和魂凡才 2月の東京旅行
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも最近根気が無くなって嫌になってしまいます。
記事を書きかけちゃ途中で放置してしまうので、そのうちに旬を逃してお蔵入り…ってことばかり。
東京の話とかオリンピックの話とか、いろいろ書きたかったんですが、どうもいつもと同じになってしまいそう。
でもせっかく書きかけたので、旬を過ぎているのを承知で2月半ばから末にかけての10日間ほどの東京旅行の話、オリンピックの話をザクッと書いちゃう事にしました。(って、書き初めてすでに1週間ほど経っています・汗)

2月20、21日に一泊二日で東京へ行って来ました。
ここ数年、旅行といえば一人か母と、または相方と行くばかりで、友人との旅行は15年ぶりくらい?
今回は直前にちょっと忙しかったし、相手のある旅行なので、下調べはほとんどできませんでした。
行き当たりばったりになりそうな予感…。
2月20日(土)
午前8時すぎのひかりで東京へ。
到着後ディズニー・シーへ直行。
同僚Mちゃんと旅行スタイルがあまりに違い、お互い困惑(笑)
私は旅行の荷物はなるべく少なくしたい方なので、小さなショルダーバッグと普通サイズのトートバッグだったのですが、Mちゃんはそのトートバッグ大のショルダーにソフトキャリーで登場。
げっ、1泊2日で何入ってるの?と思ったところ、大きな化粧品のビンが4本に大きな鏡、ヘアアイロン。ホテルで寛ぐためのルームウェアに、ストールも2日分の服に合わせて2枚持ってきてた…。
お土産にしても、私は自分の分より他人の分をついついたくさん買っちゃう方なのですが、会社へのおみやげを2人で割り勘して買おうと思っていたところ、「私、おみやげ買わなくてもいいかな」と言われてちょっとびっくり。買ったのはほとんど自分用らしい。(あ、でもその後赤坂のTBSショップで会社用のおみやげ買ってました。)

ディズニーシー 001

ディズニーランドの方は何度も行った事があるのですが、シーの方は初めて。
私はガツガツ回りたい方なんですが、Mちゃんは3回目と言う事もあり、あまりガツガツとしたくないよう。
お昼すぎに入ったので、人気のアトラクションのファストパスはもう終了していて、タワー・オブ・テラーなんか160分待ち。1つだけファストパスを取ったものの、20時半からだって。もう笑うしかない。
「並ぶの嫌」とMちゃん。私だって並ぶのは嫌だけど、でも多少は待たなきゃ何にも乗れないのよ!取りあえず並ぼう、と70分待ちのアトラクションに並ぶ。
ともすれば喫煙所に行きたがるMちゃんの尻を叩きながら移動。「煙草が切れると機嫌悪くなるの」とのたまっておりましたが、途中でドナルドに会って一緒に写真を撮ったら急に機嫌が良くなりました。まだまだ子供じゃの~。
シーの方は大人向けだけあって、夕方になってもなかなか人が少なくならず、いつまでたっても1時間半待ちとか。
結局12時ごろから21時半まで居て、乗れたアトラクションは4つだけ。やっぱりディズニーランドは平日来るべきですね。
21時10分ごろ、突然イクスピアリの中にあるディズニーストアに行きたいと言いだしたMちゃん。22時で閉店のようで、「あと1時間あるやん!」と言うけれど、「今からここ出て、ロッカーから荷物出してモノレール乗ってたら時間ないから無理」と言うと一旦は諦めたのですが…。

ところで、どうしても腹の虫が収まらない事があって。
普段、旅先ではなるべく交通手段にバスは使わないようにしています。先払いか後払いかその土地によって違うし、降車する時も前からなのか真ん中からなのか、初めての土地では判らないからです。
この日、たまたま目の前に浦安行きのバスが来たので、つい乗ってしまったのですが、運賃は前払いでした。
「先に払うんですか」と聞いた時点ですでに運転手(ムカつくので「さん」は付けません!)は不機嫌な答え。しかもちょうど持っていない場合は両替してから入れろと言う。Mちゃんがまず両替。そして私も両替しました。後ろにはお客さんが2人ほど待っていました。
運転手は明らかにこちらに聞こえるように「はぁーっ」大きなため息をつきました。「早くしろ」と言う事なのでしょう。こちらも焦って、せっかく両替した小銭をうっかり落としてしまいました。またもや明からさまに「ちっ!」と舌打ち。しかも丁度お金を入れたはずなのに、投入金額の数字が変わらないので、また焦って100円多めに入れてしまいました。(←これが一番くやしー!)
「あぁ、もう入れなくていいですよ」と運転手。

あのさ、大阪は普通後払いなんですよ。後払いだと後ろがつっかえずに乗れるし、小銭がない人は降りる前に余裕を持って両替できるでしょ。前払いにするならお金を投入したらお釣りが出るようなシステムにするのが当然じゃないですか。乗る時に両替してたら、どうしてもつっかえるでしょーが。本当に合理的じゃないったら!!
しかも、ディズニーランド前なんて、路線バスでも地元の人ばかりが乗るとは限らないじゃないですか。旅行者でそのバスに乗るのが初めての人だって当然いるはず。この運転手の態度は本当に腹が立ちました。
それとも、東京ではこんな態度が普通なんでしょうか?大阪だったら、間違いなく「何ため息ついとんねん!」(頭の中ではもっと汚い大阪弁が炸裂していますが、自粛)って事になりますよ。
運転手の名札見といて、苦情の電話入れてやれば良かったかしら。東京ベイ○ティバス!
今まで何度も東京に行っていますが、高飛車な物言いをされる事がけっこうありました。言葉のせいか、大阪の人間にしたらなんだか冷たく聞こえるのです。田舎者のひがみなのかもしれませんが。

あ~、すっきりした。(東京の方、気を悪くしたらゴメンナサイ。)


2月21日(日)
東京2日目。
午後4時までは何も予定が決まっていませんでした。
上京前にMちゃんに聞くと、特に行きたいところがないと言っていたので、ここは私のリクエストでお台場…じゃない、御台場に行くべくメトロの駅に近いところにホテルをとっていたのですが、「お台場に行こう」と言っても、よい返事が返ってこない。そしてMちゃん、昨日行けなかったイクスピアリ内のディズニーストアに行きたいと言い出しました。ディズニーストアなら大阪にもあるのにーっ!
結局、ディズニーシーのお土産が入った袋を抱えて、再度舞浜へ。思いのほか時間がかかって、お台場に行く時間がなくなり、途中東京駅で荷物を預けて赤坂に直行。

赤坂サカス&赤坂ACTシアターは初めて。
ここでMちゃんにお願いして、1時間だけ別行動。赤坂サカスからほど近い勝麟さん宅跡へ。
って言っても、喫茶店の横に碑と説明板があるだけなんですが。


ディズニーシー 024 ディズニーシー 022 

そして氷川神社へお参り

ディズニーシー 032

今回の旅行の史跡めぐりはこれだけ。 

4時からは「TALK LIKE SINGING」を観劇。
ニューヨーク公演の凱旋公演という事で、台詞は日本語と英語両方が混ざっています。
英語部分は横に字幕が出ます。2階席でしたが、最前列だったので字幕も見やすかったです。
出演者は皆さん上手かったし、すごく頑張っていました。
慎吾君は持ち前のキャラクターで、明るく人なつっこいターロウを演じていたし、脇を固める3人は皆さん、芸達者で歌もうまいし、特にジェイさんはもしかして主役は彼?と思わせるほどの活躍ぶり。
決して面白くなかったわけではないんです。でもなんだ?この満足していない感は?

三谷さんの芝居と言えば、次から次に間断なく押し寄せるようなテンポのいいシチュエーションコメディが売りのはずなのですが、どうもミュージカルになるとテンポが悪いような気がします。それは評判の良かった「オケピ!」でも音楽劇「サザエさん」でも感じた事です。変に間延びしている感じ(字幕を見るという影響もあるかと思います)。正直眠たくなったところもありました。
下駄のタップダンスや50州の歌とか、楽しいシーンもたくさんありました。でもどうもミュージカルとしての高揚感がない。面白い!って思える手前で終わっちゃってる気がする…。
三谷さんがパンフレットに「僕はミュージカル好きだがミュージカル信奉者ではない。だからミュージカルを創る時には、ミュージカル嫌いの人たちにこそ受け入れられて、楽しんでもらえる作品を創るのが僕の使命」「ミュージカルの形をとったストレートプレイ」と書かれていました。
多分、「ミュージカル」として楽しみにしていた私と、その辺の温度差が「満足していない」感になったのかなぁ、と思います。

カーテンコールが終わって劇場を出たら夕方6時過ぎ。新幹線は7時3分発です。
「こんなギリギリの計画立てて!」とか「晩ご飯はどうすんの!」とか横で叫ぶMちゃんを軽くあしらいつつ、東京駅へ。荷物受け取って、弁当買ってトイレも済ませて、10分前にはホームにいましたよ。
こちとら待ち時間が最少で済むようにちゃーーーんと計算してるんだい!
新幹線内でも、ひかりだったため「停車する駅が多い!」と愚痴るのはもう無視。
そして2つ前の記事「ショックな話」に続くのでした。



追記を閉じる▲
2月20日(土)
午前8時すぎのひかりで東京へ。
到着後ディズニー・シーへ直行。
同僚Mちゃんと旅行スタイルがあまりに違い、お互い困惑(笑)
私は旅行の荷物はなるべく少なくしたい方なので、小さなショルダーバッグと普通サイズのトートバッグだったのですが、Mちゃんはそのトートバッグ大のショルダーにソフトキャリーで登場。
げっ、1泊2日で何入ってるの?と思ったところ、大きな化粧品のビンが4本に大きな鏡、ヘアアイロン。ホテルで寛ぐためのルームウェアに、ストールも2日分の服に合わせて2枚持ってきてた…。
お土産にしても、私は自分の分より他人の分をついついたくさん買っちゃう方なのですが、会社へのおみやげを2人で割り勘して買おうと思っていたところ、「私、おみやげ買わなくてもいいかな」と言われてちょっとびっくり。買ったのはほとんど自分用らしい。(あ、でもその後赤坂のTBSショップで会社用のおみやげ買ってました。)

ディズニーシー 001

ディズニーランドの方は何度も行った事があるのですが、シーの方は初めて。
私はガツガツ回りたい方なんですが、Mちゃんは3回目と言う事もあり、あまりガツガツとしたくないよう。
お昼すぎに入ったので、人気のアトラクションのファストパスはもう終了していて、タワー・オブ・テラーなんか160分待ち。1つだけファストパスを取ったものの、20時半からだって。もう笑うしかない。
「並ぶの嫌」とMちゃん。私だって並ぶのは嫌だけど、でも多少は待たなきゃ何にも乗れないのよ!取りあえず並ぼう、と70分待ちのアトラクションに並ぶ。
ともすれば喫煙所に行きたがるMちゃんの尻を叩きながら移動。「煙草が切れると機嫌悪くなるの」とのたまっておりましたが、途中でドナルドに会って一緒に写真を撮ったら急に機嫌が良くなりました。まだまだ子供じゃの~。
シーの方は大人向けだけあって、夕方になってもなかなか人が少なくならず、いつまでたっても1時間半待ちとか。
結局12時ごろから21時半まで居て、乗れたアトラクションは4つだけ。やっぱりディズニーランドは平日来るべきですね。
21時10分ごろ、突然イクスピアリの中にあるディズニーストアに行きたいと言いだしたMちゃん。22時で閉店のようで、「あと1時間あるやん!」と言うけれど、「今からここ出て、ロッカーから荷物出してモノレール乗ってたら時間ないから無理」と言うと一旦は諦めたのですが…。

ところで、どうしても腹の虫が収まらない事があって。
普段、旅先ではなるべく交通手段にバスは使わないようにしています。先払いか後払いかその土地によって違うし、降車する時も前からなのか真ん中からなのか、初めての土地では判らないからです。
この日、たまたま目の前に浦安行きのバスが来たので、つい乗ってしまったのですが、運賃は前払いでした。
「先に払うんですか」と聞いた時点ですでに運転手(ムカつくので「さん」は付けません!)は不機嫌な答え。しかもちょうど持っていない場合は両替してから入れろと言う。Mちゃんがまず両替。そして私も両替しました。後ろにはお客さんが2人ほど待っていました。
運転手は明らかにこちらに聞こえるように「はぁーっ」大きなため息をつきました。「早くしろ」と言う事なのでしょう。こちらも焦って、せっかく両替した小銭をうっかり落としてしまいました。またもや明からさまに「ちっ!」と舌打ち。しかも丁度お金を入れたはずなのに、投入金額の数字が変わらないので、また焦って100円多めに入れてしまいました。(←これが一番くやしー!)
「あぁ、もう入れなくていいですよ」と運転手。

あのさ、大阪は普通後払いなんですよ。後払いだと後ろがつっかえずに乗れるし、小銭がない人は降りる前に余裕を持って両替できるでしょ。前払いにするならお金を投入したらお釣りが出るようなシステムにするのが当然じゃないですか。乗る時に両替してたら、どうしてもつっかえるでしょーが。本当に合理的じゃないったら!!
しかも、ディズニーランド前なんて、路線バスでも地元の人ばかりが乗るとは限らないじゃないですか。旅行者でそのバスに乗るのが初めての人だって当然いるはず。この運転手の態度は本当に腹が立ちました。
それとも、東京ではこんな態度が普通なんでしょうか?大阪だったら、間違いなく「何ため息ついとんねん!」(頭の中ではもっと汚い大阪弁が炸裂していますが、自粛)って事になりますよ。
運転手の名札見といて、苦情の電話入れてやれば良かったかしら。東京ベイ○ティバス!
今まで何度も東京に行っていますが、高飛車な物言いをされる事がけっこうありました。言葉のせいか、大阪の人間にしたらなんだか冷たく聞こえるのです。田舎者のひがみなのかもしれませんが。

あ~、すっきりした。(東京の方、気を悪くしたらゴメンナサイ。)


2月21日(日)
東京2日目。
午後4時までは何も予定が決まっていませんでした。
上京前にMちゃんに聞くと、特に行きたいところがないと言っていたので、ここは私のリクエストでお台場…じゃない、御台場に行くべくメトロの駅に近いところにホテルをとっていたのですが、「お台場に行こう」と言っても、よい返事が返ってこない。そしてMちゃん、昨日行けなかったイクスピアリ内のディズニーストアに行きたいと言い出しました。ディズニーストアなら大阪にもあるのにーっ!
結局、ディズニーシーのお土産が入った袋を抱えて、再度舞浜へ。思いのほか時間がかかって、お台場に行く時間がなくなり、途中東京駅で荷物を預けて赤坂に直行。

赤坂サカス&赤坂ACTシアターは初めて。
ここでMちゃんにお願いして、1時間だけ別行動。赤坂サカスからほど近い勝麟さん宅跡へ。
って言っても、喫茶店の横に碑と説明板があるだけなんですが。


ディズニーシー 024 ディズニーシー 022 

そして氷川神社へお参り

ディズニーシー 032

今回の旅行の史跡めぐりはこれだけ。 

4時からは「TALK LIKE SINGING」を観劇。
ニューヨーク公演の凱旋公演という事で、台詞は日本語と英語両方が混ざっています。
英語部分は横に字幕が出ます。2階席でしたが、最前列だったので字幕も見やすかったです。
出演者は皆さん上手かったし、すごく頑張っていました。
慎吾君は持ち前のキャラクターで、明るく人なつっこいターロウを演じていたし、脇を固める3人は皆さん、芸達者で歌もうまいし、特にジェイさんはもしかして主役は彼?と思わせるほどの活躍ぶり。
決して面白くなかったわけではないんです。でもなんだ?この満足していない感は?

三谷さんの芝居と言えば、次から次に間断なく押し寄せるようなテンポのいいシチュエーションコメディが売りのはずなのですが、どうもミュージカルになるとテンポが悪いような気がします。それは評判の良かった「オケピ!」でも音楽劇「サザエさん」でも感じた事です。変に間延びしている感じ(字幕を見るという影響もあるかと思います)。正直眠たくなったところもありました。
下駄のタップダンスや50州の歌とか、楽しいシーンもたくさんありました。でもどうもミュージカルとしての高揚感がない。面白い!って思える手前で終わっちゃってる気がする…。
三谷さんがパンフレットに「僕はミュージカル好きだがミュージカル信奉者ではない。だからミュージカルを創る時には、ミュージカル嫌いの人たちにこそ受け入れられて、楽しんでもらえる作品を創るのが僕の使命」「ミュージカルの形をとったストレートプレイ」と書かれていました。
多分、「ミュージカル」として楽しみにしていた私と、その辺の温度差が「満足していない」感になったのかなぁ、と思います。

カーテンコールが終わって劇場を出たら夕方6時過ぎ。新幹線は7時3分発です。
「こんなギリギリの計画立てて!」とか「晩ご飯はどうすんの!」とか横で叫ぶMちゃんを軽くあしらいつつ、東京駅へ。荷物受け取って、弁当買ってトイレも済ませて、10分前にはホームにいましたよ。
こちとら待ち時間が最少で済むようにちゃーーーんと計算してるんだい!
新幹線内でも、ひかりだったため「停車する駅が多い!」と愚痴るのはもう無視。
そして2つ前の記事「ショックな話」に続くのでした。


【2010/03/09 23:45】 | おでかけ・史跡めぐり
トラックバック(0) |

こんにちは!
はな。
東京滞在の限られた時間のなかでちゃんと勝邸跡&氷川神社を
チェックされているとはさすがです☆

>浦安行きのバス
確かに昔はバスの運ちゃんにも態度の悪い奴はいたのですが、
最近は路線が激減したためか不気味なほどに愛想のいい人が多いので、
都民からするとこの浦安行きバスの運転手って何者!?と思います!!
ただ東京人としては「東京ディズニーランド」も「東京新国際空港(成田)」も
「東京じゃないでしょ、千葉デショ!」とその東京なりすましぶりには、
常日頃から腹が立っておりマス(爆)。
知事も森田健作(千葉)なのに、なぜ浦安も成田も「千葉」と堂々と名のらないのか!
というわけです。
おかげでディズニーランドも30分で行けるのに、一度も行ったことがありません(笑)。
・・・・・・というのはさておき、そのバスはよくありませんね!
きっと観光地で、バスが有効な交通手段だからってデングさまになっているのでしょう。
ひじょうにムカつきます~~~!

>運賃は前払い
小さい頃から並んでいるうちにバス代を用意しておくよう、
しつけられているせいでまったく気にしていなかったのですが、
後払いのほうが断然楽ですよね!
しかもディズニー浦安の場合、観光地なのだし、荷物も多いお客さまもたくさんおられるのに。
なんで前払いなんでしょうね???(定額運賃=前払いだと思い込んでいるのだろうか)
・・・・・・この観光地も昔からあるのにそういう改善ひとつやっていないとは・・・・・・。
同じ関東者として、嘆かわしうございます。

>「こんなギリギリの計画立てて!」とか「晩ご飯はどうすんの!」
香音里さんはお優しすぎますよ~~~~。
こんなことを旅の相棒(ってもなにもしない人)に言われたら、
その場で置き去りの刑にしちゃいますヨ~~~(笑)。
(たとえそこが外国でも即実行します・爆)
「なんていい人なんだ・・・・・・」って、
ホントに香音里さんに後光が差してみえましたです。


こんばんは♪
香音里
そっか、東京ディズニーランドは千葉でしたね。
失礼しました(笑)

普段旅行に行く時は、その地でのバスの乗り方も前もって調べていくし、
小銭も両替しなくていいようにたくさん持って行くのですが、やはり今回は行き当たりばったり。
最初電車で移動する予定が「魔がさした」のでしょうか、うっかりバスに乗ってしまったんです。
しかも、電車の券売機で両替できるからいいや、と小銭を使い果たしてしまってて…。

たまたまイヤな人にあたっちゃっただけで、東京(もしくは千葉)のバスの運転手さんが、
皆こんな人でない事はもちろん解っていますよ~。
でも、前払いってなんか「感謝してもらってない」気がするのは私だけでしょうか?(笑)
食券を券売機で先に買うのも、そんな気がしてあまり好きではありません。
だって、降りる時運転手さんって「ありがとうございました」って言いませんよね。
(多分、乗る時も言わない気がする)
逆に、運転手さんや店員さんに「ありがとう」とか「ごちそうさまでした」も言えませんし。
う~、こんな考え方するのは大阪人だからなのでしょーか?

>香音里さんはお優しすぎますよ~~~~。
とんでもないですっ。
その証拠に、こうやってブログでぐちぐちと愚痴ってます(笑)
帰阪した翌日、確定申告に行ったら3万円弱の還付金がある事が解り、
一瞬「このお金でもう1回東京に行けるかも」と思ったのですが、
即座に「いやいや、もう絶対に一緒に行かない!」と思いなおしました(^^;


東京レポ、楽しく拝見しました。
ゆらり
香音里さん、こんばんは♪
最近の楽しみの一つ、M子ちゃん。(笑)
今度はどんなワガママをしたのかと期待?しながら読んでいます。

ワガママな人って甘え上手なところもあって、腹をたてながらも、むげに突き放せなかったりしますよね。
私の友達にも似たような子がいるんですが、こんな奴と二度と旅行しない!!と何度も思いながら、5年ぐらいするとまた一緒に出かけてる。(汗)
でも、ひとり旅が一番気楽ですね。(#^.^#)

TSL、ニューヨークでは酷評だったみたいですね~。「オケピ!」は、私も前列の席だったのに途中でウトウトした記憶があります。何でだろうとずっと思っていたんですが、そうです、気分が高揚するような盛り上がりがなかった。

知らない土地でバスに乗るのは、ホント緊張しますね。
「ちっ」は、許せなーい!!
おまえは国母か、と言ってやりましょう。
私の知人で、ずいぶん長い間、公共料金の支払いを口座引き落としにせず、営業所までわざわざ支払いに行っている人がおりまして、理由はというと、「ありがとうございました」を言ってもらうためだそうです。(笑)


そうなんですよね~
香音里
ゆらりさん、こんばんは。
楽しみにしていただいて、ありがとうございます(笑)
Mちゃん、確かに憎めないところもあるので、ついつい「ワガママ~」と思いながらも赦しちゃうんですけどね。
偶然にも名字が同じなので、ほとんど姉のような気持ちで接しております。

今日「秘密のケンミンショー」を見ていたら、大阪人はお店で食事をした後、「美味しかったわ」「ごちそうさま」「ありがとう」「また来るわ」を言うと言っていましたが、それをわざわざ取り上げてる事に驚きました。
「美味しかったわ」はさすがに不味かった時には言いませんが、「ごちそうさま」「ありがとう」は当然だと思っていたので。
前払いに抵抗があるのは、そういうのも関係あるのかも知れません。

TLSはニューヨーク公演よりはだいぶ良くなっているようです。
でも三谷さんの舞台はミュージカルよりも、やはりストレートプレイの方が好きです。
その中でも特に好きな「ショー・マスト・ゴー・オン」がBSで放送されますね!(…て、今我が家はBSが映らない状態なので、人に録画してもらうよう頼みまくりました)
今回「なにわバタフライ」は諦めたので、久々に三谷さんのストレートプレイが見られると思うと、とても楽しみです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
東京滞在の限られた時間のなかでちゃんと勝邸跡&氷川神社を
チェックされているとはさすがです☆

>浦安行きのバス
確かに昔はバスの運ちゃんにも態度の悪い奴はいたのですが、
最近は路線が激減したためか不気味なほどに愛想のいい人が多いので、
都民からするとこの浦安行きバスの運転手って何者!?と思います!!
ただ東京人としては「東京ディズニーランド」も「東京新国際空港(成田)」も
「東京じゃないでしょ、千葉デショ!」とその東京なりすましぶりには、
常日頃から腹が立っておりマス(爆)。
知事も森田健作(千葉)なのに、なぜ浦安も成田も「千葉」と堂々と名のらないのか!
というわけです。
おかげでディズニーランドも30分で行けるのに、一度も行ったことがありません(笑)。
・・・・・・というのはさておき、そのバスはよくありませんね!
きっと観光地で、バスが有効な交通手段だからってデングさまになっているのでしょう。
ひじょうにムカつきます~~~!

>運賃は前払い
小さい頃から並んでいるうちにバス代を用意しておくよう、
しつけられているせいでまったく気にしていなかったのですが、
後払いのほうが断然楽ですよね!
しかもディズニー浦安の場合、観光地なのだし、荷物も多いお客さまもたくさんおられるのに。
なんで前払いなんでしょうね???(定額運賃=前払いだと思い込んでいるのだろうか)
・・・・・・この観光地も昔からあるのにそういう改善ひとつやっていないとは・・・・・・。
同じ関東者として、嘆かわしうございます。

>「こんなギリギリの計画立てて!」とか「晩ご飯はどうすんの!」
香音里さんはお優しすぎますよ~~~~。
こんなことを旅の相棒(ってもなにもしない人)に言われたら、
その場で置き去りの刑にしちゃいますヨ~~~(笑)。
(たとえそこが外国でも即実行します・爆)
「なんていい人なんだ・・・・・・」って、
ホントに香音里さんに後光が差してみえましたです。
2010/03/10(Wed) 10:46 | URL  | はな。 #RFphBmaY[ 編集]
こんばんは♪
そっか、東京ディズニーランドは千葉でしたね。
失礼しました(笑)

普段旅行に行く時は、その地でのバスの乗り方も前もって調べていくし、
小銭も両替しなくていいようにたくさん持って行くのですが、やはり今回は行き当たりばったり。
最初電車で移動する予定が「魔がさした」のでしょうか、うっかりバスに乗ってしまったんです。
しかも、電車の券売機で両替できるからいいや、と小銭を使い果たしてしまってて…。

たまたまイヤな人にあたっちゃっただけで、東京(もしくは千葉)のバスの運転手さんが、
皆こんな人でない事はもちろん解っていますよ~。
でも、前払いってなんか「感謝してもらってない」気がするのは私だけでしょうか?(笑)
食券を券売機で先に買うのも、そんな気がしてあまり好きではありません。
だって、降りる時運転手さんって「ありがとうございました」って言いませんよね。
(多分、乗る時も言わない気がする)
逆に、運転手さんや店員さんに「ありがとう」とか「ごちそうさまでした」も言えませんし。
う~、こんな考え方するのは大阪人だからなのでしょーか?

>香音里さんはお優しすぎますよ~~~~。
とんでもないですっ。
その証拠に、こうやってブログでぐちぐちと愚痴ってます(笑)
帰阪した翌日、確定申告に行ったら3万円弱の還付金がある事が解り、
一瞬「このお金でもう1回東京に行けるかも」と思ったのですが、
即座に「いやいや、もう絶対に一緒に行かない!」と思いなおしました(^^;
2010/03/11(Thu) 02:55 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
東京レポ、楽しく拝見しました。
香音里さん、こんばんは♪
最近の楽しみの一つ、M子ちゃん。(笑)
今度はどんなワガママをしたのかと期待?しながら読んでいます。

ワガママな人って甘え上手なところもあって、腹をたてながらも、むげに突き放せなかったりしますよね。
私の友達にも似たような子がいるんですが、こんな奴と二度と旅行しない!!と何度も思いながら、5年ぐらいするとまた一緒に出かけてる。(汗)
でも、ひとり旅が一番気楽ですね。(#^.^#)

TSL、ニューヨークでは酷評だったみたいですね~。「オケピ!」は、私も前列の席だったのに途中でウトウトした記憶があります。何でだろうとずっと思っていたんですが、そうです、気分が高揚するような盛り上がりがなかった。

知らない土地でバスに乗るのは、ホント緊張しますね。
「ちっ」は、許せなーい!!
おまえは国母か、と言ってやりましょう。
私の知人で、ずいぶん長い間、公共料金の支払いを口座引き落としにせず、営業所までわざわざ支払いに行っている人がおりまして、理由はというと、「ありがとうございました」を言ってもらうためだそうです。(笑)
2010/03/11(Thu) 20:12 | URL  | ゆらり #-[ 編集]
そうなんですよね~
ゆらりさん、こんばんは。
楽しみにしていただいて、ありがとうございます(笑)
Mちゃん、確かに憎めないところもあるので、ついつい「ワガママ~」と思いながらも赦しちゃうんですけどね。
偶然にも名字が同じなので、ほとんど姉のような気持ちで接しております。

今日「秘密のケンミンショー」を見ていたら、大阪人はお店で食事をした後、「美味しかったわ」「ごちそうさま」「ありがとう」「また来るわ」を言うと言っていましたが、それをわざわざ取り上げてる事に驚きました。
「美味しかったわ」はさすがに不味かった時には言いませんが、「ごちそうさま」「ありがとう」は当然だと思っていたので。
前払いに抵抗があるのは、そういうのも関係あるのかも知れません。

TLSはニューヨーク公演よりはだいぶ良くなっているようです。
でも三谷さんの舞台はミュージカルよりも、やはりストレートプレイの方が好きです。
その中でも特に好きな「ショー・マスト・ゴー・オン」がBSで放送されますね!(…て、今我が家はBSが映らない状態なので、人に録画してもらうよう頼みまくりました)
今回「なにわバタフライ」は諦めたので、久々に三谷さんのストレートプレイが見られると思うと、とても楽しみです。
2010/03/12(Fri) 00:34 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。