和魂凡才 東京農大オホーツクキャンパスのシンポジウム
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
以前から「わしですが、何か?」様、「三丁目生まれの日記」様からの情報で知ってはいたのですが、ようやく東京農大のサイトで正式に発表がありました。
日にちも迫っていますし、場所は網走ですので、行ける方も限られているとは思いますがご紹介。

東京農大のオホーツクキャンパス実学センターで公開シンポジウムが12月4、5日に開催されます。
その中で榎本武揚に関する講演があります。

2日目の第3部 オホーツク地域再生シンポジウム
  「東京農業大学・ものづくりの原点とオホーツクの地域地域産業振興」

 13:05~ 基調報告「東京農業大学のものづくりの原点と榎本武揚」
                     東京農大客員教授  榎本隆充先生

 詳しくはこちらへどうぞ → 東京農業大学オホーツクものづくり・ビジネス地域創成塾


ついでに北海道の榎本さんニュース(?)

市立小樽文学館で、小樽ゆかりの文芸人や著名人のミニチュア人形を展示した企画展「ちまちま小樽文壇史+偉人物語展」を開催中。
もちろん、小樽ゆかりの榎本さんのミニチュア人形もあります。
小樽ジャーナルに写真が載っています。
有名な写真と同じくミツカン(違)の袖章の軍服に水玉の蝶ネクタイ、手には2冊の海律全書。
愛敬のある表情がいいですね♪かわい~い!
他の人形も表情が豊かでかわいいし、後ろの説明書きも面白そうです。

企画展は来年1月31日(日)まで。
月曜日休館ですが、年末年始も休館になるようですのでお気をつけください。
入館料は一般300円、高校生・市内在住70歳以上150円、中学生以下無料。
入場者にはもれなく素敵なプレゼントがあるそうですヨ。



【2009/12/01 02:20】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック