和魂凡才 小樽武揚祭2011 ほか
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
節電の夏が始まりましたね。
週末、関西はやや涼しかったので、かろうじて扇風機で過ごせています。

職場でもエアコンの温度を少し上げています。
若い頃はあまり汗もかかず、水分も摂らない方だったので、いつも「一人だけ涼しい顔をして」と言われたものでしたが、最近歳のせいか(?)すごく汗をかきます。
多い時は昼休みと3時半の休憩2回着替えるほどです。
あ、でもこれって若い頃より健康になってるって事?

一人暮らしの同僚君、午後から出勤してくる予定だったのに、来ないし連絡もなし。
どうしたのかと思っていたら、熱中症で道で意識を失って救急車で病院に搬送されたらしいです。
彼は昨年も同じ頃無断欠勤した事があって、その時はただの風邪で、携帯を無くしたから連絡できなかったのだけれど、こうなる危険性もあるって心配してたんですよね。
考えようによっちゃ、倒れたのが人の通る所で良かったのかも。
自分の家で一人っきりで倒れて、誰にも見つけられなかったらもっと大変な事になってたかも知れないもんね。
ホント、一人暮らしの人は気をつけないと。

日本人はまじめだから、「節電」って言われると「我慢しなきゃ」って思ってしまいますが、それで体調を崩したら元も子もないので、ほどほどに節電しないといけませんね。
ま、私の友人のように、これだけ皆が節電を叫んでいても、夕方6時に帰宅してから朝8時半に家を出るまでずーっとエアコンをつけっぱなしというヤツもおりますが…。(もうお分かりかと思いますが、何度も拙ブログに登場しているMちゃんです)
「だって、私関係ないもん」って…思わず「えーい、アンタの家だけ停電になっておしまい!」って言ってやろうかと思いましたワ。

ず~っと「ワンピース」を読んでおります(汗)
ようやく30巻。
おかげで、まだ「JIN」の最終回もちゃんとまともに見てない(涙)
最近マンガも時代物しか読んでいないので、「いかにも少年マンガ」ってマンガは久しぶり。
戦闘シーンとか、慣れるまで時間かかりましたヨ。
だって、やられてもやられても生きてるんだもん(^^;
普通ならぜーったい死んでるよねって何十回思ったか(笑)


あっと、本題本題。今日こそ書かねば。
前回「今年はあったのでしょうか?」って書いた小樽の武揚祭ですが、今年は7月9日(土)に開催されるそうです。
今年は小樽商大の百周年と連携して開催されるそうですよ。
今年も維新パレードとパネル展、榎本武揚軌跡マップ、ワークシートの配布、グッズ販売などがあるようです。
だ~か~ら~!グッズ販売ってなんですかー!!
どんなグッズが!?お願い、教えて小樽のひとー!
今年は残念ながら「ひげコンテスト」は開催されないようで…ちょっと残念。

詳しくは、こちら。
いつもお世話になってます、小樽ジャーナルさん

で、他にも武揚さん関係の講演会を2つ紹介。

徳島県生涯学習情報システム まなびひろば
講演「榎本武揚の真実」 
  7月9日(土)17:00~18:30
  場所: 徳島県海部郡美波町 美波町立由岐会館
  演題:「子孫が語る榎本武揚」
  講師: 榎本隆充先生 
  
  詳細はこちら→ 徳島県生涯学習システム まなびひろば


東京農業大学市民講座
 講座「東京農大の創設者 榎本武揚と横井時敬」 
  9月9日(金)18:30~20:30
  場所:網走市 エコーセンター2000
  講師・東京農大産業経営学学科 黒瀧秀久教授
  ※応募対象 原則として網走市民
   定員 50名 
   受講料 3,000円
 
  詳細はこちら→ 網走市公式サイト

なんとか開催前に記事が書けました~(ホッ)


最後にちょこっとグチ・・・。
キャラメルの次回公演、新選組の芝居。
先行予約始まって3分でチケット取れて、2階席の最後列たぁ、どうーいうことでぇ!?
土曜日だから仕方ないっちゃあ、仕方ないんだけどもさ。(日曜日はすでに予定枚数終了だったし)
最近、キャラメルの芝居、土・日で1階席取れた事ないぞー!!




【2011/07/03 23:58】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック