな美しいものではない)

地元探索シリーズ、いつも楽しませてもらってます。
ペーパードライバーなので、行動範囲が狭くて。
灯台もと暮らし、地元も穴場がいっぱいあるんでしょうね♪



2008/11/05(Wed) 12:41 | URL  | ゆらり #-[ 編集]
ゆらりさん、こんばんは。

この薄紫のバラ、きれいでしょう?
このバラだけ花びらに露が光ってたんですよ~。
…どうやら、アマチュアカメラマンさんが、写真を撮った後だったみたいです。
私は濃い紫のバラも好きです。密かにバラを贈ってくれる「紫のバラの人」、どこかにいないですかね?

大阪に生まれてかれこれン十年ですが、まだまだ行っていないところがたくさんあります。大阪の旅行ガイドブックなんか見てみると、面白いかも知れませんね(^^)



2008/11/05(Wed) 23:17 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック