和魂凡才 平成23年度後期武蔵野大学生涯学習講座
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールスターも終わり、プロ野球は今日から後半戦が始まりました!
今年は開幕からしばらく下位に低迷していた阪神タイガースですが、今日中日に勝って、

ついに単独2位です!!

まだ借金は1つあるんですけどね。
セ・リーグはヤクルトが完全に独走状態なので、追いつくのは厳しいと思いますが、
5月半ばの交流戦の途中までは、野球の話題を書きたくても書けない状態でしたから、
それを思うと夢のようですわン。

さて、Kotoさんのところで知りました。
武蔵野大学の平成23年度後期の生涯学習講座の申し込み受付が始まっています。

毎度恒例の榎本隆充先生による「釜さんの書簡を読む」講座ですが、今回もあります。
今回は

「明治期に於ける、榎本武揚の来信、送信書簡を読む」
  2011年10月15日(土)、29日(土) 全2回
  時間  13:00~14:30
  場所  武蔵野大学 三鷹サテライト教室
  受講料 2,500円

1回目は大津事件の概要と、その当時、榎本武揚と黒田清隆との往復書簡、並びに徳大寺実則の書簡
2回目は明治期の政治家、(例)黒田清隆、岩倉具定、林権助、品川弥二郎、安藤太郎等の武揚宛の書簡より、当時の政情、外交問題等を読み解く、という内容のようです。

詳細はこちら → 武蔵野大学生涯学習講座

今回の講座で「榎本さんの書簡を読む」講座が終了するかも知れないとの事。
一度くらい受講してみたかったですが、10月は先日結婚退職した友人に会いに札幌に行くお誘いを受けてるし(多分話が流れそうですが…)、もしかしたら両親の付き添いでいなかに行くかも知れないので、無理ですね…。

でも、興味のある方はぜひぜひ。


【2011/07/26 23:48】 | 榎本さん関係
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。