和魂凡才 榎本さんを訪ねる旅in長崎 ②出島
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
今回の言い訳。
私が記事を更新できないのは、PCがくそ重たいからというわけでもなく、花火大会や観劇の誘惑に負けたからでもなく、もちろん仕事が忙しいなんて事は絶対なく、ひとえにクーラーの誘惑に負けているからです~。

10日ほど前から、我が家もついに我慢できずに寝る時にクーラーをかけて寝るようになったのですが、我が家にクーラーは寝室に1台のみ。普段はリビングとの境を開け放っているのですが、寝る時はそこを閉めてしまいます。私がブログを更新するのはもっぱら相方が寝静まってから。
う~ん、暑い!ふすまを開ければそこには天国があるというのに…!
もういいや、天国に行っちゃお!…なんて事がほぼ毎日…。
異常、いや以上言い訳終わり。
それにしてもこの暑さは異常です。

出島へ向かいました。
2010_07262010 長崎0012出島は鎖国令を敷いていた日本にとって唯一外国に向かって開かれた窓口でした。
「出島」の名の通り、昔は海に向かって出ていた扇形の人工の島でした。
明治以降、出島周辺後が埋め立てが進み、1904年(明治37年)には原形が失われ、市街地の中に埋もれてしまいました。前に見えているのは海ではなく中島川。

2010_07262010 長崎0015もらったパンフレットによると、1996年(平成8年)から短中期、長期的な出島の復元整備事業が始まり、19世紀初頭の建造物25棟の復元、将来的には扇形の島の完全復元を目指すそうです。そのためには中島川の振り替え、国道の線形変更など大規模な工事になるそうです。







長崎に行く前に、大慌てで積読本にしていたカッテンディーケの「長崎海軍伝習所の日々」を読みました。
オランダ教官たちが日本にやって来た当初、出島というこの狭い土地に押し込められる事への不満をつづっていたのですが、実際は長崎市街への出入りも許可されていたのですね。諏訪神社や稲佐山辺りまで散策したり、浦上まで遠乗りをしては、長崎の美しい風景を絶賛しています。

また、熱心な伝習生は伝習所での授業だけでは飽き足らず、出島の教官の所まで個人指導を受けに通ったそうです。



2010_07262010 長崎0016
水門
昔はここから貿易品を出し入れしました。







2010_07262010 長崎0043
カピタン部屋
オランダ商館長(カピタン)の住居兼事務所として使われた建物です。
1階では出島の歴史が学べる展示、2階ではカピタンの生活の様子を再現しています。



2010_07262010 長崎0026 
カピタン部屋の2階です。
商館員は1日2回カピタン部屋で食事をしていたそうです。







2010_07262010 長崎0068 
表門
江戸町側と出島を結ぶ出島への入口です。
現在は繋がってないので、ここからは入れません。







2010_07262010 長崎0062
出島内は史跡ゾーンと交流ゾーンに分かれていて、交流ゾーンには明治期の建物があります。

旧出島神学校
この建物は、確か15年前に来た時にも見た覚えがあります。







2010_07262010 長崎0053 
ミニ出島
15年前に「出島」を観光した時にはこのミニ出島しかなくて「これだけ!?」と非常にがっかりした覚えがあります(笑)






2010_07262010 長崎0060旧出島神学校内では海フェスタとタイアップして「龍馬と海と出島」展を開催中。
海軍伝習所跡は目と鼻の先というのに、どーーーしても「龍馬」なのね(涙)
とはいうものの、パネル展示がメインではありましたが、しっかり海軍伝習所についても展示されていましたよ。

HPには「すべて回れば2時間くらい」と書かれていたので、だいたい2時間を予定していたのですが、展示もじっくり見ようと思えば、2時間では足りないくらいでした。




【2010/08/08 23:45】 | おでかけ・史跡めぐり
トラックバック(0) |

出島♪
はな。
レポ楽しく拝見してます☆

やはり出島にも龍馬の手が回って
おりましたがっっ。
(アイツめは出島に縁もゆかりもないのに)

ところで。
2007年に出島に行ったおりには、
「2010年に出島復元完成予定」と
書かれていたのですが・・・・・・完成してません
よねっっっ??(笑)
いつに延期になったとか、
どこかに新たな期限の表示をごらんになりましたでしょうか~~??


実は私も…
香音里
「果たして完成しているのか、いないのか?」と思いながら訪れました(笑)

パンフにはすでに「2010年完成予定」とは書かれていませんし、「復元整備事業が進められています」と現在進行形で書かれてあります。
建造物は全部で25棟復元予定らしいのですが、現在明治時代の建物を入れても18棟しかありません。
実際に工事用の柵で囲まれているところもありました。(でもその場所以外は、これ以上建物が建つスペースはあまり無いようなのですが)
ということで、まだ完成はしていないようですが、完成予定がいつになるのかは残念ながら解りません。

最終的には四方を水で囲む予定だそうなので、完全に復元が完成するには、かなりの時間がかかると思われます。
どうやら、計画が思うように進んでいないような…。


やすゆき
初めまして、やすゆきです。一つ疑問なんですけど、

<函館には釜さんを称える物は残念ながら存在しません。ただ、パレードなどには登場し、町名にもその名が残されています。(榎本町、梁川町)>

とありますが榎本って町名はまだしも梁川ってのは釜さんとどういう関係があるのでしょうか?


香音里
やすゆきさん、はじめまして。

榎本釜さんの雅号は「梁川(りょうせん)」といいます。函館の梁川(やながわ)町はそれを訓読みしてつけられたものと思われます。
小樽にも釜さんゆかりの地で「梁川(やながわ)通り」という通りがあります。
他の地方の「梁川町」の由来は解りませんが、この函館と小樽の地名は榎本釜さんの号から付けられたと思われます。

ちなみに「梁川」という号は、釜さんが江戸下谷御徒町の柳川横町生まれなので、町の名に因んで最初「柳川(りゅうせん)」と付けたのですが、柳川だとドジョウの「柳川鍋」に通じるので、少しもじって「梁川」にしたという説があります。



ぶらんのわ〜る
こんばんは!始めまして♪
ドラマ「五稜郭」を観て以来の榎本さんファンの私ですが、当時は資料がなさすぎて謎の人のままでした・・・
が、北海道に移住し、今年久しぶりに五稜郭&(念願の)開陽丸を訪れてから再加熱!!
こちらのブログに頭が下がります!ファンの鏡です!!
札幌のお隣、江別市という街に榎本さんをたたえる公園があるのはご存じですか?小さすぎて見過ごしそうな公園ですが、榎本さんファンなら必見です♪
あと、北海道旧道庁に開拓使時代の榎本さんが黒田さんと共演してる絵があります!
近くに住んでいながら小樽の事は知らなかったので、近いうちにレポートに行こうと思います♪
長崎・・・また行きたいです・・・


香音里
ぶらんのわ~るさん、はじめまして。
拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

ドラマ「五稜郭」は私も榎本さんにはまったきっかけの一つです。
江別の榎本公園はまだ行った事がありませんが、いつか行ってみたいと思っています。なぜかここの榎本像の写真がマイPCの壁紙になっております~(行った事ないのにィ?)
赤れんが庁舎の絵は一昨年札幌に行った時に見ましたよ~!

北海道にお住まいなのですね。
小樽にまだ行かれていないのなら、ぜひ行ってみてください。函館の何倍も榎本さんが愛されていますから(笑)

かなり偏ったブログですが、よろしければまた遊びに来て下さいね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
出島♪
レポ楽しく拝見してます☆

やはり出島にも龍馬の手が回って
おりましたがっっ。
(アイツめは出島に縁もゆかりもないのに)

ところで。
2007年に出島に行ったおりには、
「2010年に出島復元完成予定」と
書かれていたのですが・・・・・・完成してません
よねっっっ??(笑)
いつに延期になったとか、
どこかに新たな期限の表示をごらんになりましたでしょうか~~??
2010/08/09(Mon) 18:46 | URL  | はな。 #RFphBmaY[ 編集]
実は私も…
「果たして完成しているのか、いないのか?」と思いながら訪れました(笑)

パンフにはすでに「2010年完成予定」とは書かれていませんし、「復元整備事業が進められています」と現在進行形で書かれてあります。
建造物は全部で25棟復元予定らしいのですが、現在明治時代の建物を入れても18棟しかありません。
実際に工事用の柵で囲まれているところもありました。(でもその場所以外は、これ以上建物が建つスペースはあまり無いようなのですが)
ということで、まだ完成はしていないようですが、完成予定がいつになるのかは残念ながら解りません。

最終的には四方を水で囲む予定だそうなので、完全に復元が完成するには、かなりの時間がかかると思われます。
どうやら、計画が思うように進んでいないような…。
2010/08/10(Tue) 00:04 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
初めまして、やすゆきです。一つ疑問なんですけど、

<函館には釜さんを称える物は残念ながら存在しません。ただ、パレードなどには登場し、町名にもその名が残されています。(榎本町、梁川町)>

とありますが榎本って町名はまだしも梁川ってのは釜さんとどういう関係があるのでしょうか?
2010/08/15(Sun) 00:04 | URL  | やすゆき #-[ 編集]
やすゆきさん、はじめまして。

榎本釜さんの雅号は「梁川(りょうせん)」といいます。函館の梁川(やながわ)町はそれを訓読みしてつけられたものと思われます。
小樽にも釜さんゆかりの地で「梁川(やながわ)通り」という通りがあります。
他の地方の「梁川町」の由来は解りませんが、この函館と小樽の地名は榎本釜さんの号から付けられたと思われます。

ちなみに「梁川」という号は、釜さんが江戸下谷御徒町の柳川横町生まれなので、町の名に因んで最初「柳川(りゅうせん)」と付けたのですが、柳川だとドジョウの「柳川鍋」に通じるので、少しもじって「梁川」にしたという説があります。
2010/08/15(Sun) 01:56 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
こんばんは!始めまして♪
ドラマ「五稜郭」を観て以来の榎本さんファンの私ですが、当時は資料がなさすぎて謎の人のままでした・・・
が、北海道に移住し、今年久しぶりに五稜郭&(念願の)開陽丸を訪れてから再加熱!!
こちらのブログに頭が下がります!ファンの鏡です!!
札幌のお隣、江別市という街に榎本さんをたたえる公園があるのはご存じですか?小さすぎて見過ごしそうな公園ですが、榎本さんファンなら必見です♪
あと、北海道旧道庁に開拓使時代の榎本さんが黒田さんと共演してる絵があります!
近くに住んでいながら小樽の事は知らなかったので、近いうちにレポートに行こうと思います♪
長崎・・・また行きたいです・・・
2010/08/15(Sun) 20:07 | URL  | ぶらんのわ〜る #-[ 編集]
ぶらんのわ~るさん、はじめまして。
拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

ドラマ「五稜郭」は私も榎本さんにはまったきっかけの一つです。
江別の榎本公園はまだ行った事がありませんが、いつか行ってみたいと思っています。なぜかここの榎本像の写真がマイPCの壁紙になっております~(行った事ないのにィ?)
赤れんが庁舎の絵は一昨年札幌に行った時に見ましたよ~!

北海道にお住まいなのですね。
小樽にまだ行かれていないのなら、ぜひ行ってみてください。函館の何倍も榎本さんが愛されていますから(笑)

かなり偏ったブログですが、よろしければまた遊びに来て下さいね。
2010/08/15(Sun) 23:41 | URL  | 香音里 #kEiR1XsI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック