和魂凡才 今さらですがオリンピックの話。
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
バンクーバー冬季オリンピックが閉幕してすでに1週間以上経ちますが(汗)、旬を過ぎたのを承知の上でオリンピックのフィギュアスケートの話など。

今回のオリンピックで最も関心があったのは、やはりフィギュアスケートです。
男子は高橋大輔選手はじめ、日本人選手は大健闘でした。
高橋選手は4回転ジャンプこそ失敗したけれど、五輪の舞台で挑戦した勇気は讃えたいと思うし、日本人びいきと言われるかもしれませんが、私は金、銀メダルを取った選手の演技よりも魅了されました。

そして何より楽しみにしていたのは女子のフィギュア。
SPで真央ちゃんが完ぺきな演技で最高の笑顔。その後のキムヨナ選手も演技は完璧でしたが、やはり私は日本人びいきなのか、トリプルアクセルやステップも含めて真央ちゃんの演技の方が良いと思ったし、好きだったのですが、5点も差がついて驚きでした。
翌々日のフリーは会社で皆がワンセグで結果を見ている中、「教えないで~」とテレビで観戦するまではと耳をふさいで帰宅したのに、テレビをつけた途端、真央ちゃんの涙が目に入って来ました。
ノーミスのキム選手に対し、ジャンプのミスがあった真央ちゃんが銀メダルだったのは仕方ないとして、あの点差は一体何?キム選手の点数が高過ぎです。ネットでも大技に挑戦した選手よりも、難易度は低くてもミスがなく完成度の高い演技の方が加点があるという採点方式に疑問があるといった意見が多く見られました。(採点方式以前の問題も色々と取り上げられていましたが)
安藤選手が試合後のインタビューで、「トリプルトリプル(結局2回目のジャンプは回転不足と採点された)を跳ぶよりも、トリプルダブルを跳んだ方が点が良かった」と言っていました。そうなると、今後大技に挑戦する選手が少なくなるのではと危惧します。大技に挑戦しても加点が少なく、万一それが回転不足を取られると、難易度の低い技よりも低い点数を付けられてしまうからです。

私がフィギュアスケートをよく見るようになったのは長野オリンピックからです。この時男子の金メダルを取ったロシアのクーリック選手の演技に一目ボレ。イケメンだった事もありますが(当時、「氷上のディカプリオ」とか言われてました^^)、本当に素晴らしい演技だったんです。すごく優雅なスケーティングで、4回転ジャンプも軽々と跳び、着地も完璧。エキシビションでは日本刀を持って滑る、なんて開催地日本向けのサービス心もあったりして。
今回のオリンピックの結果(特に男子の4回転ジャンプ)に対してコメントをしていたストイコ、キャンデロロは長野五輪の銀、銅メダリストで、キャンデロロはダルタニアンをイメージした演技で日本でも人気がありました。ストイコ選手は正直あまり長くない手足で(失礼)、4回転ジャンプをバンバン跳んでいた記憶があります。日本選手だって、今コーチや解説をしている本田武史選手が4回転ジャンプを跳んでいました。この時の男子フィギュアはビデオに録画して何度も繰り返して観ました。

長野オリンピックと言えば12年も前。その頃すでに4回転ジャンプに皆バンバン挑戦していたというのに、今回4回転ジャンプに挑戦する選手が少なかった。
「別に4回転ジャンプを跳ぶだけがフィギュアスケートじゃない。」という意見も解ります。無難でノーミスの演技をして金メダルを狙うのもいいでしょう。でも、やはりオリンピックとなると「すごい技」というのを見たいじゃないですか。今回金メダルを取ったライサチェック選手も、多分4回転ジャンプが跳べないわけではないと思います。でも、大技に挑戦して失敗すると、挑戦した事さえ採点に反映されない。だから難易度を落とした技を使う。それでは今後のフィギュアスケートに進歩はない。そうさせる「採点方法」に問題がある、というプルシェンコ選手の意見ももっともだと思うのです。

真央ちゃんの悔し涙を見る度にもらい泣きしそうになりました。真央ちゃんは言い訳も文句も言っていないのに、勝手に「採点方法がおかしい」とか、もやもやした気分でうだうだと文句を垂れていました。
でも、翌日晴れやかな笑顔で「次のオリンピックも出たい」と言っていた真央ちゃんを見ると、もうすでに未来を見ているんだと嬉しくなり、うだうだ文句を言っていた自分が恥ずかしくなりました。
メダルを取るというのもオリンピックの一つの目標でしょう。そのためには加点がもらえるようなプログラム、審査員好みのする演技をすることも悪くはないと思います。でも真央ちゃんは最初から「自分の最高の演技をしたい」と言っていたではありませんか。それがあの3回のトリプルアクセルであって、それはきっと彼女にとってトリプルアクセルを跳ばずに無難でノーミスの演技をして加点してもらうよりも意味のある事だったんだろうと思います。
だから、銀メダルでも全然がっかりすることはないと思うし、かえってオリンピックという舞台で女子史上初の3回のトリプルアクセルを跳んだための銀メダルなんだから、誇りに思っていいと思います。
「4回転ジャンプを跳びたい」と言う彼女、本当に頼もしいです。

テレビでは真央ちゃんとキム・ヨナ選手ばかり取り上げられていましたが、安藤選手も鈴木選手も頑張ったと思います。特に鈴木選手のフリーの演技は楽しかったし、水を得た魚のように生き生きと滑ってましたね。
男子に続いて女子も全員入賞。長野オリンピックの時には、日本人選手がここまでになるとは想像もできない事でした。
たった今終わったばかりだというのに、4年後のソチオリンピックが楽しみになって来ました。
浅田選手も高橋選手も、そしてこれからオリンピックを目指すであろう選手も、自分が納得する「最高の演技」をして欲しい。そしてその結果が金メダルであれば…本当に素敵だと思います。
(でも、採点方法の見直しは重要課題だと思います~)
選手の皆さん、お疲れさまでした。そして素晴らしい演技をありがとう。







追記を閉じる▲
今回のオリンピックで最も関心があったのは、やはりフィギュアスケートです。
男子は高橋大輔選手はじめ、日本人選手は大健闘でした。
高橋選手は4回転ジャンプこそ失敗したけれど、五輪の舞台で挑戦した勇気は讃えたいと思うし、日本人びいきと言われるかもしれませんが、私は金、銀メダルを取った選手の演技よりも魅了されました。

そして何より楽しみにしていたのは女子のフィギュア。
SPで真央ちゃんが完ぺきな演技で最高の笑顔。その後のキムヨナ選手も演技は完璧でしたが、やはり私は日本人びいきなのか、トリプルアクセルやステップも含めて真央ちゃんの演技の方が良いと思ったし、好きだったのですが、5点も差がついて驚きでした。
翌々日のフリーは会社で皆がワンセグで結果を見ている中、「教えないで~」とテレビで観戦するまではと耳をふさいで帰宅したのに、テレビをつけた途端、真央ちゃんの涙が目に入って来ました。
ノーミスのキム選手に対し、ジャンプのミスがあった真央ちゃんが銀メダルだったのは仕方ないとして、あの点差は一体何?キム選手の点数が高過ぎです。ネットでも大技に挑戦した選手よりも、難易度は低くてもミスがなく完成度の高い演技の方が加点があるという採点方式に疑問があるといった意見が多く見られました。(採点方式以前の問題も色々と取り上げられていましたが)
安藤選手が試合後のインタビューで、「トリプルトリプル(結局2回目のジャンプは回転不足と採点された)を跳ぶよりも、トリプルダブルを跳んだ方が点が良かった」と言っていました。そうなると、今後大技に挑戦する選手が少なくなるのではと危惧します。大技に挑戦しても加点が少なく、万一それが回転不足を取られると、難易度の低い技よりも低い点数を付けられてしまうからです。

私がフィギュアスケートをよく見るようになったのは長野オリンピックからです。この時男子の金メダルを取ったロシアのクーリック選手の演技に一目ボレ。イケメンだった事もありますが(当時、「氷上のディカプリオ」とか言われてました^^)、本当に素晴らしい演技だったんです。すごく優雅なスケーティングで、4回転ジャンプも軽々と跳び、着地も完璧。エキシビションでは日本刀を持って滑る、なんて開催地日本向けのサービス心もあったりして。
今回のオリンピックの結果(特に男子の4回転ジャンプ)に対してコメントをしていたストイコ、キャンデロロは長野五輪の銀、銅メダリストで、キャンデロロはダルタニアンをイメージした演技で日本でも人気がありました。ストイコ選手は正直あまり長くない手足で(失礼)、4回転ジャンプをバンバン跳んでいた記憶があります。日本選手だって、今コーチや解説をしている本田武史選手が4回転ジャンプを跳んでいました。この時の男子フィギュアはビデオに録画して何度も繰り返して観ました。

長野オリンピックと言えば12年も前。その頃すでに4回転ジャンプに皆バンバン挑戦していたというのに、今回4回転ジャンプに挑戦する選手が少なかった。
「別に4回転ジャンプを跳ぶだけがフィギュアスケートじゃない。」という意見も解ります。無難でノーミスの演技をして金メダルを狙うのもいいでしょう。でも、やはりオリンピックとなると「すごい技」というのを見たいじゃないですか。今回金メダルを取ったライサチェック選手も、多分4回転ジャンプが跳べないわけではないと思います。でも、大技に挑戦して失敗すると、挑戦した事さえ採点に反映されない。だから難易度を落とした技を使う。それでは今後のフィギュアスケートに進歩はない。そうさせる「採点方法」に問題がある、というプルシェンコ選手の意見ももっともだと思うのです。

真央ちゃんの悔し涙を見る度にもらい泣きしそうになりました。真央ちゃんは言い訳も文句も言っていないのに、勝手に「採点方法がおかしい」とか、もやもやした気分でうだうだと文句を垂れていました。
でも、翌日晴れやかな笑顔で「次のオリンピックも出たい」と言っていた真央ちゃんを見ると、もうすでに未来を見ているんだと嬉しくなり、うだうだ文句を言っていた自分が恥ずかしくなりました。
メダルを取るというのもオリンピックの一つの目標でしょう。そのためには加点がもらえるようなプログラム、審査員好みのする演技をすることも悪くはないと思います。でも真央ちゃんは最初から「自分の最高の演技をしたい」と言っていたではありませんか。それがあの3回のトリプルアクセルであって、それはきっと彼女にとってトリプルアクセルを跳ばずに無難でノーミスの演技をして加点してもらうよりも意味のある事だったんだろうと思います。
だから、銀メダルでも全然がっかりすることはないと思うし、かえってオリンピックという舞台で女子史上初の3回のトリプルアクセルを跳んだための銀メダルなんだから、誇りに思っていいと思います。
「4回転ジャンプを跳びたい」と言う彼女、本当に頼もしいです。

テレビでは真央ちゃんとキム・ヨナ選手ばかり取り上げられていましたが、安藤選手も鈴木選手も頑張ったと思います。特に鈴木選手のフリーの演技は楽しかったし、水を得た魚のように生き生きと滑ってましたね。
男子に続いて女子も全員入賞。長野オリンピックの時には、日本人選手がここまでになるとは想像もできない事でした。
たった今終わったばかりだというのに、4年後のソチオリンピックが楽しみになって来ました。
浅田選手も高橋選手も、そしてこれからオリンピックを目指すであろう選手も、自分が納得する「最高の演技」をして欲しい。そしてその結果が金メダルであれば…本当に素敵だと思います。
(でも、採点方法の見直しは重要課題だと思います~)
選手の皆さん、お疲れさまでした。そして素晴らしい演技をありがとう。






【2010/03/10 01:14】 | つぶやき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック