和魂凡才 10月26日は何の日?
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
1908年(明治41年)の10月26日は榎本武揚の命日です。享年73歳。彼がこの世を去ってから100年たっていないんですね。

若い頃に蝦夷をまわって、長崎の海軍伝習所で学んで、オランダ留学して、帰国したら幕府が瓦解して戦争して、牢獄に入れられて、処刑されるかと思ったら赦されて、明治政府に出仕して北海道の開拓に尽力して、ロシアに行って条約結んでシベリアを横断して、清国に行って、何度も大臣になって、子爵になって、農場開いて、学校作って、メキシコに殖民させて、福沢諭吉に非難されて(笑)。

73歳って当時の人にしたら結構長生きな方だと思いますが、本当に波瀾に満ちた生涯ですね。変な言い方ですが、「すごく中身が濃い」というか、ずっとフルスピードで突っ走ってきたような感があります。足尾鉱毒事件の責任をとり、農商務大臣を辞して政界から身を引いた後は、悠々自適な晩年を送ったそうですが。
彼の脳裏に最期に浮かんだのは、一体どんな事だったんでしょう。

榎本さんは奥さんに先立たれていたので、姉のらくさんが榎本さんの世話をしていたそうですが、このお姉さん、榎本さんがなくなった後絶食をし、後を追って亡くなったとか。
幕末の有名人って、「お姉さんっ子」って多いですよね。坂本さんちとか、土方さんちとか。私には弟がいないから解りませんが、弟ってお兄さんよりもお姉さんの方を慕うものなんでしょうか?

奇しくも翌年の1909年10月26日は、伊藤博文が暗殺された日だそうです。

【2006/10/26 17:05】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック