和魂凡才 榎本さんを訪ねる旅2009その② 小樽・都通り&新八ゆかりの地
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
私がレポを書くのが遅い理由の一つとして、書いたものを誤って消しちゃうということがあります。レポ・その1だけで何度消したか…。
いい加減学習しろよ>自分。
とりあえずメモ帳などに書いてあとから編集すればよいのでしょうが。
またはこまめに「記事を保存する」か。勝手に下書きを保存してくれる機能って、長文書いてるときに限って働いてくれないのはなぜ?

さて、気を取り直してレポ続きです。

hakodate2009 015
龍宮神社を後にして、通りの名前が榎本さんの雅号・梁川(りょうせん)にちなんでつけられたという梁川(やながわ)通りを通って都通りへ。
榎本さんを偲ばせるようなものは何も残っていませんが、北垣国道の雅号・静屋(せいおく)にちなんだ静屋(しずや)通りとともに、小樽の開発に貢献した人物として通りに名前を残してくれているというのは嬉しいですね。

そして都通り商店街です。
ここは昨年のレポで紹介しましたので、今回は少しだけ。

hakodate2009 020

商店街のアーケードに入ると「榎本武揚の夢」と書かれた大きなバナーがお出迎え。
他にも、榎本さんをキャラクターとした方言のバナーやポスターが、天井にも横の柱などにもあちこちにあるので、ひとつひとつ楽しく見ながら歩けます。
そしてここに来たら、やはり拝んでいかないと。

hakodate2009 021

「あやかり武揚さん」です。
自分の治したいところを、あやかり武揚さんの同じ部分をなでると良くなるというご利益があります。
昨年も全身くまなくなでまわしてきたのですが、果たしてご利益はあったのでしょうか・・・?
今年ももちろん全身なでてきました。

このあやかり武揚さんの脇に「ふれあいプラザ」があるのですが、ここに少しだけですが武揚さんグッズがあります。しばし物色。
武揚さんのイラストに「北海鎮護」と書かれた扇子があったのですが、3,150円と少々お値段が張ったのでやめて、かわりにこちら。

hakodate2009 001

龍神キーホルダーを買いました。
表に「榎本武揚」、裏に「おたる北辰社」と書いたちいさな札が付いています。
なかなかカッコ良いです。

グッズをゲットしたところで静屋通りへ。
ちょうどお昼時だったこともあり、前回行けなかったお蕎麦屋さん・藪半さんで食べようと思ったのですが、待ち客が数人いたので、時間を無駄にできない私は諦めて花園十字街へ向かいました。
花園十字街のそばに榎本さんとクラーク博士を顕彰するレリーフがあるそうなのですが…
かなり探したのですが、見つけることができませんでした。
そのレリーフの前のビルの名前は覚えていたのに、肝心の住所をひかえてくるのを忘れて、携帯で調べたのですが判らず。おなかもすいたことだし、ラーメン屋さんに入って食事をしたついでに尋ねたのですが、判りませんでした。
怪しい人のように付近を何度も何度も歩いて、代わりに見つけたのが

hakodate2009 023

昨年はすっかり頭の中にありませんでしたが、小樽と言えば新選組・永倉新八が晩年を過ごした土地でもあるんですよね。
大正2年5月22日、自称近藤勇の娘・山田音羽が永倉新八を訪ねて来て、対面した地だそうです。
「娘」と書かれてあると、ついつい若い娘が父の知人を探して来たというイメージがありますが、大正2年というと、娘と言えど50歳前後…ですね。
それにしても、「現・小樽市役所左隣り」と書いてあるのに、どうしてこの場所に立っていたのかは謎です。

さて、その小樽市役所へ行ってみました。
入口のすぐ左に案内板を見つけました。

hakodate2009 024

新選組副長助勤 永倉新八 改め杉村義衛治備 楽隠居の地

と書かれてありました。
「楽隠居」…う~ん、孫にねだられて昔の武勇伝なんぞを語る新八っつぁんの姿が目に浮かぶようです。

hakodate2009 025
市役所をもう少し上に登ると、昨年講演会があった小樽市民会館です。
道をはさんで公会堂があり、ちょうど能楽堂公開期間だったので見学して来ました。
能装束や能面の展示もされていました。

こんな風に寄り道してるもんだから、時間と足が…

次は天上寺へ向かいます。


【2009/08/17 00:01】 | おでかけ・史跡めぐり
トラックバック(0) |

榎本さん尽くしですね~
Koto
レポ、楽しく拝見させて頂いております♪
私の函館旅行は「箱館戦争を追え!」って感じでしたが、次は小樽で「榎本さんを追え!」も、良い感じですv-10

このでっかいタペストリー、部屋に飾りたいと思いましたv-21
銅像も黄みがかってて、とても綺麗ですね。
そういえば五稜郭売店にも、榎本総裁懐中時計とか缶時計とか有りましたけど、資金不足で断念しましたv-240

榎本さんグッズは数が少なく・高価なものが多いので、気合を入れてお金を貯めなくては…v-61

では、続き楽しみにしてますね~v-20

そうなんですよ~
香音里
Kotoさん、こんばんは。
レポをお読みいただき、ありがとうございます。
小樽は榎本さんゆかりの地と言っても、龍宮神社くらいしか史跡は残っていないのですが(広い意味で言うと手宮洞窟とか手宮線跡地とかはあります)、榎本さんに対する愛があります。
特にこの都通りは「榎本通り」と言っても過言ではないと思います。榎本ファンには嬉しい街ですv-344

榎本さんグッズは本当に少ないですねぇ。しかも、何気に高い…。
小樽で「海運武揚」ブランドの商品を考案中とかって話があったのですが、どうなったのかな?

レポ、続きがんばります。
(あぁでも、世界陸上が~!)




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
榎本さん尽くしですね~
レポ、楽しく拝見させて頂いております♪
私の函館旅行は「箱館戦争を追え!」って感じでしたが、次は小樽で「榎本さんを追え!」も、良い感じですv-10

このでっかいタペストリー、部屋に飾りたいと思いましたv-21
銅像も黄みがかってて、とても綺麗ですね。
そういえば五稜郭売店にも、榎本総裁懐中時計とか缶時計とか有りましたけど、資金不足で断念しましたv-240

榎本さんグッズは数が少なく・高価なものが多いので、気合を入れてお金を貯めなくては…v-61

では、続き楽しみにしてますね~v-20
2009/08/18(Tue) 15:56 | URL  | Koto #1n9Tsjm2[ 編集]
そうなんですよ~
Kotoさん、こんばんは。
レポをお読みいただき、ありがとうございます。
小樽は榎本さんゆかりの地と言っても、龍宮神社くらいしか史跡は残っていないのですが(広い意味で言うと手宮洞窟とか手宮線跡地とかはあります)、榎本さんに対する愛があります。
特にこの都通りは「榎本通り」と言っても過言ではないと思います。榎本ファンには嬉しい街ですv-344

榎本さんグッズは本当に少ないですねぇ。しかも、何気に高い…。
小樽で「海運武揚」ブランドの商品を考案中とかって話があったのですが、どうなったのかな?

レポ、続きがんばります。
(あぁでも、世界陸上が~!)


2009/08/18(Tue) 21:07 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック