和魂凡才 沖縄みやげ
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もらった沖縄みやげ。

さて、なんでしょう?

miyage 014


「竹刀が折れたの」ではありません。

とれたての「さとうきび」です。

1.5mほどになるそうです。これはその1/4くらいの長さ。

今沖縄はさとうきびの収穫時期なんだそうです。

包丁で周りの硬い所を竹を割るように割り、硬い部分をむいて、ちゅぱちゅぱ吸うそうです。

沖縄ではもうクーラーをつけていたそうですよ。

北海道では雪まつりをしてたって言うのにね。


【2009/02/12 23:59】 | つぶやき
トラックバック(0) |

NoTitle
朴直
懐かしや、サトウキビ。
朴が、大学生の頃に与那国島と言うところでキビ刈りのバイトしました( ==)トオイメ

琉球と明国との密貿易で、薩摩藩は財力を蓄えたという話もあります。
ちなみに、輸出物は北海道で採れた昆布など。

段々歴史の勉強がしたくなってきたぞ~♪

NoTitle
香音里
おぉー、与那国島!
朴直さん、日本の端から端までご存知なのですねっ。
サトウキビはさぞ懐かしいことでしょう。

琉球と明国の密貿易の品物が北海道の昆布とは、意外でした。薩摩はその頃から北海道の開拓にも目をつけていたんでしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
懐かしや、サトウキビ。
朴が、大学生の頃に与那国島と言うところでキビ刈りのバイトしました( ==)トオイメ

琉球と明国との密貿易で、薩摩藩は財力を蓄えたという話もあります。
ちなみに、輸出物は北海道で採れた昆布など。

段々歴史の勉強がしたくなってきたぞ~♪
2009/02/13(Fri) 16:18 | URL  | 朴直 #-[ 編集]
NoTitle
おぉー、与那国島!
朴直さん、日本の端から端までご存知なのですねっ。
サトウキビはさぞ懐かしいことでしょう。

琉球と明国の密貿易の品物が北海道の昆布とは、意外でした。薩摩はその頃から北海道の開拓にも目をつけていたんでしょうか。
2009/02/14(Sat) 01:03 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。