和魂凡才 その後②
和魂洋才の人・榎本武揚を主に、幕末関係の話や本の紹介をする凡才人のブログです
義母の満中陰の法事の前日は淀川の花火大会の日でした。
毎年花火大会の日は、兄夫婦一家と共に実家に集まって花火見物をします。
今年もいつものようにまず家でお寿司をつまみながら晩酌。
そして近くの野球場まで行って、ここでも缶ビールを飲みながら花火見物。

花火が終わってさぁ帰ろうと言う時になって、父親が立ち上がれないと言い出しました。
花火の間中姪っ子が足にもたれかかっていたので、てっきり足がしびれたのかと思っていたのですが、
ようやく立ち上がったものの、ふらふらしていて様子がおかしく、家に帰っても意識が朦朧としています。
みんな「ビール飲んで水分十分取ってるし、熱中症じゃないやろ」といいつつも、体がちょっと熱っぽい感じがしたので体を冷やしました。
後で知ったのですが、ビールを飲むと利尿作用があるので余計脱水症状を起こしやすいそうですね。

私は翌日法事なので兄が残ってくれる事になり、先に帰る事にしました。
でもどうも心配なので帰宅してから「やっぱり病院に連れて行った方がいいのでは」と思い兄に電話したところ、
何度かもどしたのですでに救急車を呼んで搬送中とのこと。
そのまま緊急入院となりました。

結局熱中症ではなく肺炎だったのですが、10日~2週間の入院が必要との事。
父の事は病院がちゃんと面倒を見てくれるから安心として、心配なのが母親です。
目が離せない状態なので、一人で家に置いておくのはとても無理。
週5日は日中はデイサービス&デイケアに行っているのですが、朝と夜は家で誰かが面倒を見ないといけません。

幸い私が無職だったので、法事が終わったその足で実家に行きお泊り。
デイサービスがある日は朝9時に母親を送り出し、洗濯をしてから1時間かけて一旦自宅に戻り、洗濯やダンナの夕飯を作って、3時半には母が戻ってくるので、それをを迎えるために再び実家に戻り夕食を作ります。翌日は母のいない間に父親の病院に行ったり、買い物や掃除をしたりという生活。金曜日の夜なんかは兄が交代してくれたりしたのですが、何が辛いかって、就寝時間が19:00な事!

テレビも見ないし本も読まない母親は、お風呂はデイサービスで入ってくるので、夕飯を食べ終わったら何もすることがなくて、大概夜7時には布団に入るそうなのです。
夜7時って、我が家ではヘタしたらまだ夕食の米も炊いてなかったりする時間です。その日のうちには絶対寝ない私に眠れるわけがない!

といっても仕方ないので(私が寝ないと母も寝ないので)9時には寝るようにしましたが、睡眠時間はたっぷりあるのにほとんど眠れず、結局寝不足~。オリンピックもほとんど見られませんでしたし、せっかくの会社の面接も結局辞退しました(涙)

父親は入院してからは体調がすこぶる良好で、10日で退院できました。
なまじ元気なもんだから、しょっちゅう電話してきては「家に帰ろうと思うから服持ってきて」と言って困りました(汗)
先生の許可がないと退院できないんだってば!

たった10日くらいで、といつも親の介護をしてる人には怒られそうですが、正直大変でした。
いつも母親を強い口調で怒ったり、愚痴を言う父親をこれまでたしなめてきた私と兄ですが、今回の事で母親の介護が大変だという事がよく分かりました。

父親がいないという事で不安なのか、すぐ家を出たがるし、突然怒り出すし、何度も何度もトイレに行くし。
とくにトイレは3分おきくらいに行くので、「さっきも行ったよ」と言うと「じゃあ我慢する」と言うものの落ち着かずに不満みたいで結局行くのですが、出てきてソファに座るとすぐに「トイレに行って来る」の繰り返し。
子供なら何度か同じことを注意すれば聞きわけもしますが、聞いたことをすぐ忘れる母は何度言ってもまた同じ事を繰り返すので、ついついこちらの口調もきつくなってしまいます。そしてちょっときつく言うと「何や偉そうに」と私の悪口を言い始め、聞こえよがしに祖父母の写真の前に行って「お父さん、お母さん、早く私を迎えに来て」とか言い出します。

自分は他所の家に来ていると思っているので、「お願いだから家に帰らせて」と言います。
「ここがお母さんの家やで」と言っても信じないので、「私一人で寂しいから今日はここに泊って」と言うと調子に乗って(笑)「泊ってあげてもいいけど、それなりに言って貰わなな」というので、「お願いします」と言うとやっと納得しました(その数分後にはまた「家に帰りたい」と言い出すのですが)
もう、何回ちゃぶ台をひっくり返しそうになった事か(笑)

以前から母親の介護は父親の健康だけが頼りと思っていました。
今までほとんど病院に行った事がないのを自慢にしている父親に、どうやって検診を受けさせるかを兄と話していて、私が仕事を辞めたらヒマになるから検診に連れて行く予定をしていた矢先の事でした。
もう両親とも年齢も年齢だし、やっぱりちゃんとかかりつけ医を作って健康を管理しないと駄目だなと痛感しました。

そして義父の十七回忌と義母の初盆の法要。
その合間に求職活動もして、書類選考は通りました。
いつ就業しても良いように、時間があるうちにしておかなければならない事がいくつかありました。
母のケアプランをお願いしていたケアプランセンターが廃業するので、新しい事業所に引き継ぎをお願いしたり、父親の入院の保険請求に行ったり…。

何かとバタバタと忙しい2ヶ月間でした~。
明日はこの2ヶ月間のストレス発散で、久しぶりに前の職場の友人と飲み会です。
月曜日はいよいよ面接と職場見学です。
仕事決まると良いけど…。


追記を閉じる▲
みんな「ビール飲んで水分十分取ってるし、熱中症じゃないやろ」といいつつも、体がちょっと熱っぽい感じがしたので体を冷やしました。
後で知ったのですが、ビールを飲むと利尿作用があるので余計脱水症状を起こしやすいそうですね。

私は翌日法事なので兄が残ってくれる事になり、先に帰る事にしました。
でもどうも心配なので帰宅してから「やっぱり病院に連れて行った方がいいのでは」と思い兄に電話したところ、
何度かもどしたのですでに救急車を呼んで搬送中とのこと。
そのまま緊急入院となりました。

結局熱中症ではなく肺炎だったのですが、10日~2週間の入院が必要との事。
父の事は病院がちゃんと面倒を見てくれるから安心として、心配なのが母親です。
目が離せない状態なので、一人で家に置いておくのはとても無理。
週5日は日中はデイサービス&デイケアに行っているのですが、朝と夜は家で誰かが面倒を見ないといけません。

幸い私が無職だったので、法事が終わったその足で実家に行きお泊り。
デイサービスがある日は朝9時に母親を送り出し、洗濯をしてから1時間かけて一旦自宅に戻り、洗濯やダンナの夕飯を作って、3時半には母が戻ってくるので、それをを迎えるために再び実家に戻り夕食を作ります。翌日は母のいない間に父親の病院に行ったり、買い物や掃除をしたりという生活。金曜日の夜なんかは兄が交代してくれたりしたのですが、何が辛いかって、就寝時間が19:00な事!

テレビも見ないし本も読まない母親は、お風呂はデイサービスで入ってくるので、夕飯を食べ終わったら何もすることがなくて、大概夜7時には布団に入るそうなのです。
夜7時って、我が家ではヘタしたらまだ夕食の米も炊いてなかったりする時間です。その日のうちには絶対寝ない私に眠れるわけがない!

といっても仕方ないので(私が寝ないと母も寝ないので)9時には寝るようにしましたが、睡眠時間はたっぷりあるのにほとんど眠れず、結局寝不足~。オリンピックもほとんど見られませんでしたし、せっかくの会社の面接も結局辞退しました(涙)

父親は入院してからは体調がすこぶる良好で、10日で退院できました。
なまじ元気なもんだから、しょっちゅう電話してきては「家に帰ろうと思うから服持ってきて」と言って困りました(汗)
先生の許可がないと退院できないんだってば!

たった10日くらいで、といつも親の介護をしてる人には怒られそうですが、正直大変でした。
いつも母親を強い口調で怒ったり、愚痴を言う父親をこれまでたしなめてきた私と兄ですが、今回の事で母親の介護が大変だという事がよく分かりました。

父親がいないという事で不安なのか、すぐ家を出たがるし、突然怒り出すし、何度も何度もトイレに行くし。
とくにトイレは3分おきくらいに行くので、「さっきも行ったよ」と言うと「じゃあ我慢する」と言うものの落ち着かずに不満みたいで結局行くのですが、出てきてソファに座るとすぐに「トイレに行って来る」の繰り返し。
子供なら何度か同じことを注意すれば聞きわけもしますが、聞いたことをすぐ忘れる母は何度言ってもまた同じ事を繰り返すので、ついついこちらの口調もきつくなってしまいます。そしてちょっときつく言うと「何や偉そうに」と私の悪口を言い始め、聞こえよがしに祖父母の写真の前に行って「お父さん、お母さん、早く私を迎えに来て」とか言い出します。

自分は他所の家に来ていると思っているので、「お願いだから家に帰らせて」と言います。
「ここがお母さんの家やで」と言っても信じないので、「私一人で寂しいから今日はここに泊って」と言うと調子に乗って(笑)「泊ってあげてもいいけど、それなりに言って貰わなな」というので、「お願いします」と言うとやっと納得しました(その数分後にはまた「家に帰りたい」と言い出すのですが)
もう、何回ちゃぶ台をひっくり返しそうになった事か(笑)

以前から母親の介護は父親の健康だけが頼りと思っていました。
今までほとんど病院に行った事がないのを自慢にしている父親に、どうやって検診を受けさせるかを兄と話していて、私が仕事を辞めたらヒマになるから検診に連れて行く予定をしていた矢先の事でした。
もう両親とも年齢も年齢だし、やっぱりちゃんとかかりつけ医を作って健康を管理しないと駄目だなと痛感しました。

そして義父の十七回忌と義母の初盆の法要。
その合間に求職活動もして、書類選考は通りました。
いつ就業しても良いように、時間があるうちにしておかなければならない事がいくつかありました。
母のケアプランをお願いしていたケアプランセンターが廃業するので、新しい事業所に引き継ぎをお願いしたり、父親の入院の保険請求に行ったり…。

何かとバタバタと忙しい2ヶ月間でした~。
明日はこの2ヶ月間のストレス発散で、久しぶりに前の職場の友人と飲み会です。
月曜日はいよいよ面接と職場見学です。
仕事決まると良いけど…。

【2012/08/24 23:51】 | つぶやき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック