和魂凡才 榎本さんを訪ねる旅2009その① 小樽・龍宮神社
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
8月6日~9日、昨年に続き、北海道へ行って来ました。

昨年、小樽で榎本さんの没後100年事業を楽しんだ後、半日だけ函館に寄って帰ってきたのですが、江差に行けなかったことが心残りだったのと、今回建立された新しい榎本像に会うこと、そしてちょうどこの時期、函館では市民野外劇をやっているし、開港150周年のイベントも開催されているし、8月は比較的休暇を取りやすいということで、行って来ました。

毎度のことながら、レポを書く速度は遅いと思いますが、ぼちぼちと書いていきたいと思いますので、気長に待っていただければ幸いです。


hakodate2009 001伊丹発8時55分の飛行機で新千歳空港へ。
以前から伊丹空港廃止の話が論じられていますが、関空まで2時間近くかかる私としては、モノレールで15分という交通の便の良い伊丹空港はなくなってもらっては困ります。

新千歳空港から小樽までは快速エアポートで約72分。
今回は日帰りで札幌まで戻ってくるので、2,200円の一日散歩切符を買いました。
発売当日限りのフリー切符です。
私の場合、410円ほどのお得でしたが、富良野や美瑛などまでけっこうな区間乗れますので、長距離乗る人にはかなりお得です。


hakodate2009 002 hakodate2009 053

小樽に着きました。
約一年ぶりです。懐かし~い!
駅前に昨年はなかった新しいホテルが建っていました。

明治五年に開拓使として小樽を訪れた榎本さんは、小樽が天然の良港で今後発展するだろうとの先見を持ち、のちに第四代北海道長官となる北垣国道と共に、国有地であった現在の小樽駅前の土地二十万坪の払い下げを受け、土地を管理する会社「北辰社」を設立しました。
ちなみに、箱館戦争で榎本さんの自決を止めに入って指3本を斬る怪我をした、大塚霍之丞改め大塚賀久治さんが管理を任されていたとのこと。
現在の稲穂3丁目、この新しいホテルの少し奥辺り(右の写真の辺)に初代北辰社があったそうです。

まずは龍宮神社へ。

hakodate2009 003龍宮神社は武揚さんが北の海の安全を祈願するために建立した神社です。
昨年没後100年の際に新しく建てられたと思われる社号碑には「武揚建立 龍宮神社」と書かれています。











hakodate2009 013お天気に恵まれたことへのお礼と、旅の安全を祈願しました。
この日は社殿の戸が閉められていましたが、中には武揚さんの書「北海鎮護」の額がかけられています。
昨年のレポ









さて、いよいよ銅像にお目見えです。

hakodate2009 007 hakodate2009 011

武揚祭の記事の時にも書きましたが、前に錨のオブジェ、右手にはコンパス、左手には海律全書を持ち、顔は小樽湾(色内方面)を見ています。
色は金色?光の当たり方によって、黄色ぽく見えたり、赤銅色に見えたりします。

hakodate2009 008

お顔の写真は逆光で写りがあまり良くないのですが、東京の銅像に比べると厳めしい感じがせず、優しい雰囲気があります。きっと小樽の方々に愛されることと思います。
はな。さんやまやこさんから「よろしく伝えて」と言われていたので、ちゃんとお伝えして来ました。
帰ってきてからわしです様のレポで拝見して知ったのですが、この銅像は触るとご利益があるのだそうです。
残念!近くまでは寄ったのですが、しめ縄が張られてあったこともあり、触りませんでした。
その後行った都通りでは「あやかり武揚さん」をさんざん触ってきたというのにぃ~。

参拝客が私しかいない境内には、隣接する幼稚園の子供の声が響いていました。
ずっとここにいたい気分だったのですが、そうもしていられません。(暑いし)


大きな地図で見る

【2009/08/16 16:20】 | おでかけ・史跡めぐり
トラックバック(0) |

お帰りなさい♪
ゆらり
遅ればせながら、香音里さん、北海道からお帰りなさーい。
お天気に恵まれて良かったですね。日頃の精進のおかげ?

あそこにホテルができたんですね!!!
私が年末に行ったときも、まだ工事中で囲いがしてあった覚えが。
完成すると、駅前が垢抜けた感じがします。(^-^)
あやかり武揚さんも懐かしい~。
小樽は、香音里さんの立派なふるさとですね。

ただいま~(^0^)/
香音里
ゆらりさん、いつもありがとうございます。
おかげさまで、最近旅行の時の降水確率が下がってきております♪

ホテルは2か月前くらいにオープンしたようです。
昨年宿泊したホテルが廃業してしまったので、観光客が減って小樽は寂れちゃうんだろうかと心配していたのですが、これで活気が戻れば良いですね。

今回は日帰りで寺社ばかり駆け足で回ったのですが、ぜひまた泊まりでゆっくり行ってみたいです!

色々と
まやこ
香音里さん、こんにちは。
色々と書きたいことがありますが…

まずは、わたしの代わりに小樽の榎本さん像にあいさつしてくださって、ありがとうございます。
向島の団地の守り神のような像より、ソフトな雰囲気ですね。
わたしも小樽の榎本さん像を撫で回したいです(笑)

昨年宿泊されたホテル、なくなってしまったのですか!
小樽駅からも、小樽の観光スポットにも歩いてゆける便利な場所に立地していても、そういうことがあるんですね。
でも、駅前に新しいホテルができたそうで何よりです。

別記事へのコメントですが、永倉新八のゆかりの地にも行かれたのですね。
案内板は最近になって立てられたもののようですね。
わたしは去年の小樽行きの時に、永倉さんが孫と一緒に剣術の稽古をしたという水天宮に母と一緒に行ってきました。
水天宮から小樽の港が一望できて、母もとても気に入っていました(笑)

それから、折角書いたブログの記事が消えたり、誤って消してしまうことはわたしもありました(苦笑)
史跡巡りレポなど、記事が長文になりそうな場合は、テキストエディタで本文を書いてから、ブログの編集画面にペーストしています。
無料でDLできるテキストエディターがたくさんありますので、使ってみてはいかがでしょうか。

お帰りなさい
香音里
まやこさん、静岡から無事に帰還されたようで何よりです。

そうなんです、昨年のあの交流会があったホテルと、同じ系列のホテル、建物はあるんですが閉館しちゃったんです。
リーズナブルだし、駅からもけっこう近くて良かったのに。

昨年は新八どころではなかったのですが(失礼)、市内に数か所ゆかりの地があるので回ってきました…っていっても何も残ってないんですけどね。
案内板は有志・小樽幕末維新塾の方々が作られているようです。昨年の実行委員の方が中心でやっておられるようで、レリーフを探している時、確か近くにお店があったと思ったので、そこで聞いてみようと思ったのですが…残念ながら移転されてました(泣)

それと、昨年まやこさんが水天宮からの眺めがよかったと仰っていたので、私も水天宮へ行ったのですが…港が見える方向のすぐ近くにけっこう高いマンションが建つみたい(現在建設中)で、せっかくの眺めが台無しです。

テキストエディターの件、アドバイスありがとうございます。
書いたものや写真がどうなるか確認しながら書きたくて、ついついそのまま書いちゃうんですが、こう何度もミスしていては…ちょっと検討してみます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お帰りなさい♪
遅ればせながら、香音里さん、北海道からお帰りなさーい。
お天気に恵まれて良かったですね。日頃の精進のおかげ?

あそこにホテルができたんですね!!!
私が年末に行ったときも、まだ工事中で囲いがしてあった覚えが。
完成すると、駅前が垢抜けた感じがします。(^-^)
あやかり武揚さんも懐かしい~。
小樽は、香音里さんの立派なふるさとですね。
2009/08/17(Mon) 17:21 | URL  | ゆらり #-[ 編集]
ただいま~(^0^)/
ゆらりさん、いつもありがとうございます。
おかげさまで、最近旅行の時の降水確率が下がってきております♪

ホテルは2か月前くらいにオープンしたようです。
昨年宿泊したホテルが廃業してしまったので、観光客が減って小樽は寂れちゃうんだろうかと心配していたのですが、これで活気が戻れば良いですね。

今回は日帰りで寺社ばかり駆け足で回ったのですが、ぜひまた泊まりでゆっくり行ってみたいです!
2009/08/17(Mon) 22:06 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
色々と
香音里さん、こんにちは。
色々と書きたいことがありますが…

まずは、わたしの代わりに小樽の榎本さん像にあいさつしてくださって、ありがとうございます。
向島の団地の守り神のような像より、ソフトな雰囲気ですね。
わたしも小樽の榎本さん像を撫で回したいです(笑)

昨年宿泊されたホテル、なくなってしまったのですか!
小樽駅からも、小樽の観光スポットにも歩いてゆける便利な場所に立地していても、そういうことがあるんですね。
でも、駅前に新しいホテルができたそうで何よりです。

別記事へのコメントですが、永倉新八のゆかりの地にも行かれたのですね。
案内板は最近になって立てられたもののようですね。
わたしは去年の小樽行きの時に、永倉さんが孫と一緒に剣術の稽古をしたという水天宮に母と一緒に行ってきました。
水天宮から小樽の港が一望できて、母もとても気に入っていました(笑)

それから、折角書いたブログの記事が消えたり、誤って消してしまうことはわたしもありました(苦笑)
史跡巡りレポなど、記事が長文になりそうな場合は、テキストエディタで本文を書いてから、ブログの編集画面にペーストしています。
無料でDLできるテキストエディターがたくさんありますので、使ってみてはいかがでしょうか。
2009/08/18(Tue) 15:24 | URL  | まやこ #ZA9zVw0U[ 編集]
お帰りなさい
まやこさん、静岡から無事に帰還されたようで何よりです。

そうなんです、昨年のあの交流会があったホテルと、同じ系列のホテル、建物はあるんですが閉館しちゃったんです。
リーズナブルだし、駅からもけっこう近くて良かったのに。

昨年は新八どころではなかったのですが(失礼)、市内に数か所ゆかりの地があるので回ってきました…っていっても何も残ってないんですけどね。
案内板は有志・小樽幕末維新塾の方々が作られているようです。昨年の実行委員の方が中心でやっておられるようで、レリーフを探している時、確か近くにお店があったと思ったので、そこで聞いてみようと思ったのですが…残念ながら移転されてました(泣)

それと、昨年まやこさんが水天宮からの眺めがよかったと仰っていたので、私も水天宮へ行ったのですが…港が見える方向のすぐ近くにけっこう高いマンションが建つみたい(現在建設中)で、せっかくの眺めが台無しです。

テキストエディターの件、アドバイスありがとうございます。
書いたものや写真がどうなるか確認しながら書きたくて、ついついそのまま書いちゃうんですが、こう何度もミスしていては…ちょっと検討してみます。
2009/08/18(Tue) 20:48 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック